ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

KFS-500 レタッチ、ビフォア/アフター

2017-04-03 18:07:51 | IT
ネガフィルムを見ても色焼けしているかどうかはよくわかりません。

現像に出したときについてくるケースに入れたまま、箱に入れて保管してました。
10年、20年、30年くらい前までのフィルムを同じ箱に入れてました。

退色しているとともに、白が黄色飛びしているものがある。
例えばこれ。

1995年だから22年前ですね。

最もひどいのはこれ。

空が黄色いだけでなく、背景の緑も飛んじゃって、人の顔色も変。
ま、激しいピンボケですが。

かと思うと全く黄色がかっていないものも。

15年くらい前の写真だと思います。

これは少しレタッチして鮮やかにしました。


リサイズしているので、元の画素で表示するとこんな感じ。
オリジナル。


レタッチ後。


ところで黄色はいじることで多少は改善できます。
例えばこれ。
元の画像。


レタッチ後。

黄色を飛ばすとともに、シャコバサボテンの色も少し鮮やかにしました。

白が黄色になっているものはまだやりやすいのですが、最初にあげた
駐車場が全体に黄色くなっているものは難しい。

黄色は、何とか落ちましたが空の色も薄まった。

空全体が黄色いのはこれが精一杯か。

看板に回り込んだ黄色までは消せませんでした。
(どうせピンボケだし、いいんですが、どの程度できるのかのテストです)

いずれにしてもレタッチ(加工)は使っているソフトの性能もあるんですが、
時間がかかるので、全部やるのは到底無理。
『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« USLPGA、ANAインスピレー... | トップ | 今朝の東京スカイツリー、201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。