ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

区からの助成金

2017-07-13 20:50:21 | 手続き
区から助成金交付のご案内が来た。

実は全く同一の内容のご案内を4月にも頂いていたのだが、
それにはいろいろと交付の条件があり、4月時点では前年度の
こちら側の状況(税やら社会保険やら何やら)が確定していないので、
条件に合致しそうな人全員に送っているということだった。

それはそれはご丁寧にありがとうございます、という感じだったが、
こちらもまだその条件に合致するかどうかがわからないと言うか、
どうも助成金交付の対象になりそうもない。

申請して仮に交付になっても後から対象外だと分かったら返さなくてはいけないし、
条件等が確定してからでも申請期限に間に合うのでので放っておいた。

決算時期が過ぎていろいろな数字が確定していく中で、残念ながら
助成金の対象から外れることが分かった。
とても残念だが、決まりだからしょうがない。

ところが、また同じ内容で助成金交付のご案内が届いたというわけだ。
区報によれば、助成金を申請しなかった人に送っているらしい。

交付の条件に合致するかどうかは区でもわかることであり、4月時点では
推定で広めに網をかけるのは常套手段というかむしろ当然だが、
数値が確定した今になっても送ってくるのはどういうわけだ。

条件に合致するかどうかが複雑で個々に細かい審査が必要ならともなく、
いつくかのフィルターは1か0かで判断がつくようなことであり、
区でも十分わかるというか、簡単にフィルタリングできる条件に思える。

送付対象を選別するときに簡単なチェックを1つ2つ追加すればいいだけのはずで、
プログラムの改修が仮に必要だとしても、何十万もかかるような話ではなかろう。

そもそも、最初に作り込んだときに追加で条件設定ができるようにしておけばよい。
なのに、申請しなかった人全員に再送付するのはどういうことだ。

4月時点ではご丁寧にありがとう、だったし、対象外とわかった時は残念だ、ですんだ。
しかし、端から対象外とわかっていて「申請してね」はないだろう。
どうせ申請しても「はい、あなたは対象外です」と言われるだけなのに。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝の東京スカイツリー、201... | トップ | アシナガバチの狩り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

手続き」カテゴリの最新記事