Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ、礼拝し、希望し、御身を愛します!御身を信じぬ人々、希望せず愛さぬ人々のために、赦しを求めます(天使の祈)

日本から今までの総計で、ロザリオ15,570環、犠牲 54,568回が報告されております

2017年06月14日 | ロザリオの十字軍
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

2017年 6月 14日現在、

日本から今までの総計で、ロザリオ15,570環、犠牲 54,568回が報告されております。天主様に感謝!愛する兄弟姉妹の皆様のご協力に感謝します。

マニラからは、ロザリオ152,631環、犠牲41,071回が報告されています。

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

【報告】
4月分の聖なるロザリオの十字軍!!♪♪の御報告、等です♪

            聖なるロザリオ!!♪♪ 犠牲

シスター        90 環          
ヨゼフ マリア     62 環        0回
アンナ         28 環       235 回    
マリア・クリスティーナ 30 環       600 回
マリア          30環       300  回
バルナバ        80 環        300 回
アリア・ローザ     138 環        600 回
ヨゼフ・パウロ      90環          0 回       
マリア・クリスティーナ   91環        302 回
テレジア         90環         180回
マリア・ヨゼフィーナ   90環        450回                        計   819環    3105 回 

以上です、どうぞ宜しく御願い致します♪

【報告】
聖なるロザリオ 5環  犠牲 10回位 でした。

【報告】
では、皆様にご協力頂いております5月分の聖なるロザリオの十字軍の!!♪♪御報告をさせて頂きます♪

            聖なるロザリオ!!♪♪  犠牲

シスター        93 環          
ヨゼフ マリア     54 環        0回
マリア・クリスティーナ  30環        620 回
マリア          31環       310  回
アリア・ローザ    150 環        620 回
ヨゼフ・パウロ      93環          0 回       
マリア・クリスティーナ  94環        147 回
マリアテレジア      90環         186回
マリア・ヨゼフィーナ   90環         465回                    計 728  環   2348回 

【報告】
アヴェ・マリア・インマクラータ

聖なるロザリオ 66環 犠牲 155回

です

【報告】
小野田神父様、こんにちは、

ロザリオの十字軍のご報告です。

3月1日~3月31日
ロザリオの祈り 64環
犠牲 31

4月1日~4月30日
ロザリオの祈り 60環
犠牲 30

以上です


ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖伝のミサ(伝統的なラテン... | トップ | 「いとも聖なる三位一体の祝... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
報告について (使徒ヨハネ)
2017-06-14 21:56:42
報告することに何の意味があるのでしょう。
多く祈った者が評価されるみたいに感じられます。
それをブログにのせる意味はなんでしょうか?
私は、祈りはそのようなものではないと思います。
病人は祈れません。
けれど、健康な人が多く祈っているよりも、多く祈っていると思います。

祈ることは素晴らしいことですし、また、そのこと自体を否定しているのではありません。
ロザリオ十字軍 (パウロ&カタリナ)
2017-06-15 05:28:00
4月21日から6月14日までのロザリオの合計は2人合わせて543環でした。
ファティマ巡礼まで後2カ月となりました。
聖フランシスコは自分の立ち上げた修道会が大きく発展する事よりも、自分の祈りと償いが沢山出来た時の方が大きな喜びであるという小野田神父様のお説教が心に残っております。
カトリック信仰の要を良く理解し聖人の信仰を心に刻み目標にしたいと思います。
ご質問をありがとうございます。 (Fr Thomas ONODA)
2017-06-16 09:31:36
使徒ヨハネ様、
ご質問をありがとうございます。

おはようございます。

もしも、私たちが天使のように純粋な霊であれば、天主への愛に燃え立って、天主の現存の前にいつもふさわしい態度を取り、お祈りを絶えずすることができたことでしょう。

私たちが自ずと、自らを天主の現存の前に置き、あたかもイエズス様と聖母とをいつも目の前に見ているように、潜心し、慎み深く、絶えず、頻繁に、多くの祈りを、良く祈る、ことが簡単にできたとしたら、きっと世界は平和になり、罪はより少なくなると思います。

しかし、残念なことに、私たちは大変弱いので、目に見える形で助け合わなければ時にはくじけてしまうことがあります。

原罪を持って生まれてきた私たちは、目に見える模範や、共同体の助けが必要です。

誰かが見ている教会の中では、私たちは跪いて頭をたれて一生懸命に敬虔にお祈りしていても、だれも見ていない部屋で自分だけで祈るとき、私たちの態度はだらしなかったり、早口だったり、形式的だったりするという弱さもあります。

一人でいると、お祈りの時間になっても、インターネットやテレビや新聞やゲームやその他の娯楽に熱中して、あともう5分、と言いつつ、あともう5分が、1時間になり、結局1時間のお祈りが5分になってしまったり。

