ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

映画「借りぐらしのアリエッティ」

2010-08-04 21:33:41 | 映画感想
2010/8/2、109シネマズ木場。

一部のシアターには、エグゼクティブ・シートと呼ぶ豪華シートがある。
幅も広いし、隣との間もゆったりで、テーブルも付いているが、値段が高い。
(ポイントカード会員は通常料金)

空いているからと言ってかってに座るのは倫理的に問題がありますよ、おばあさん。
孫の教育上もあまり良いとは思えませんが、、、。

さて、映画は、スタジオ・ジブリ作品。
夏休みとあって子供連れでにぎわっていた。



志田未来、神木隆之介、三浦友和、大竹しのぶ、竹下景子、樹木希林、藤原竜也。

**

こぎれいなおばあさんの運転するベンツ、助手席には若い少年、翔。
翔は手術を待つ1週間の間、おばあさんの家に暮らすことになっていた。

別荘風の入り口を入ってすぐのところに軽が止まっている。
おばあさん(=貞子、声:竹下景子)は車を降りて「ハルさん」を呼びに行く。

翔(声:神木隆之介)は車を降りて庭に入り、ほんの一瞬、小人を見る。

身長10cmほどの小人の正体はアリエッティ(声:志田未来)、
庭にシソやローリエの葉を取りに行ったのだ。

アリエッティは父(=ポッド、声:三浦友和)と母(=ホミリー、声:大竹しのぶ)の3人暮らし。
お屋敷の床下に住み、人間の世界から必要なものを少しずつ「借り」て暮らしていた。

その夜、アリエッティは父と一緒に初めての「借り」に出かける。
母に頼まれた角砂糖を手に入れ、ティッシュペーパーを取ろうとしたとき、
ベッドにいた翔と目が合ってびっくりして逃げる途中、角砂糖を落としてしまう。

翌日、翔は角砂糖を床下の換気口の前に置く。
何日かのち、アリエッティは意を決して翔に角砂糖を返しに行き、翔と話をしてしまう。
父はアリエッティの行動を叱責し、引っ越しをしようと考える。

しかし、その前に翔はアリエッティ一家にとってとんでもない行動をとる。

果たしてアリエッティ一家の運命は。

**

絵は相変わらずきれいで、手書きなりの良さがある。
登場人物の動きもなめらかで、髪の動きや仕草も自然。

ただ、喋るときは口だけではなく、顔の輪郭もちゃんと動いてはいるが、
基本的には台詞にかかわらず、口は同じ調子でパクパクなのは残念だ。

植物や静物が自然なのに比べ、人間の髪や服の塗りがベタで平坦なのはもったいない。

また、人は良いとして、これだけ自然のものが自然に描かれているのに猫は不自然。
太っているのは良いとして、白目はあんなに多くない。
ジブリの猫はいつもあんなだけど。

**

小人たちは人間から隠れて暮らしていながらも、実は一方的に人間に依存している。
表現は悪いが(彼らから見た)巨人族から生活物資をくすねるために、
いろいろと苦労しながら暮らしている。

おとぎ話だから、それが悪いとは言いません。
しかし、滅びるのはどっちだ、なんてご大層なお話ではありません。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全米週末興行ベスト10  2... | トップ | 今朝の東京スカイツリー、201... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-08-04 23:21:24
そうそう、ジブリの猫はいつもあんなですよね。逆に私はあれがコワカワイクて大好きなんですよ。(笑)

基本的に人間てミニチュアの世界が好きだと思うのです。男の子がミニカーを愛したり、女の子が人形を愛したり。
なんだかその想像の世界が実際に目の前で動き出したような感じで、実にワクワクしました。とてもシンプルで地味な作品だと思いますが、私はやたらと話を広げすぎる最近のジブリよりこっちの方が好きですん。
KLYさんへ (KGR)
2010-08-04 23:51:37
猫の目で感情を表すためにはああなるんでしょう。
体型と言い「猫の恩返し」のムタさんのようでした。

シンプルでしたけど説教臭くなくて良かったです。

無地のワンピースはなんとかならんですかね。
Unknown (ともろ)
2010-08-05 10:57:34
まだ見ていないので内容に関しては何も言えないんですが、
ジブリは毎回何かのテーマがありますから、この映画も何かテーマがあるんでしょうね。
ただ、監督が宮崎さんじゃないから、ゲド戦記みたいにワケわからなくなっていなければいいんですが。。
ゲド戦記と (KGR)
2010-08-05 13:58:46
比べたらかわいそうです。

あれは、脚本もひどかったけど、絵もひどかった。
背景はきれいでしたけど人物が見てられず、クモとの決戦は何じゃこれ、でした。

今回は自然がきれいに表現されています。
人も丁寧に書かれてますが、物語としては軽いですね。

感想は人それぞれですけど、絶賛の人が多いです。
私はテーマはあまりよくわからなかったです。
KGRさんへ♪ (mezzotint)
2010-08-07 23:36:16
今晩は☆彡
TB&コメントありがとうございました。
そうですね。シンプルだから、物足りない
わけではないのでしょうが、、、、。
どちらかといえば、登場する人物のお顔
が個人的にはあまり好みじゃあないです。
猫もあんまり可愛くないですが(笑)
mezzotintさんへ (KGR)
2010-08-08 13:15:33


ジブリらしいと言えばそうなんですが、
どうもデブ猫はいまいちです。

私は元々猫好きではないんですが、
強いて言えば好みはムタさんよりバロンですね。

いろんな方に書いてますが無地のワンピースもいまいちです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
借りぐらしのアリエッティ (LOVE Cinemas 調布)
原作はメアリー・ノートンのファンタジー小説「床下の小人たち」。とある古い家の床下にすむ小人の一家と人間の少年との交流を描いたファンタジーアニメーションだ。企画・脚本を宮崎駿が担当し、監督は数々のジブリ作品の原画を担当してきた米林宏昌が務めている。西友...
映画『借りぐらしのアリエッティ』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、米林宏昌。企画、宮崎駿。脚本、宮崎駿、丹羽圭子。プロデューサー、鈴木敏夫。
借りぐらしのアリエッティ (Akira's VOICE)
飽きのこない「あっさり爽やか味」  
『借りぐらしのアリエッティ』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト 「借りぐらしのアリエッティ」□監督 米林宏昌 □脚本 宮崎 駿 □原作 メアリー・ノートンT( 「床下の小人たち」)□キャスト(声の出演) 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林■鑑賞日 7...
借りぐらしのアリエッティ (The Borrowers) (yanajun)
アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』です。企画・脚本は宮崎駿さんが担当し、監督はジブリで1番上手なアニメーターとして評判の米林宏昌さんが務めています。 先日、...
借りぐらしのアリエッティ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
いつも注目してしまうジブリ作品を鑑賞―【story】古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家のアリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよ...
『借りぐらしのアリエッティ』完成披露試写会@東京国際フォーラムホールC (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
こちらも行きました『借りぐらしのアリエッティ』舞台挨拶×2@TOHOシネマズスカラ座&「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」企画・脚本:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」東京国際フォーラムホールCで行われたスタジオジブリ最新作『...
借りぐらしのアリエッティ(2010) (銅版画制作の日々)
 人間に見られてはいけいない。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。実は仕事で利用者さんと一緒です。夏休みの日曜日ということもあって映画館は、ポケモン、アンパンまん、トイ・ストーリー3は完売状態。もちろん本作も完売状態寸前でした。まあそれにしてもこんなにこみこみ...
借りぐらしのアリエッティ (映画的・絵画的・音楽的)
 たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その家に病気療養しに来た少年・翔との交流を中心に展開されます。 ...
映画「借りぐらしのアリエッティ」 (Andre's Review)
  借りぐらしのアエリエッティ 日本 2010 10年7月公開 劇場鑑賞 小学校の時にトトロが公開されたようなジブリ世代なもので、ジブリの新作と聞くとやはり心躍ってしまいます。 心臓の手術を控えた少年、翔は療養のために大叔母の暮らす屋敷に1週間滞在することになる。屋...
借りぐらしのアリエッティ (2010) (白ブタさん)
言わずと知れた、ジブリの新作☆
『借りぐらしのアリエッティ』 なぜベンツに乗っているのか? (映画のブログ)
 ジブリのアニメが好きだと云う人がいるが、それは本当にジブリのアニメなのだろか?  ジブリのアニメが好きな人に具体的な作品名を聞くと...