Fantasy Football(ファンタジーフットボール)戦記

NFLのFantasy Football(ファンタジーフットボール)のほかMLBやNBAについて語ります

なぜKCが最大得点を稼げたか---2016年シーズンのポジション別Fantasy Point(DEF編)

2017-02-11 06:05:50 | Fantasy16

今回、2016年シーズンのポジション別Fantasy Pointを振り返る企画を始めます。まず第1回はDEFから。なんでここからやるかというと、これを後に回すと手を抜きそうだから。というのは嘘で、実はDEFこそが、Fantasyで重要なカギを握ると考えているからです。

下にFantasy Pointで上位25位までのチームを並べました。ここに入れないチームを選んでいたオーナーは、シーズン途中に別のチームに入れ替えるべきだったと言えるでしょう。

NoTeamSackIntFum
Rec
SafTDDef 2pt
Ret
TDPts
Allow
PointsPosAll
1Kansas City Chiefs2818151513305166.0DST364
2Minnesota Vikings41141314-3307156.0DST10127
3Denver Broncos421413-41-287151.0DST259
4Arizona Cardinals48141423--342144.0DST467
5New York Giants35178-4--276139.0DST17188
6Philadelphia Eagles34161013-2331137.0DST14167
7Tampa Bay Buccaneers38171214--353133.0DST25224
8New England Patriots3413103---250123.0DST899
9Carolina Panthers47171013--376122.0DST570
10Baltimore Ravens311810-21-317121.0DST21207
11San Diego Chargers35181015--397120.0DST31266
12Seattle Seahawks4211811--290113.0DST158
13Miami Dolphins33169-212374112.0DST22216
14Atlanta Falcons341210-5--392109.0DST23218
15Pittsburgh Steelers38131011--327104.0DST11135
16Buffalo Bills39126-3--376102.0DST18194
17Green Bay Packers40178----382100.0DST12145
18Houston Texans3111611-132295.0DST674
19Tennessee Titans40126-1--34095.0DST30252
20Washington Redskins38138---136593.0DST16180
21Cincinnati Bengals331731---31392.0DST9115
22Oakland Raiders251614-1--38592.0DST13162
23Dallas Cowboys36911----30691.0DST19196
24Los Angeles Rams31108-1--35889.0DST790
25Indianapolis Colts3389-1-137285.0DST26227

2016年シーズンで一番高いFantasy Pointを稼いだチームはKCで166.0ポイント。1試合当たり10ポイントを超えるわけですから、オーナーにとってありがたい存在と言えます。

ただ、その成績を見てみるとSackはあまり多くなく、INTやFumble Recoverも他チームとそれほど差がありません。許した得点も305はほかに比べてそれほど低くありません。7ポイントを稼げる1-6点に相手を抑えた試合はわずか1試合、10ポイントを稼げる完封試合は0でした。

ではどこでポイントを伸ばしたのでしょう。結論から言うと、見ての通り、DEFによるTD(5回)と、Kickoff and Punt Return TD(3回)が最も多かったということですね。

それぞれ6ポイントが入るわけですから、8×6=48ポイント分が、このDEFとSpecial Teamのポイントでした。そしてKCでKickoff and Punt Return TDをしたのは3回ともTyreek Hill。2位のMINがPunt ReturnとKickoff Returnを別の選手で挙げたのに対して、KCはHill一人です。

Week17のときにも書きましたが、HillはWeek17のWRとRBとして6.1ポイントを稼ぐ一方、ReturnerとしてもTDを挙げています。攻撃では自分のポイントになりますが、Special TeamによるKickoff and Punt Return TDポイントはDEFとして加算されます。

ただ、Punt ReturnとKickoff ReturnによるTDがある意味、運に大きく左右される以上(どの試合で出るか予測がつかない)、DEFの能力でチームを選択する方が妥当と考えられます。「あそこのReturnerはビッグプレイをするから」と言ってDEFを選んでも、TDまで行ってくれないとポイントにならないからです。今回のKCにしても、ルーキーのHillが3回もReturnによるTDを決めるなんて予想は難しいでしょう。

だとすると、DEFによるTDつまりINTやFumble RecoverからのTDを奪えそうなチームを選択するのが、Fantasyオーナーにとってのドラフト時点のカギになるような気がします。2016年シーズンのポイント上位は、だいたいDEFによるTDが高いですから。

DEFが獲得するポイント(筆者のリーグ=NFL.comのデフォルト設定)
Sacks1 Points Allowed 
Interceptions2 010
Fumbles Recovered2 1-67
Safeties2 7-134
Touchdowns6 14-201
Kickoff and Punt Return Touchdowns6 21-270
Team Def 2-point Return2 28-34-1
Def 2-point Return2 35+-4

ただ、選手一人に依存してDEFによるTDを予想するのは難しそうです。例えばDENのAqib TaribはINT TDを何度も決めているように感じますが、2016年シーズンは1回だけ。チームメイトのBradley Robyの方が多く(といっても2回)決めています。

ついでに言えば、2016年シーズンは最もINT TDが多かった選手でも2回です。Fumble Return TDでは最も多い選手で1回。だとすると、チーム力で考えたほうがよさそうですね。

そう考えると、2チームのDEFを持って、対戦相手を読んで切り替える方が効果があるような気がします。KCにしても166.0ポイントを16試合平準化して稼いでいたわけでは、もちろんありません。

