ミステリーな森の生活

ミステリー(主に洋書ペーパーバック)を読む楽しみを伝えたく思います。英語学習、洋画レビュー、海外ニュースもあります。

南極風(笹本稜平)

2017年07月16日 | 山はミステリー

解説者によると、店頭で一番安心してお勧めできる山岳小説の作家だそうだ。

確かに、この作品もなかなか、面白かった。ちょっと、ボリューム的に
500ページはしんどかったが、ニュージーランドの名峰アスパイリングを
舞台に、遭難事故と、保険金殺人の冤罪事件が複雑にからみあいながら、
話は進んでいく。

冤罪事件については、少々、あきれかえり、苛立ちを覚えたが、最後には、
救いもあり、ちょっと、ほっとする。

ニュージーランドの山々は、指輪物語の映画の舞台になり、その美しさには、
以前から興味を持っていたが、本の中でありながら、更に、あこがれを
いだく存在になった。

もちろん、とても、今の実力では登れるようなレベルの山ではないが。

この本の題名については、なぜ、南極風なのだろう。と、ちょっと、
疑問に感じていた。それは、今でも、少し、感じている。

 

 

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春を背負って(笹本稜平) | トップ | 2017年上半期で面白かった落語 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。