ミステリーな森の生活

洋書ミステリー、英語学習、洋画レビューなどから始めましたが、今は、種々雑多(山岳小説、落語など)です。

NHK新人落語大賞

2016年10月29日 | 落語はミステリー

NHK新人落語大賞の決勝を争った5人の新人落語家の落語を聞いた。

2014年から、今の形式になったらしいが、テレビで見るのは初めてだった。

司会が林家たい平で、審査員の中には、文珍、権太楼のほか、俳優の近藤正臣が
いたのが面白かった。

決勝に残った5人は、100人を超す予選の中から選ばれた15年以内の二つ目クラス
という条件の中から勝ち抜いてきたので、どの落語家も、元気、勢いがあり、
楽しく聞けた。

 11分以内という時間制限も緊張感があり、良かった。

春風亭ピコリン(湯屋番):女性の落語家で、湯屋番というネタのチャレンジが面白かった。女性がやっているおかしみが出たら更に良かったかもしれない。

桂雀太(代書):決戦投票の結果、僅差で、優勝したのだが、私も、一番押しだった。
        

桂三度(虹):いち、に、さーんのお笑いの人から落語家に転身して、自作の創作落語を演じたのだが、その独創性は素晴らしかった。

柳亭小痴楽(浮世床):江戸落語の勢い、イケメンから、将来性を感じたが、やや一本調子になったか?       

春風亭昇々(最終試験):笑いは一番取れてたかもしれない。最期の落ちは少し弱く感じた。

優勝を争った二人は、どちらも、キャラクターの演じ分けが、わかりやすく、それが笑いを取れたように感じた。

いずれにしても、5人とも将来が楽しみな新人落語家だった。

 

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英文の読み方 | トップ | 第3回日英バイリンガル英語落語 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。