Fantasy Football(ファンタジーフットボール)戦記

NFLのFantasy Football(ファンタジーフットボール)のほかMLBやNBAについて語ります

108年ぶりのCubs優勝は讃えるがChicago市民は贅沢?なぜLeBronは咆哮したのか

2016-11-05 15:20:00 | MLB

“Cleveland, this is for you” とLeBron Jamesが叫び、NBAでCleveland CavaliersがFinalを制覇してから約半年。1948年にMLBを制覇してから68年を経たCleveland IndiansがWorld Seriesに登場しました。結果はご存知の通り、3勝1敗からChicago Cubsに3連勝を食らい、World Championにはなれませんでした。

108年ぶりのCubsの優勝は素直に讃えます。ヤギの呪いも解けてよかったでしょう。ただ、Chicago市民が筆者には贅沢に見えました。ChicagoにはMLBの球団は二つあって、Chicago White Soxは2005年に優勝していたからです。いくら大都市でファン層が違うといっても、街としてはついこの間のことでしょ。しかもNFLではBearsが1986年にSuper Bowlで勝っているし、NBAではBullsが90年代だけで6回も優勝しています。
 
こう考えると、まだSuper Bowlが始まる前の1964年にCleveland BrownsがNFL Championになってから、52年の間が開いたClevelandの方につい同情したくなります。LeBronの咆哮にもこういう背景があったのですね。
 
ということで、それぞれの都市圏のフランチャイズ事情をちょっと調べてみました。
 
まずWikipediaのデータを基にこんな表(リンク先をご覧ください)を作りました。こちらはNHLも含んだ全米4大スポーツの表になっていますので参考資料にとどめましょう。ここで筆者はNHLはほとんど見ていないので、ここから先はNHLの話を除外して考えます。
 
先ほどのデータを基に、作り直したのがこの表。ここにそれぞれのチームが最後に優勝した年を入れてみました。
 
都市圏名
NFL
MLB
NBA
ニューヨーク New York Giants→2012
New York Jets→1969
New York Yankees→2009
New York Mets→1986
New York Knicks→1973
Brooklyn Nets
ロサンゼルス
(ロサンゼルス、アナハイム)
Los Angeles Rams
Los Angeles Raders→1984
Los Angeles Dodgers→1988
Los Angeles Angels→2002
Los Angeles Lakers→2010
Los Angeles Clippers
シカゴ Chicago Bears→1986 Chicago Cubs→2016
Chicago White Sox→2005
Chicago Bulls→1998
ワシントン・ボルチモア
(ワシントンD.C.、ボルチモア)
Washington Redskins→1992
Baltimore Ravens→2013
Washington Nationals
Baltimore Orioles→1983
Washington Wizers→1978
ボストン New England Patriots→2015 Boston Red Sox→2013 Boston Celtics→2008
サンフランシスコ
(サンフランシスコ、オークランド、サンノゼ)
San Francisco 49ers→1995
Oakland Raiders→1977
San Francisco Giants→2014
Oakland Athletics→1989
Golden State Warriors→2015
ダラス・フォートワース
(ダラス、フォートワース)
Dallas Cowboys→1996 Texas Rangers  Dallas Mavericks→2011
フィラデルフィア Philadelphia Eagles Philadelphia Phillies→2008 Philadelphia 76ers→1983
ヒューストン Houston Texans Houston Astros Houston Rockets→1995
トロント Toronto Blue Jays→1993  Toronto Raptors
マイアミ Miami Dolphins→1974 Florida Marlins→2003 Miami Heat→2013
アトランタ Atlanta Falcons Atlanta Braves→1995 Atlanta Hawks
デトロイト Detroit Lions Detroit Tigers→1984 Detroit Pistons→2004
シアトル Seattle Seahawks→2014 Seattle Mariners Seatle Supersonics→1979
フェニックス Arizona Cardinals Arizona Diamondbacks→2001 Phoenix Suns
ミネアポリス・セントポール
(ミネアポリス、セントポール)
Minnesota Vikings Minnesota Twins→1991 Minnesota Timberwolves
サンディエゴ San Diego Chargers San Diego Padres
デンバー Denver Broncos→2016 Colorado Rockies Denver Nuggets
クリーブランド Cleveland Browns Cleveland Indians→1948 Cleveland Cavaliers→2016
セントルイス St Louis Rams→2000 St. Louis Cardinals→2011 St. Louis Hawks→1958
オーランド Orlando Magic
タンパベイ(タンパ、セントピーターズバーグ) Tampa Bay Buccaneers→2003 Tampa Bay Rays 
サクラメント Sacramento Kings
ピッツバーグ Pittsburgh Steelers→2009 Pittsburgh Pirates→1979
シャーロット Carolina Panthers Charlotte Hornets
ポートランド Portland Trail Blazers→1977
シンシナティ Cincinnati Bengals Cinncinnati Reds→1990
サンアントニオ San Antonio Spurs→2014
カンザスシティ Kansas City Chiefs→1970 Kansas City Royals→2015
インディアナポリス Indianapolis Colts→2007 Indiana Pacers
ミルウォーキー Milwaukee Brewers Milwaukee Bucks→1971
ソルトレイクシティ Utah Jazz
ナッシュビル Tennessee Titans
ジャクソンビル Jacksonville Jaguars
オクラホマシティ Oklahoma City Thunder
メンフィス Memphis Grizzlies
バッファロー Buffalo Bills
ニューオーリンズ New Orleans Saints→2010 New Orleans Pelicans
グリーンベイ Green Bay Packers→2011
 
