ちはるの旅と人生物語

旅好きな私でしたが、結婚→子育て→離婚→自立→恋愛→別れ→一人田舎暮らし→出逢い→そして再び別れ

自分を知る

2017-05-20 | 日記
私の母は17才で長男を産みました。 そして翌年次男

私は母が21才の時の子です。

昔から母と言うよりも姉のような存在でした。

私が結婚して子供達の母になってからは逆転して私の方が姉のような立場になりました。

そして今、認知症になってしまった母はすっかり子供となっています。

元々子供の様な人ですが、今はタチの悪い子供です。

私はそんな母の事が好きではありません。

母には抱っこしてもらった記憶も一緒に寝た記憶も一緒にお風呂入った記憶もないのです。

いつも私の傍には父がいました。

だから私は父の事が大好きでした。

私が男性と長続きしないのは、そんな親子関係から来るものだと、心理学の本を読んでなんとなく感じていましたが、最近読んでいる本で気になった事が書いてありました。

【 人の話しを聞かずに1人でずっと話してる母親

そういう親に育てられた女性は、恋愛相手の男性に母親のように抱きしめられることを望みます。
男性に母性を求めるんですね。
だけど相手は男なので、母性がないわけではないにせよ「母親のように」ケアしてくれるところまではいかない。
だから満たされずに苦しんでしまう。
そういう人がたくさんいます。】

やっぱり、そうかぁ・・・と納得

嫉妬してしまうのは、もっと私を愛して!の裏返し

自分が1番愛されないと嫌なのは単なる我儘から来ているのではないのかも

そんな気持ちになってしまう自分に耐えられなくて自ら離れてしまう。

なるほど・・・と納得

だったら諦めましょう。

どんな人が現れたって同じことの繰り返し

さて今日は仕事前に仲間の家に寄ってマッサージをしてもらいます。

首、肩がコリコリ

もっとリラックスして運転出来るようにならなくちゃ(^_^;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あっちこっちでイライラ | トップ | 人は何故不倫をするのか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。