ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

台車のキャスター交換、その3(完結編)

2017-04-25 16:15:09 | 日曜大工
(今までの経過)
我が家で使っている台車のタイヤが4輪ともひび割れしているのに気づき、
キャスターの交換を考えた。

キャスターには多くの種類があり、サイズもいろいろあることが分かった。
最も肝心な台座のボルト穴位置を測ったが、正確にはよくわからない。

そこで、取り外したキャスターを1つ持って、最も品数が多いと思われるビバホームに行き、
実際に販売されているキャスターと突合してみた。
その結果、台座のサイズが、40×63mmと判明したが、あまりにも高い。
(自在車2、固定車2の1セットで6千円強)

しかも、売っているタイヤの径は65mm。
台車についているものは100mm。

これでは古いものを廃棄して新しく買うほうが安い。
ちょっとがっかりしてしまった。

***(ここから今回のお話)

ネットには多種多様の台車のキャスターが売られているが、
なかなかぴったりのものが見つからない。

あるサイトには7000余のキャスターが一覧として載っていたが、
価格しか並べ替えキーがなく、台座サイズはもちろん、材質やタイヤ径など
絞り込みも並べ替えもできないので、見つけられなかった。

もう新品の台車買うかと半ばあきらめ気味で、念のため、再度Amazonで探したところ、
何とこれがヒット。今まで見つからなかったのに。

台座穴のサイズ40×63mm、タイヤ径100mm(100Φ)
ゴムの色は赤だが、サイズはぴったり。
しかも、自在車、固定車とも在庫2!
価格は自在車、固定車がそれぞれ2つで2800円ほど。

で、23日に注文。
注文時には在庫は2つずつあったはずだが、確認メールでは自在車在庫なく、
別々に発送で自在車は入荷後発送とのこと。
なんだよ、と思いつつ待つことに。

しかし、よく4/24、全部まとめて発送するとの連絡があり、
本日(4/25)届いた。

さっそく開梱。


今のキャスターとボルト穴ぴったり。


タイヤ径も同じ、ゴムの色は違うけど。


前回、CRC556をかまして4輪とも外れることは確認済み。


ぴったりはまる。


4輪とも交換して完成です。


捨てずに済みました。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全米週末興行ベスト10  2... | トップ | 映画「バーニング・オーシャン」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。