ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

映画、VoD「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

2017-05-12 16:02:19 | 映画感想
「アライグマがどうもなじめない」との理由で未見だったのだが、
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」を見るつもりなので、
前作をおさらいしておかねば、と思いHuluで鑑賞。



クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デーブ・バウティスタ、
ブラッドリー・クーパー、ビン・ディーゼルの2人は声のみ。



子供のころ、母の死に目に会いながら、その死を受け入れられなかったピーター・クイルは、
泣きながら外に出て宇宙船にさらわれる。



20年後、ピーター・クイル(クリス・プラット)はトレジャー・ハンターになっており、
オーブの入った球体を盗み出した。
ピーターは売りさばき先のザンダー星へ移動するが、闇の存在から命令を受けたローナンの部下の
ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)に追われる。

さらに、故買屋に追い出され、アライグマに改造されたロケット(声:ブラッドリー・クーパー)と
その相棒で、樹木型のグルート(声:ビン・ディーゼル)にも追われ、大騒ぎとなる。

結局4人とも逮捕され、脱出困難な極悪犯用の監獄に入れられる。
そこにはローナンへの復讐に燃えるドラックス(デーブ・バウティスタ)がいて
なんだかんだあって、ロケットの作戦で監獄から脱出する。

一行は、買主であるティバン・ザ・コレクター(ベネチオ・デル・トロ)のところに行き、
球体に隠されたオーブが強大な力を持つインフィニティ・ストーンの一つだったと知る。

また、なんだかんだあって結局球体はローナンに奪われてしまう。
ローナンはそれを使ってザンダー星を破壊しようと考える。

ピーターはザンダー星に警告を出し、ロ―ナンを迎え撃つ準備をさせる。

果たして、ピーターと仲間たちはザンダー星を破壊から救うことができるのだろうか。



「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の結成編。
それぞれがバラバラだった5人(4人と1体)がチームとして結束し行動するに至る過程を描く。

緑人間と「アライグマ」というキャラになじめず未見だったが、
「リミックス」を見るつもりなのでおさらい。

グルートが元々出ていたことは知らなかった。

次作のベビー・グルートのいきさつも理解したし、「アイム・グルート」もわかった。
反目後融和、協力して強大な敵に立ち向かう定番の展開で面白いっちゃ面白いが
ありきたりっちゃありきたり。

それぞれが勝手に行動して最後は個々の能力を生かして・・・・と
「スター・トレック:BEYOND」でも見た展開。

宇宙が舞台でコラテラルダメージも所詮は他人事(ひとごと)で、
お気楽に見れる娯楽大作。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画、試写会「ブラム BL... | トップ | アゲハ、そして、何? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー★★★.5 (パピとママ映画のblog)
犯罪歴のあるメンバーによって構成された、マーベルコミックス発の異色のヒーロー集団を映画化したSFアクション。無限の力を持つパワーストーンを盗んだ主人公が、刑務所で出会っ......