Fantasy Football(ファンタジーフットボール)戦記

NFLのFantasy Football(ファンタジーフットボール)のほかMLBやNBAについて語ります

2016 Week17 Playoff進出チーム続出時点の戦い方、ファンタジー今期最終戦の先発を公開します

2016-12-31 21:50:00 | Fantasy16
いよいよRSも最終戦。つまり4カ月にわたり楽しんできた、Factasy Footballの2016年シーズンはWeek17で最終回です。

筆者はWeek17に5位決定戦に臨みます。来年のドラフト順位が1位下がるなんてケチなことは言わずに、勝ちに行きますよ。
 
Week15に敗れたわがチームは、Week16はBye Week。なので選手を入れ替えずに放置していました。そしてその結果がこちら。
 
 
 
ご存知の通り、Week16の試合途中に腓骨を骨折したDerek Carrはほぼシーズンエンド(Super Bowlにチームが出れば間に合うようですが、さすがにCarr抜きでは無理でしょう。いやMcGloinが突如覚醒すれば届くかもしれませんが、そうなったらなったでCarrの出番はないでしょう)。OAKのSuper Bowl進出に期待していた皆さんの夢をしぼませる、悲しい出来事になりました。
 
さらに筆者のチームのメンバーであるTyler Eifertは背中の怪我で、Daug Martinは薬物乱用規定(PED:Performance-enhancing drugs=パフォーマンス向上薬をやっていたらしい)に違反したかどで、それぞれシーズンエンドとなりました。これが普通の週なら大打撃ですが(二人の欠場は試合直前まで公になっていなかったはず)、今週はPlayoff敗戦に伴うBye Weekなので問題はありませんでした。
 
PITのAntonio BrownとLe'Veon Bellは大活躍でしたね。BALに土俵際まで追い詰められましたが、見事な逆転勝ちでチームを地区優勝に導きました。もし、ABの最後のTDをご覧になっていないようでしたら、こちらからご覧ください。ちょっと感動しますよ。
 
さてPITはWeek17のCLE戦は、勝っても負けても第3シードであることが決まっているとのこと。だとすると、ABとBell(あとBen Roethlisbergerも)を無駄に出して、怪我をさせるわけにはいきませんね。ということでHCのMike Tomlinはこの3人は欠場することを匂わせたようです。

このように地区優勝やPlayoff進出が決まると、怪我が多いNFLでは選手を休ませるチームがあります。Week16で主力を休ませなかったDALはFirst Week Byeが決まったので、試合感覚がなくならないよう配慮したのでしょう。こうしたことにも意識しないと、最終戦は勝てません(つまり優勝できません)ね。
 
実はドラフト時点で、PITが最終戦にCLEが相手になると見込んで(まさか1勝しか挙げられないとは思っていませんが、低迷すると予想していました)、Week17はABとBellの二人が(Week16のBAL戦のように)圧倒的活躍をしてわがチームをも勝利に導くと予想していました。最終戦でCLEと戦うPITの二人を主力にしていたのは、そうした狙いがあったからです。

しかしその読みは見事に外れ、ABもBellも使えなくなってしまいました。このあたりがFantasyの面白いところであり、予測がつかないところです。
 
そしてCarrがいなくなったOAKもAmari Cooperだけではどっちに転ぶかわからない状態。もちろんMcGloinとかみ合えば、チームもFirst Round Byeをゲットでき(OAKが勝たないと、KCに抜かれる可能性がある。そうなるとリーグ優勝を逃し第5シードとなってHOUと対戦)、Playoffに向け明るい道が開けますがどうでしょう。
 
ということで、筆者はメンバーを大幅に入れ変え、こんなラインアップにしました。

 GBから二人獲ったのは、最終戦でDETと地区優勝を争うから。TEで最近好調なJared Cookが残っていたのは儲けものでした。Eifertの代わりに入れます。Ty Montgomeryは筆者が放出している間にWRからRBに登録が変わっていたようです。GBはDETとの最終戦で地区優勝とシード上位を狙うため、たとえWASが負けてPlayoff進出が決まっても勝ちに来るという読みです。
 
QBはWAS戦で本気を出すかわからないEli Manningよりも、Playoffの目がわずかに残るTBのJameis Winstonにしました。WinstonはTBが好調になったWeek14頃にこっそりFAで獲得していたのでした。
 
RBにはMattForte(怪我らしい)もBellも出場が危ぶまれているので、Darren McFaddenとMontgomeryを入れてみましたMcFaddenをわざわざ獲ったのは、Ezekiel Elliottは出場しても、短時間で引っ込むとの読みです。ただMcFaddenが現在、Questionableらしいので、状況次第で試合前に変えるかもしれません。
 
WRはWillie SneadとTyrell Williamsにしました。Cooperは今のところ先発させない予定です。
 
DEFをHOUにしたのは、相手がMarcus Mariotaが腓骨骨折でシーズンアウトになったTENだからですね。ただCARと戦うTBと大差ないようにも思います。
 
ということで、日本では1月2日早朝の試合を、ドキドキしながら見守ります。なお2日は10時半からGB@DETが戦うことになりました(筆者のカレンダーは昔のままですが、NFC北地区の優勝決定戦なのでSNFに変更になりました)。筆者は某所にあるリアルタイム観戦会に参加し、RS最終戦を見守るつもりです。

最後に、本年は拙文をお読みいただき、ありがとうございます。レギュラーシーズンが終わったらぼちぼちいろいろなデータを更新していきます。皆様、良いお年を。
 

2015年シーズンからアメリカンフットボールのFANTASY FOOTBALL を楽しんでいるトーマスといいます。NFLだけでなく、MLBやNBAについても語りますのでよろしくお願いします。

AFC東BUF バッファロー・ビルズ NFC東DAL ダラス・カウボーイズ
 MIA マイアミ・ドルフィンズ  NYG ニューヨーク・ジャイアンツ
 NE ニューイングランド・ペイトリオッツ  PHI フィラデルフィア・イーグルス
 NYJ ニューヨーク・ジェッツ  WAS ワシントン・レッドスキンズ
AFC北BAL ボルティモア・レイブンズ NFC北CHI シカゴ・ベアーズ
 CIN シンシナティ・ベンガルズ  DET デトロイト・ライオンズ
 CLE クリーブランド・ブラウンズ  GB グリーンベイ・パッカーズ
 PIT ピッツバーグ・スティーラーズ  MIN ミネソタ・バイキングス
AFC南HOU ヒューストン・テキサンズ NFC南ATL アトランタ・ファルコンズ
 IND インディアナポリス・コルツ  CAR カロライナ・パンサーズ
 JAX ジャクソンビル・ジャガーズ  NO ニューオリンズ・セインツ
 TEN テネシー・タイタンズ  TB タンパベイ・バッカニアーズ
AFC西DEN デンバー・ブロンコス NFC西ARI アリゾナ・カーディナルス
 KC カンザスシティ・チーフス  LA ロサンゼルス・ラムズ
 OAK オークランド・レイダース  SF サンフランシスコ・49ers
 SD サンディエゴ・チャージャース  SEA シアトル・シーホークス
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Fantasy Football(ファンタ... | トップ | Fantasy初心者にお薦め、新年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Fantasy16」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL