ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

ドアレバーの緩みを締める

2016-10-15 17:26:43 | 観察
長く使っているとドアレバー(ドアノブ、ドアハンドル)がガタついてくる。

ガタガタ音がするほどではないし、使っていて不快というわけでもないが、
気になると言えばなる。
というか、実はマンションの管理会社の広報誌に「ドアレバーのぐらつき」と
題した記事があり、言われてみればぐらついている、と気づいた次第。



早速試してみた。

ネジはドアの左右必ずしも同じ位置ではないが、
片方のレバーの根元付近についている。




+のドライバーで取れる。
(外したネジは特殊な形状なので無くさないように注意)

ネジを外した方のレバーを引き抜く。



反対側も取る。反対側にはネジはない。



続いて名称は分からないが根元にある(うちのは)金属のキャップ。
切欠きがあるので、-ドライバーの先端で押して外す。


この角度だと-ドライバーが使いにくい。
ドライバーを「てこ」として使うなら、ドアの外側からのほうが楽だが、
ここはこちら側にしか切欠きがないのでしょうがない。
ドライバーは先っぽだけで十分、あまり深く押し込まなくてもいい。



出てきたパーツのねじを締める。



ネジの構造は下の図のようになっているので、片側だけを締めすぎると
反対側のねじが届かなくなるので注意。

そうなった場合は反対側のキャップも外して、ネジ全体を取り出して調整する。

がたつきがなくなれば、レバーを元に戻し、レバーのねじを締めて終了。


レバーやキャップが結構汚れていたので、ついでに軽く磨いて汚れを落とす。

最もがたつきの大きかった一カ所をやると、ほかのドアレバーも気になって、
結局全部やってしまった。
といっても6カ所だけですけど。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝の東京スカイツリー、201... | トップ | MLB、2016/10/14 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。