なお赤字はその都市を本拠とするチームが最後に優勝した年(ややこしくなるので、年号はすべて優勝決定戦が戦われた日のものにしました。つまりSuper Bowl 50は2015年シーズンですが、DENの優勝は試合があった日の2016年としています)。青字はもうその都市にいないチームが、優勝したものです(なお、かつてNBAチームがフランチャイズを置いていた時に優勝した、シラキュースやロチェスターなどは省略しました)。

RamsはLon Angelsにいる時期は、Super Bowlに勝っていないので黒字。その代わり、St. Louisでは青字になっています。一方のRadersはLos Angelsを本拠とした1984年にSuper Bowlで勝ったので青字になっています。Oaklandでの優勝は1977年が最後ですね(こっちは赤字)。

NBAでも、現在のOklahoma City ThunderはSeattle Supersonics時代に優勝経験があります。Atranta HawksはSt. Louis時代に優勝してました。

データは、NFLはSuper Bowlが開催されるようになった1967年から、NBAはFinalが開催されるようになった1947年からのデータからになります。Cubsのように108年前の優勝経験が語られるところからは、MLBの歴史の長さを感じますね。

こうしてみるとわかるように、NBAもNFLもMLBもチームがあるのに長いこと優勝から見はなされていたのがClevelandなのです。そんなClevelandに、同じ年にNBAとMLBが優勝決定戦まで勝ち残ったのは奇跡的なこと。ご存知の通りNFLの方はまだだいぶ時間がかかりそうですが、この奇跡の1年があればしばらくは我慢できるのではないでしょうか。

これに対して、州は違えどClevelandから200㎞ほどの距離にあるPittsburghは、Piratesはだいぶ遠ざかっているものの、Steelersがいるので街として優勝を何度も味わっています。同じOhio州のCincinatiは、BengalsもNFL制覇経験がありませんが、RedsがMLBで1990年に優勝しています(こっちは26年前なのでだいぶご無沙汰ですかね)。Cleveland近郊のAkron出身のLeBronが、「北Ohioでの優勝を」と言っていた理由はPittsburghやCincinatiへの対抗意識があったのでしょうかね。

表は米国の都市圏で、人口が多い順に並んでいます。都市圏のくくり方次第では微妙に人口が変わるのでまあ、大まかに見ていただけばよいと思いますが、表の上から見て優勝がない都市はどこかというと、ChargersとPadresがいるSan Diegoでした。

Chargersは1959年創設、Padresは1969年創設。2チームしかないところはClevelandよりも厳しいですが、同じ条件で人口が少ないKansas CityがNFLでもMLBでも優勝していることを考えれば、あまり同情はできません。NHLのチームもないSan Diegoの街に、世界一をプレゼントするのはどちらが先でしょう。Chargersが移転するともっと厳しいことになりますけど。

こうしてみると周辺を含めて人口が30万程度しかいないGBの奮闘ぶりがちょっとうれしくなりますね。
 

2015年シーズンからアメリカンフットボールのFANTASY FOOTBALL を楽しんでいるトーマスといいます。NFLだけでなく、MLBやNBAについても語りますのでよろしくお願いします。

AFC東BUF バッファロー・ビルズ NFC東DAL ダラス・カウボーイズ
 MIA マイアミ・ドルフィンズ  NYG ニューヨーク・ジャイアンツ
 NE ニューイングランド・ペイトリオッツ  PHI フィラデルフィア・イーグルス
 NYJ ニューヨーク・ジェッツ  WAS ワシントン・レッドスキンズ
AFC北BAL ボルティモア・レイブンズ NFC北CHI シカゴ・ベアーズ
 CIN シンシナティ・ベンガルズ  DET デトロイト・ライオンズ
 CLE クリーブランド・ブラウンズ  GB グリーンベイ・パッカーズ
 PIT ピッツバーグ・スティーラーズ  MIN ミネソタ・バイキングス
AFC南HOU ヒューストン・テキサンズ NFC南ATL アトランタ・ファルコンズ
 IND インディアナポリス・コルツ  CAR カロライナ・パンサーズ
 JAX ジャクソンビル・ジャガーズ  NO ニューオリンズ・セインツ
 TEN テネシー・タイタンズ  TB タンパベイ・バッカニアーズ
AFC西DEN デンバー・ブロンコス NFC西ARI アリゾナ・カーディナルス
 KC カンザスシティ・チーフス  LA ロサンゼルス・ラムズ
 OAK オークランド・レイダース  SF サンフランシスコ・49ers
 SD サンディエゴ・チャージャース  SEA シアトル・シーホークス
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 資料編:全米4大スポーツの都... | トップ | 前半戦終了につきPower Ranki... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

MLB」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL