ガイカの夜明け

FXトレーダー トーマスの日々の計画と気づき

10月17日からの計画   動意づいてきたユーロ・ドル

2016年10月17日 10時43分39秒 | 日々の売買計画と結果

雇用統計明けの先週はチャート形状からして下方向リスクが高いと考えていたが、下げることなく高値揉み合いになっている。
100.07からの上昇途中には、101.82-102.80にギャップが残されている状態。
今後、高値104.30を明確に更新して行くにしても、このギャップを埋めるような押しが欲しいものである。
その押し目ではスイングロングの買い増しを考えたい。
一方、先週はユーロドルがサポートを割り、大きく下げ始めている。
スイングショートを造成しているが今後の動きに注目したい。

USDJPY (日足)
米雇用統計発表前までの動きが一方に動いていた場合、発表をきっかけにして反対方向に動く…という傾向がある。
先々週の終わり方はそのパターンであったので、下方リスクが高いと考えて臨んでいたが、揉み合い状態。
むしろ、前回高値104.31を微妙に上抜く動きになっている。
今週は、104.31を明確に上抜けて上昇するのか、又は、101.82レベルへの押しを作るのか…、に注目。
チャートは上昇波C波がスタートしているか否か…の確証が掴めない疑心暗鬼の状態。
スイングロングは逆指値を昇格して保持の方針に変わりはない。

EURJPY (日足)
1月高値から降りてくる下降トレンドライン③に頭を押さえられて下落し、113.90まで押している。
USDJPYとEURUSDは逆相関なので様子見。

EURUSD (日足)
注目していた1.1121、並びにトライアングル下辺③をブレイクしてからは一挙に弱いチャート形状になった。
下落スピードを増して下げたが1.100でサポートされた。
その後、結局は1.100も割り込んで越週している。
下値目途は1.0911辺りであるが、これを割れると1.0777-1.0822の抵抗ゾーンまでが視野に入る。
スイングショートは保持、デートレでは戻り売り方針。

『為替』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月10日からの計画  ... | トップ | 10月24日からの計画  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。