私たちは、自分の弱さを自覚しているので、報告することを奨励して、私たちの弱さを何とかして補いたいという願いが込められています。

家族でロザリオをたくさん唱えるよいきっかけになったり、家族での会話の話題が、ロザリオの十字軍のことになったり、一人では難しかったことが、みんなでやるので励ましになったり、祈りの支えになる願いが込められています。

今からロザリオの十字軍が始まって一年後に終わります、と一度言われても、残念なことに私たちはそれを数時間の後に忘れています。毎月、思い出してもらうようにしたい、という願いがあります。

私たちは、幼い子供のようなので、よちよち歩きをしております。使徒ヨハネさんは、そうではないとお見受けします。

しかし、幼子には、あまいお菓子や、「良くできたねぇ」という励ましの言葉や、お友達もがんばっているんだなぁという、支えが必要です。私がそうなので、小さな霊魂たちと一緒に、歩こうとしています。

もちろん、天主は、より良く、より多く祈った者を高く評価されます。報告がなくても天主はそれを知っています。ただ、この報告は、天主への祈りをよくするために、か弱い霊魂に差し出された小さな助け・励まし・きっかけでありたいと願っています。


ファチマの聖ジャシンタは、病で苦しんでいるとき、いつもの祈りさえ唱えることができなくなりました。そこで多くの射祷を唱え、犠牲を捧げました。

今回のロザリオの十字軍では、ファチマの聖母が私たちにお願いしたように、毎日のロザリオと共に、犠牲を捧げることが求められています。そこで、私たちのやる気をだすために、目標数値を定めました。これは普通のことです。例えば「地球温暖化対策」ということで国々がパリ条約を結んで、2030年までには、温室効果ガスの排出を何%削減する、という目標を立てています。

私自身が、ロザリオの十字軍のために報告しようと数えてロザリオを祈るときと、ただ漠然と毎日のことだからとロザリオを祈るときとで、不思議と真剣度が違っているのに気がつきます。

私ごとで大変失礼します。私の父母は、このロザリオの報告があるおかげで、義務感を感じて、ロザリオを一生懸命唱えるようになりました。もしもこの報告がなければ、私の父母は、ロザリオを唱えてね、と言われても「はい、はい」と口先だけで答えて、ロザリオを毎日唱える習慣を身につけるまで至らなかったと思います。

子供の遊びだ、と馬鹿にされるかもしれません。俺には関係が無い、と思われるかもしれません。俺には、報告することに何の意味も無い、と。

ファチマの聖母は、幼子のような私たちの弱さを憐れんで、私たちがこの報告を利用して御母の要求にできるだけ応えようとけなげな努力をしていることを、天から憐れみのおん眼差しでご覧になってくださっていると確信しています。

私たちの報告は、私たちのする祈りのごく一部でしかありません。私たちがこのような報告をすることができるのも、聖母の助けと天主のお恵みのおかげだと思っています。

ここに出された報告を、素直に、そのまま見ると、報告された方々は、皆全て例外なく、とても謙遜で、単純に、「お恵みでこれだけお祈りを捧げることができました」と教えてくださっています。本当に、ありがたいことで、素晴らしいことだと思います。別に、偉ぶるために書いているのでは全然無いことが分かります。

偉ぶって自慢しているようなのは、唯一、そのような素晴らしい方々に巡り会えるお恵みを憐れみによって頂いた私ぐらいなものです。

しかし、私が誇りに思っているのは、天主様の憐れみであって、天主がお恵みで伝えてくださっている教会の聖伝であって、カトリック教会の聖伝の信仰です。

天主の聖伝の信仰は、山の上に建てられた町のように、灯火をともしたランプのように、天主の憐れみの業が私たちのような弱いものに働いているということが輝くように、この報告も匿名でなされています。

ですから、私たちは、ロザリオ十字軍を昨年始めて下さったフェレー司教へのお招きへの単純で素直な返事として、この報告を相互の励ましと、お恵みの表れとして、これにご協力下さっている愛する兄弟姉妹の皆様に、ただただ感謝しております。

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)
Unknown (匿名)
2017-06-16 12:11:06
難病の妻は毎日10環近くのロザリオを唱えます。
祈る事が出来るのは、ポケットの中で常日頃ロザリオを唱えておられる聖ピオ10世会の神父様達の霊的指導やロザリオ十字軍のお陰だと思います。
聖母が多くの霊魂の為に沢山のロザリオを捧げて下さいと懇願されておられます。報告されるロザリオ十字軍の兄弟姉妹達の沢山の祈りと犠牲は「私達の霊魂の為に」という事を心に留めて下さい。
マーチフォーライフ (テレジア マルガリタ )
2017-06-17 10:15:06
小野田神父様、

いつも、素晴らしいお説教を掲載してくださり、ありがとうございます。

みなさんのロザリオ十字軍の報告にも、感心したり、励まされたりしております。

拙ブログで、マーチフォーライフの記事を載せましたが、神父様の笑顔のお写真を転載させていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。