Fantasy Football(ファンタジーフットボール)戦記

NFLのFantasy Football(ファンタジーフットボール)のほかMLBやNBAについて語ります

2016 Week05 Gabbertに代わりKaepernick出陣へ、CLEにはWhitehurstが今季5人目のQBに

2016-10-16 22:25:00 | NFL2016
まず先に、この写真を見て気が付くことはありませんか。富野由悠季(当時は富野喜幸でしたが)が“皆殺しの富野” と呼ばれるきっかけの一つとなった「伝説巨人イデオン」の主人公、ユウキ・コスモです。

金色(茶色にも見える)の上着に、赤い髪、そしてヘルメットに入らないかもしれないアフロヘア。そう、Colin Kaepernickを思いきり連想させるじゃないですか。

筆者がKaepernickのアフロがヘルメットに収まるかと疑問を呈したところに、友人が引っ張り出してきたのがコスモ君。まさか1980年放映のアニメが36年後の49ersを予測していたなんて。
 
強引なネタフリですみません。
 
Week05を終えて、4連敗で1勝4敗となったSFがいよいよKaepernickをQBとして先発させることになりました。結果を出せないBlaine Gabbertに業を煮やしたチームの決断だけではなく、AFNJapanに書いてあるように、以前結んだ契約の見直しが先発復帰の背景にあるようです。
 
2014年シーズン以降Kaepernickが不振に陥った背景には、Rushingを織り交ぜたスタイルからPassing中心に変更するようチームから要請されたことがあるとされています。それ以外にも、14年10月にはヘッドフォン問題(NFLの独占スポンサーはBoseなのに、試合後の会見でBeats by Dr Dreのヘッドホンを着用してとがめられえた)で罰金を科されるという問題が発生し、ロッカールームでもヘッドフォンを外さない、唯我独尊的なキャラクターに非難の声が漏れ始めました。単に音楽好きだっただけかもしれませんが、あの事件を境にKaepernickが下り坂になったような印象があります
 
2014年シーズン前はJim Harbaugh体制が健在でしたし、Kaepernick自身もSFの攻撃を率いる意欲は満々だったはず。まさか2年後に、Chip KellyがHCになっている未来図は描けなかったでしょうし、彼の契約に影響を及ぼしたとされる当時の有力選手、つまりMichael CrabtreeもAlex BooneもAldon SmithもMike Iupatiも、みんなチームから出ていきました

選手の期待度やチーム力が短時間で上下するNFLの厳しさといえばそれまでですが、この2年のうちにKaepernickを取り巻く環境も、SFに対する評価も大きく変わりました。
 
足かせとなっていた契約を見直したことで、チームは怪我のリスクにおびえることはなくなったはず。もちろん、Kaepernickには自分の将来がかかっています。Kaepernickは、Alex Smithからレギュラーを奪い取り、そのままSuper Bowlまで駆け上がった勢いを取り戻せるのでしょうか。
 
もう1チーム気になるのはClevelandです。もちろん、Playoffでも絶好調(World Seriesまであと2勝になりました)IndiansのことではなくBrownsのことですね。
 
Week05はTom Bradyが復帰したNEの肩慣らしの場とされて見事な惨敗を喫しましたが、この試合ではQBが3人出場する事態となりました。
 
まず先発QBのCody Kesslerが Dont’a Hightowerに自陣1ヤード地点で強烈なヒットを食らい(こぼれたボールはエンドゾーン内を転がりそのままアウトオブバウンズにでたためSafetyに)、わき腹を痛めて退場
 
今期CLEの5人目のQBとして、Charlie Whitehurstが出場しました。しかしそのWhitehurstも4Qにひざを痛め、3:57を残してTerrelle PryorにQBとしての出番が回ってきました。
 
Week03に続きパスを投げたPryorですが、残念ながら3回スナップを受けただけで1st Downを獲得できず攻撃権を手放しました。ここでTDを取れていれば、今後の展開が変わっていたかもしれません。

そして、残り29秒で回ってきた最後の攻撃は、20ポイントの差をつけられていたこともあって、負けているチームなのに屈辱のKnee Down。これはWhitehurstが務めています。何ともやり切れない試合の終わり方でした。
 
どうやらWeek06はKesllerが先発するもよう。Whitehurstも結局プレイに参加できていたので、Pryor先発という最終手段は発動しないようです。それでも、二人とも完調とは言えず何が起こるかわからない状態です。
 
No.
Player  Age G GS QBrec Cmp Att Cmp% Yds TD TD% Int Int% Y/A Rate
5 Cody Kessler 23 3 3 0-3-0 54 81 66.7 529 2 2.5 1 1.2 6.5 87.9
13 Josh McCown 37 1 1 0-1-0 20 33 60.6 260 2 6.1 2 6.1 7.9 80.4
10 Robert Griffin 26 1 1 0-1-0 12 26 46.2 190 0 0 1 3.8 7.3 55.0
15 Charlie Whitehurst 34 1 0   14 24 58.3 182 1 4.2 1 4.2 7.6 78.8
17 Terrelle Pryor 27       4 8 50.0 40 0 0 0 0 5.0 64.6
  Team Total   5   0-5-0 104 172 60.5 1201 5 2.9 5 2.9 7.0 79.1
 
見ての通り、Kesslerの残している成績は先輩方とそれほど大差はないですが、今は修行の時期。チームがいつ勝つかなど考えず、経験を積み上げていくべき時でしょう。先発WRとして5試合に出場しているPryorですが、6人目のQBを登板させないために、今のCLEにはいないとちょっと困る、貴重な人材として重宝されそうです。
 

2015年シーズンからアメリカンフットボールのFANTASY FOOTBALL を楽しんでいるトーマスといいます。NFLだけでなく、MLBやNBAについても語りますのでよろしくお願いします。

AFC東BUF バッファロー・ビルズ NFC東DAL ダラス・カウボーイズ
 MIA マイアミ・ドルフィンズ  NYG ニューヨーク・ジャイアンツ
 NE ニューイングランド・ペイトリオッツ  PHI フィラデルフィア・イーグルス
 NYJ ニューヨーク・ジェッツ  WAS ワシントン・レッドスキンズ
AFC北BAL ボルティモア・レイブンズ NFC北CHI シカゴ・ベアーズ
 CIN シンシナティ・ベンガルズ  DET デトロイト・ライオンズ
 CLE クリーブランド・ブラウンズ  GB グリーンベイ・パッカーズ
 PIT ピッツバーグ・スティーラーズ  MIN ミネソタ・バイキングス
AFC南HOU ヒューストン・テキサンズ NFC南ATL アトランタ・ファルコンズ
 IND インディアナポリス・コルツ  CAR カロライナ・パンサーズ
 JAX ジャクソンビル・ジャガーズ  NO ニューオリンズ・セインツ
 TEN テネシー・タイタンズ  TB タンパベイ・バッカニアーズ
AFC西DEN デンバー・ブロンコス NFC西ARI アリゾナ・カーディナルス
 KC カンザスシティ・チーフス  LA ロサンゼルス・ラムズ
 OAK オークランド・レイダース  SF サンフランシスコ・49ers
 SD サンディエゴ・チャージャース  SEA シアトル・シーホークス
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016 Week05 TB@CARのOlsenの... | トップ | 2016 Week06 EliとWareを先発... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL