奈緒ログ

どこか遠くに行きたい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不倫をしでかしたパートナーを最大限に懲らし

2016-12-07 21:30:45 | 日記

不倫をしでかしたパートナーを最大限に懲らしめるには、信用失墜といった社会的な制裁が効果的だと私は思っています。





うわさ話程度ではなく、誰が見ても明らかな証拠が必須だとは思うのですが、きちんとした裏付けさえとれれば、あとはもう好きなようにむこうを追い詰める事ができるというものです。


面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や家族、親族に浮気の事実を知らせる人もいます。


転職や家庭崩壊など、碌なことにならないですよ。それを分かってて不倫するほうが悪いんです。



浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、素人が浮気の証拠をつかむのは無理というものです。


でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と何かと便利に使えるでしょう。


ですから、不倫をしているなと思ったら、探偵を雇って調査して貰いましょう。


お金はかかるものの、交際相手とホテルから出てくる写真のように、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。探偵業者にかかる費用には幅があって、ごく一部の探偵事務所とはいえ、異例とも言える価格の高い請求を行っている場合もあるようです。



しかし、高ければ高いだけ調査品質が高いかというと、必ずしも比例するとは言い切れません。価格の高い料金を請求しておきながら、肝心の浮気の証拠が掴めないなどということにならないために、探偵事務所を決める前に浮気調査の妥当価格ぐらいは調べておくべきです。



食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートには定食の数からともにいた人の数がけい載されている可能性があるので、浮気をしていたと判断する材料になります。



加えて、支払いをクレジットカードでした時は月々チェックするようにします。



しごとでありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、一人で宿泊したにしては高額だったりすると、同伴者がいた想像されてしまう事があります。




探偵社のしごとを便利屋に頼めば安くつく。





こう考えたあなた、双方には明らかな相違点があるんですよ。


多彩な頼まれしごとを引き受ける便利屋は開業許可等を必要としませんが、探偵業となると、警察署経由で所管の公安委員会に開業開始届出書類を提出し、認可番号を交付してもらって正式に認められるのです。


こうした手つづきを踏んで、専門的なしごとをこなすのが探偵社です。




配偶者の浮気がわかったら、代償として慰謝料をもとめる権利があります。



といっても簡単なことではありません。


当事者だけで話しあえば、感情的な理由が根本にあるためか、なかなか話がつかないことが多いです。時には裁判を起こさなければいけないでしょうし、弁護士を頼んでなるべく円満な解決を目指す方が良いかもしれません。


探偵社に不倫調査を依頼する際、簡単に個人情報を開示するのはイヤという人も少なくないでしょう。


相談して仮見積りを出すところまでは個人情報は伏せていただいて構わないという業者さんもおもったより増えましたし、そうした心配は要らないと思います。




ただ、しごととして依頼する際は具体的な契約を交わす訳ですから、全てとは言いませんが個人の情報を開示することは了承していただくほかありません。もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調査期間は短くなりますので、調査代金はその分安くなるのです。だからといって、浮気の日時を気づいている場合でも、顔見しりにいって写真を撮るようにすると、骨折り損になることは確実です。



ひそかに証拠を握りたいときにはプロの探偵に調査して貰うのがベストなのです。不倫関係に終止符をうたせるには、不倫の明らかな証拠を押さえ、双方に慰謝料の支払いをもとめるのが、よく効くようです。浮気相手はあそびのつもりでさほど罪悪感を感じていないというパターンが多いです。賠償をもとめることで、事態の深刻さを自覚指せる訳です。信頼に値する探偵事務所を見つける方法として、口コミを確認する方法があります。当然、探偵事務所が運営するホームページに記載されている口コミなんかではなく、全然関連のない掲示板や専門の相談サイトに載っているような口コミを確認するようにしましょう。


該当する探偵事務所と金銭的に無関係の人による口コミは、信頼性は高いものになるはずです。不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。実は、離婚しなくても損害賠償金の請求はできますが、額は低くなるのです。それに、不倫した相手が配偶者との肉体関係を認めないときには根拠が必要になります。





どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠を用意しなくてはいけません。コドモも大きくなったのでパートを開始してたところ、そこの社員さんにアタックされ、既婚者だと分かっていて、おつきあいを開始してました。





まあ、不倫ですよね。長らくコドモと家庭だけを軸に、どっぷり主婦をやっていた私は用心が足りず、挙動があやしいと、夫も早いうちに気づいたみたいで、あちらの奥様とこっそり談合され、両家ともに離婚。




そして双方が慰謝料を請求される事態になりました。


よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。浮気の事実が知られ、家族、親族、同僚などからそっぽを向かれたり、価格の高い慰謝料を要求されることだってあります。また、元の鞘に収まったり、浮気を成就指せて(?)結婚したりするパターンもあります。金銭面や精神面などで、さんざん苦労しても、めでたしめでたしと言えるエンディングは、ありません。いざ探偵を頼もうと捜してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。やはり人気を持とに選ぶのがいいでしょう。





少し手間でもインターネットを使えば、各探偵業者の利用者のクチコミを知る事ができるでしょう。




地域性もあるしごとですから、地元近辺で満足度の高いところを選んで、依頼すれば、少なくとも悪いしごとはしないはずですし、不倫の証拠収拾も期待できるはずです。浮気調査などで探偵社に依頼する前に標準的な料金に関する知識が不足していると、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。


1時間1万円からと考えておくと妥当だと思います。


期間(時間数)が増えたりすれば依頼者の費用負担は増加するため、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。


http://www.mwohlhueter.com/に行くにはココを押す
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 高校に進むときに衛生看護科... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。