Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ、礼拝し、希望し、御身を愛します!御身を信じぬ人々、希望せず愛さぬ人々のために、赦しを求めます(天使の祈)

聖母小黙想会にお招きいたします。

2017年05月14日 | ファチマ
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様

「聖母小黙想会」にお招きいたします。

8月11日(山の日)から8月15日には、5日間連続で大阪にある聖ピオ十世会の聖母の汚れなき御心聖堂で、ファチマの聖母100周年を記念する特別の「小黙想会」を予定しています。

・日帰りで(泊まり込みではなく)、毎日通いで参加できる「小黙想会」です。
・泊まり込みで大沈黙を守る「黙想会」ではなく、緩い黙想会なので、「小黙想会」としました。
・午前10時のロザリオの祈りから始まり、ミサ聖祭を捧げ、簡単な昼食の後にファチマの聖母に関する講話、聖体降福式と聖時間を毎日もうける予定です。
・午後の5時には毎日解散します。


特に、ファチマの聖母は私たちに本当の平和を与えようとしておられます。まず霊魂たちの天主との平和、そして、世界の平和です。
もしも私たちが、本当に平和を希求しているのなら、私たちは聖母の汚れなき御心に向かわなければなりません。これは絶対に必要な条件です。

ファチマの天使:
「恐れないで。私は平和の天使です。私と一緒に祈りなさい。」
天使は地面に跪き、額が地につくまで身を屈めました。そしてこう祈りました。
「我が天主よ、私は信じ、礼拝し、希望し、御身を愛します!
信じない人々、礼拝しない人々、希望しない人々、御身を愛さない人々のために、御身に赦しを願います。」

「あなたがたができるすべてのことを犠牲とし、それを天主に背く罪の償いの行いとして、また罪人の回心を嘆願して天主に捧げなさい。
あなたがたはこのようにして自分たちの国に平和をもたらすでしょう。
私はあなたがたの国の守護の天使、ポルトガルの天使です。
特に主があなたがたにお与えになる苦しみを従順に受け入れ、忍びなさい。」

ファチマの聖母:
「世界平和と戦争終結がもたらされるように毎日ロザリオの祈りを唱えなさい。」

「ロザリオの聖母を崇敬するために、世界が平和を得、戦争の終わりを勝ち取るためにロザリオを毎日唱え続けることを望みます。なぜなら、そのお方(彼女)だけがあなたたちを助けることが出来るからです。」

「あなたたちはかわいそうな罪人たちが行く地獄を見ました。彼らを救うために、天主はこの世に私の汚れ無き御心に対する信心を確立するように望んでいます。もし私があなたたちにこれから言うことを人が実行するなら多くの霊魂たちは救われ平和になるでしょう。戦争は終わるでしょう。しかし、もし天主を侮辱することを止めないなら、ピオ11世の統治下で別の更にひどい戦争が起こるでしょう。」

「もし人が私の要求を聞くなら、ロシアは回心し平和がやってくるでしょう。さもなければロシアはその誤謬を世界中に広め、戦争と教会に対する迫害とをもって挑発するでしょう。多くの善良なものが殉教し、教皇様は多く苦しまねばならないでしょう。無くなってしまう国々もあるでしょう。」


多くの愛する兄弟姉妹の皆様がご参加なさることをお待ちしております。お友達や知人にも、この聖母小黙想会について教えて上げて下さい。

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋田巡礼-霊的講話【11】-201... | トップ | 2017年5月の聖伝のミサの報告... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。