ミステリーな森の生活

洋書ミステリー、英語学習、洋画レビューなどから始めましたが、今は、種々雑多(山岳小説、落語など)です。

その峰の彼方へ(笹本稜平)

2017年06月28日 | 山はミステリー

厳冬のマッキンリーに、無謀にも単独で登り、消息を絶った
ガイドを、友人や他のガイドが救出に向かう小説だ。

山岳小説の最高峰と背表紙には書いてある。

確かに、山岳シーンが延々と続き、その描写はすごい。

しかし、前回読んだ「還るべき場所」に比べ、やや、くどい、
長いと感じた。

奥さんのおなかには子供が宿り、新規事業も立ち上げようとして
おり、無謀な命がけの山登りなどやってるところじゃないのに、
単独行に出た主人公は、なぜなのだろう?山に魅入られたのか?

といった疑問が延々と続くのだ。「還るべき場所」と同じく、
哲学的な言葉が出てきて、面白いのだが、心に残るほどでは
ないようにも感じた。

この作者の作品は嫌いではないので、また、読むとは思うが、
少々、読みつかれてしまった。

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芙蓉の人(新田次郎) | トップ | 春を背負って(笹本稜平) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山はミステリー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。