ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

レッドソックス、ALCSを制す。松坂大輔PS初勝利。

2007-10-22 13:20:19 | 野球
大リーグ、ポストシーズン(PS)、
アメリカン・リーグ・チャンピオン・シリーズ(ALCS)、
ボストン・レッドソックス対クリーブランド・インディアンズの第7戦。

先発の松坂大輔は、5イニング、2失点だった。

レッドソックスは、1回からチャンスを作りながら1点ずつしか入らない。
それでも3回までに毎回得点で3点。

一方のインディアンズは4回5回に1点ずつ返し、5回を終わって3対2。

松坂大輔は勝利投手の権利は持ちながらも緊迫した試合が続く。

6回からは岡島が登板。
7回表のインディアンズはサードのエラーから、1死1、3塁としたが、
続くバッターが3塁併殺打で得点なし。

その裏、レッドソックスは同じように3塁のエラー、
こちらはチャンスをものにし、本塁打で2点追加。

8回表は、岡島がアンラッキーもあって、無死1、2塁で降板したが、
パベルボンが後続を切り、インディアンズを無得点に抑える。

そして、その裏レッドソックスはダメ押しとなる大量6点を取って、
勝利を確信したオルティスが早々と水中眼鏡で武装する余裕を見せ、
9回のインディアンズは得点なく、結局11対2でレッドソックスの勝ち。

これで、ワールド・シリーズは、
ボストン・レッドソックスとコロラド・ロッキーズの対決になった。

これで、松坂大輔はポストシーズン初勝利。

投球内容は、5イニング、打者20人に対して88球、6安打、2失点、
3三振、無四球だった。

各回の投球は、
1回表、
 セカンドフライ、セカンドゴロ、空振り三振。
 3者凡退。

2回表、
 サードライナー、サードゴロ、サードゴロ。
 3者凡退。

3回表、
 ライトフライ、セカンドフライ、センター前ヒット、空振り三振。
 1安打無失点、なお、暴投で走者を2塁に進めた。

4回表、
 ショートフライ、右中間2塁打、ピッチャーゴロ、
 センターオーバータイムリー2塁打、ショートゴロ。
 2安打1失点。

5回表、
 センター前ヒット2塁で憤死、センター前ヒット、ライト前ヒット、
 センター犠牲フライ、空振り三振。
 3安打1失点。

岡島は、2イニングと0/3、打者9人に対し25球、3安打、無失点だった。

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アゲハチョウの蛹 | トップ | アンケートシステムの不具合... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。