KCのシーズン得点推移グラフを見てわかるのはWeek03に35ポイントという、突出した数字を稼いでいること。この時の対戦相手はNYJ。そう、Ryan Fitzpatrickから6INTを奪ったあの試合です。チームとしては8回のTurn Overを挙げています。

前にも書いた通り、FitzpatrickはINTが多いQBです。こうしたINTが多いQB(Philip RiversやJameis Winston、Blake Bortles、Eli Manningなど)と対戦するときは、DEFの得点は伸びるもの。このあたり、2チームのDEFを持てる余裕があるなら、ここを積極的に使い分ける工夫をすると、ポイントが稼げるように思います(過去記事で2016年シーズンのINT王を間違えて表記していたので修正しときました)。

DEFはドラフトでは指名順位が低いですね。であれば、DEFとして得点を期待できるチームを早めに、そしてちょっと使えるかもと思えるチームを最後に指名するなんてありではないでしょうか。攻撃選手の得点の伸びは運に左右される部分が大きいですが、得点が伸びなさそうなチームとかINTが多いQBが先発するチームは事前に見えるわけですから。

どうせほかのオーナーは1チームしか指名しないでしょう。実はここでうまく工夫すれば(もちろん失敗もありますが)、Fantasyチームの総合力は上がるかもしれません。ちょっとこのあたり、来シーズン試してみようかと考えています。

最後に、チーム別の講評を。前評判が高かったKCやMIN、そしてDENやARIも高得点でした。それからNYGも今期はDEFが頑張りましたね。意外とポイントが伸びなかったのはSEAやBALといった、シーズン中もDEFが強いと言われていたチームです。

これも結局、Fumble RecoverなどによるTDが少ないから(SEAは1回、BALは2)。ここが増えないチームは、少しぐらいSuck数が高くても(どうせ1ポイント)ポイントは伸びません。また、最少失点だったNEもFumble RecoverなどによるTDが少なく(3回)、ここが差になりました。

DEFによるポイントは、各チームの獲得ポイントを見ればわかるように、意外と波があるもの。その波をそのまま受け入れず、うまく使いこなせることができればDEFによるポイントはもう少し伸ばせるような気がします。

2015年シーズンからアメリカンフットボールのFANTASY FOOTBALL を楽しんでいるトーマスといいます。NFLだけでなく、MLBやNBAについても語りますのでよろしくお願いします。

AFC東BUF バッファロー・ビルズ NFC東DAL ダラス・カウボーイズ
MIA マイアミ・ドルフィンズ NYG ニューヨーク・ジャイアンツ
NE ニューイングランド・ペイトリオッツ PHI フィラデルフィア・イーグルス
NYJ ニューヨーク・ジェッツ WAS ワシントン・レッドスキンズ
AFC北BAL ボルティモア・レイブンズ NFC北CHI シカゴ・ベアーズ
CIN シンシナティ・ベンガルズ DET デトロイト・ライオンズ
CLE クリーブランド・ブラウンズ GB グリーンベイ・パッカーズ
PIT ピッツバーグ・スティーラーズ MIN ミネソタ・バイキングス
AFC南HOU ヒューストン・テキサンズ NFC南ATL アトランタ・ファルコンズ
IND インディアナポリス・コルツ CAR カロライナ・パンサーズ
JAX ジャクソンビル・ジャガーズ NO ニューオリンズ・セインツ
TEN テネシー・タイタンズ TB タンパベイ・バッカニアーズ
AFC西DEN デンバー・ブロンコス NFC西ARI アリゾナ・カーディナルス
KC カンザスシティ・チーフス LA ロサンゼルス・ラムズ
OAK オークランド・レイダース SF サンフランシスコ・49ers
SD サンディエゴ・チャージャース SEA シアトル・シーホークス
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NEはPITに次ぐ5回目のSuper B... | トップ | David Johnsonが20TDを挙げた... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
KCのDEF (Derek)
2017-02-11 17:17:45
YAHOOのほうでFantasy NFLをやっていたのですが、KCのDEFには大変助けられました。特にタイリーク・ヒルには関心しますね。まあでも、レイダース・ファンだったりするので、微妙な気持ちで観てたりはしますがw 
Hillは面白い (トーマス)
2017-02-11 22:08:42
Derekさん。コメントありがとうございます。Hillは面白い存在でしたね。こういう生きのいいルーキーがいると、予想外のことが起こって、Fantasyも盛り上がります。
今後とも、よろしくお願いします。Oakland RaidersはCarrの怪我が惜しまれますが、まだ若いチームなのでぜひNEを倒してほしいと期待しています。
レイダース (Derek)
2017-02-12 12:33:56
今季の躍進は、予想外過ぎてびっくりしました。
選手の層が厚くなり、期待できるチームになったとは
思いますが、ブレイディやベリチックが居るうちはPatsに
勝てないでしょうね・・・。
名門復活を (トーマス)
2017-02-12 15:14:46
今シーズンの開幕前に、OAKの優勝を予想していました。
Carrの骨折さえなければ予想は的中だったんですが。
Del Rioと契約延長したようなので、しばらくはこの体制で行けそうですね。
名門復活を期待してます。

コメントを投稿

Fantasy16」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL