Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ、礼拝し、希望し、御身を愛します!御身を信じぬ人々、希望せず愛さぬ人々のために、赦しを求めます(天使の祈)

「ファチマのアヴェ・マリア」  (続き) その3

2017年04月25日 | ファチマ
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

「ファチマのアヴェ・マリア」の聖歌の記事の続きです。

「カトリック聖歌集」に掲載されている歌詞の続きで、さらに新しい歌詞の提案もいただきました。愛する兄弟姉妹の皆様にご紹介いたします。

追加の歌詞は、27番から32番です。

聖歌の歌詞のよいアイデアがありましたらもっともっと知らせて下さい。投稿をお待ちしております!

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)


ファティマのアヴェ・マリア

1 ああうるわし 若葉ゆれて 光りの君 立たせ給う
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

2 幼子たち 招き給い 神の秘密 ささやきたもう
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

3 おんみこそは 愛の極み 我らの母 慕いまつらん
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

4 ロザリオもて 平和祈れ 罪に泣けと 諭させたもう
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

5 おおマリアよ み手をのべて 世の行末(ゆくすえ)照らし給え
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

6 ああ懐かし 空のかなた 導きてよ 愛のみ母
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

【続き】

7 世の罪にて 悲しみ給う 主を慰め 奉らん
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

8 我が天主よ われは信じ あがめのぞみ 愛しまつらん
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

9 おおイエズス 愛するため 我が苦しみ 捧げまつる
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

10 汚れの無き 御心こそ 我が避難所(のがれば) 天(あめ)への道
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

11 茨刺(いばらさ)さる 母の御心(こころ) 慰めたい、償いたい
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

12 母の心 愛するなら 我が救いを 保証し給う
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

13 「初土(はつど)毎(ごと)に 五回続け ロザリオもて お勤めせよ」
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

14 主と聖母の 計り知れぬ 功徳により 祈りまつる
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

15 御聖体を 全ての罪の 償いとて 捧げまつらん
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

16 み主と母の 御心により 世の回心 願いまつらん
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

17 あまたの人 地獄の中 幼子らに みせさせたもう
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

18 雨の中を 民は集う 奇跡を見に 祈るために
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

19 秋の空に 踊る太陽 色とりどり 染まる大地
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

20 人知れずに 子供ヤシンタ 病(やまい)の身を 捧げ逝けり
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

21 罪に痛む 主の姿を 見て祈るは フランシスコ
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

22 ルチアは地で 母の御心 知らせるため 選ばれたり
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

23 「聖母に会い この目で見た 間違いない 嘘はつけぬ」
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

24 優し母の 御心(みこころ)こそ あまねく世の 救いとなれ!
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

25 我が日の本(ひのもと) 平和求む 主の御母(みはは)よ 祈り給え
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

26 信じまつる 崇めまつる 望みまつる 愛しまつる
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

27 苦しみもて 罪償い 我ら全て 捧げまつる
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

28 我が御母の 御手によりて 主の玉座の 花とならん
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

29 ロザリオもて 祈るならば 解決せぬ ことはあらじ
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

30 天主に付き、地獄仇し、われら臨む 霊のいくさ
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

31 汚れのなき 御心もて 主と聖母に 御栄えあれ
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア

32 インマクラータの 凱旋(かちほこり)を 待ちて祈る アヴェ・マリアぞ
アヴェ アヴェ アヴェ マリア、
アヴェ アヴェ アヴェ マリア
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫の布におおわれた十字架で... | トップ | 2017年4月16-17日の聖伝のミ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たのきゅう)
2017-04-26 20:53:23
新しい歌詞によっても慰めや励ましをいただいています。
ありがとうございます。
まるでご復活のイエズスさまのようだと思います十。
ありがとうございます。 (Fr Onoda)
2017-04-30 22:52:49
アヴェ・マリア・インマクラータ!

たのきゅうさん!
こんにちは!

お久しぶりです!投稿をありがとうございます。

ファチマのアヴェ・マリアの歌詞は、いろいろな方々が投稿して下さいました。

中には、とても良いものがあります。

例えば、

10 汚れの無き 御心こそ 我が避難所(のがれば) 天(あめ)への道

11 茨刺(いばらさ)さる 母の御心(こころ) 慰めたい、償いたい

19 秋の空に 踊る太陽 色とりどり 染まる大地

28 我が御母の 御手によりて 主の玉座の 花とならん

32 インマクラータの 凱旋(かちほこり)を 待ちて祈る アヴェ・マリアぞ

などが、気に入っています。

たのきゅうさんの好きな歌詞を5つ選ぶとしたら、どれですか?

天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

私の選んだ五つの歌詞(再送) (たのきゅう)
2017-05-04 21:54:08
アヴェ・マリア・インマクラータ!

小野田神父様、こんばんは、

うたっていると、心に染み入る歌詞がたくさんあります。その中でも、今、日々の生活の中で必要の時に心に思い出したいものを五つ選んでみました。

11 茨刺(いばらさ)さる 母の御心(こころ) 慰めたい、償いたい

自分のことを先立たせる悪い習慣が染みついているので、もっともっと聖母の汚れなき御心のことをいつもいつも忘れないでいたい思いです。


24 優し母の 御心(みこころ)こそ あまねく世の 救いとなれ!

インマクラータの 凱旋のときは、こうなるでしょう!


28 我が御母の 御手によりて 主の玉座の 花とならん

この歌詞を見たとき、わたくしもそうなりたいと思いました。そんな自分にすぐに気づいて恥ずかしくもなりました。聖伝のごミサではありませんが、はじめてカトリック教会でのごミサに参加させていただいたときから、なぜこんなことを思うのだろうか?と自分でもわからないながら、わたくしはどうしてもご聖体をいただきたいとはっきり強く思い続けていました。その時の気持ちに似ています。天国に行けるかどうかもわからない有様だと言うのに、何と厚かましいことかと思いもしますが、希望を持っています。


29 ロザリオもて 祈るならば 解決せぬ ことはあらじ

ロザリオの祈りでの黙想が以前よりできるようになって来たように思っております。それでますます良くお祈りしたいとの思いが強まっているのです。


30 天主に付き、地獄仇し、われら臨む 霊のいくさ
イエズス・キリストの至聖なる聖心と聖母の汚れなき御心は、わたくしなど想像もできいほどのお優しさやご謙遜に満ちていられることを思うので、悲しみに打ちひしがれてばかりではいけない、少しでも「柔和、謙遜、貞操、熱心、堪忍、慈しみなどを体し」日々を送りたいとの思いです。でも、戦わなければ、信仰をもって戦わなければ、自分の力では打ちのめされてしまう・・・。信仰のなかった時には、どんなに頑張ってもこんな風でした・・・。愛することや、罪や誤りに対する恥や後悔などが枯れ果ててしまったり、麻痺してしまったり鈍くなってしまったりしてしまう危険がいっぱいです。
聖なる童貞女よ、我をして御身を讃えしめ給え。
御身の敵に立ち向かう力を我に与え給え。


これらの歌は、紙に書いて持っています。いつでも歌えるように。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。