ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

映画「ホワイトハウス・ダウン」

2013-08-26 22:02:58 | 映画感想
2013/8/24、109シネマズ木場、スクリーン5。

スクリーンがシアター真ん中より右に寄っているので、
座席は中央席より2つくらい右が丁度スクリーンの中央になる。

結構な入り。



チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、
マギー・ギレンホール、リチャード・ジェンキンス。

**

ジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、
ラフェルソン下院議長(リチャード・ジェンキンス)付きのSP。
SS(シークレット・サービス)、中でも大統領警護官への就任を希望している。

離婚した妻メラニーとの間に娘エミリー・ケイル(ジョーイ・キング)がいるが、
娘との約束を反故にし、機嫌を取るため、警護官の面接当日の
ホワイトハウスのパスを用意してエミリーを連れて行く。

面接官は昔付き合っていた特別警護官のキャロル・フィナティ(マギー・ギレンホール)で、
ボロカスに言われ不合格となるが、そのまま帰らず、ホワイトハウスツアーに参加する。

その頃、すぐ近くの議事堂では、清掃員に化けた男が清掃具に隠した爆弾を破裂させる。
議事堂への爆弾テロ。
ホワイトハウスでも非常態勢が敷かれる。

定年間近の主任大統領警護官、マーチン・ウォーカー(ジェームズ・ウッズ)の指示で、
ホワイトハウスは閉鎖される。

しかし、その時すでにテロリストの別働隊が改修工事の作業員に化けて
ホワイトハウスの中に入り込んでいた。
彼らは隠し持った武器を取り出し警護官を次々に射殺し、一般人を人質とする。

たまたま、地下1階のトイレに行っていたエミリーは一旦は難を逃れるが、
エミリーを探そうとしたジョンは部屋を脱出する。

PEOC前でウォーカーの裏切りに遭っている
ソイヤー大統領(ジェイミー・フォックス)を救出し、行動を共にする。

孤立した二人は無事に脱出できるのか。

裏切ったウォーカー、テロリストの目的はなんなのか。



ホワイトハウスが襲われ、制圧されるまでには時間がかかり、
その部分は丁寧に描かれる。

当初ホワイトハウス内部に敵がいるとは思わず、外部攻撃に備えている間に
内部で敵襲が成功してしまう。

大統領とジョン・ケイルが合流するまではかなり時間がかかるが、
軍経験のない大統領もそこそこ活躍する(とはいえ超人的活躍ではない)

やや説明不足だったのは、大統領権限継承についてで、
副大統領は大統領の退任、死亡で大統領となるが、
下院議長は大統領代行に過ぎない。
宣誓などはあるとしても即、大統領になれるわけではない。

ジャベリンと呼ばれる携行型のミサイルにはにはイギリス軍の地対空ミサイルと
アメリカ軍の対戦車ミサイル(ヘリ攻撃も可能)があるが、映画に出てくるのは後者。



妻とは離婚したと言っていたはずだが、エミリーは父の姓を名乗っている。
母親と違っているんだろうけど、ややこしくないのか。
夫婦別姓で慣れているのかな。

旗振りが布石になっているとは思わなかった。

**

設定から展開まで細かい部分は違うにせよ、
ここまで酷似した映画とは思わなかった。

同じ企画書によって脚本を書いたが脚本家が違ったので2種類できた、
くらいの差に思える。

大きく違うのは、大統領はただ捕まっているだけか、一緒に戦うかと、
子供が大統領の子か、SPの子かぐらいか。

そうそう下院議長が悪者か、善人かも違ったけど、
本質的な差とも思えない。

あまりにも超人的な活躍のあちらより、こちらの方が好みにあっている。
(まあ、不死身な点は同じですが)

*~*

・大統領と副大統領が職務執行不能となり、
 ペンタゴンにいた下院議長が大統領代行となる。

・大統領はPEOCにはたどり着くが、裏切り者のせいで味方は壊滅。

・軍はホワイトハウスを包囲するが手が出せない。

・連絡手段は大統領用の衛星携帯電話。

・ホワイトハウス内にいる唯一の味方の正体を知っているのは、
 ペンタゴンにいた大統領警護官の女性幹部。

・軍はホワイトハウス内の味方の進言を無視してヘリ攻撃を仕掛けるが
 ミサイル攻撃を受けて作戦は失敗。(ミサイルは多分、どちらもジャベリン)

・敵は地下トンネルを利用して脱出を図るも失敗し、最後は全滅。

・敵は子供を人質にして大統領を利用しようとし、
 大統領は最後に敵に撃たれるが助かる。

・核ミサイルは味方の活躍でギリギリで回避される。

・最後、主人公は妻と再会を果たす。

*~*

上の*~*の間の部分を読んだだけではどちらの映画か分かりません。


** 議事堂とホワイトハウス **

他所様のブログを読ませていただいて、
ホワイトハウスと議会議事堂を混同されている方が多いのに気付いた。

かくいう我が家も一緒に見た息子が勘違いしていたから、
知らないと案外気づかないのかもしれない。

この映画で最初に清掃員が仕掛けた爆弾で爆破されたのは議事堂。
ドームのある建物です。

中央の円形ホール(ロタンダ)が爆破されました。
(そのため、直上のドームが崩落した)

一方大統領がいるのはホワイトハウス。
こちらはドームがない。
この映画では議事堂に対するテロがあったので、
ただちにホワイトハウスを封鎖したが、
既にテロリストが(作業員に化けて)潜入していた。


丸い外観のバルコニーで有名なのはホワイトハウスの反対側。



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« USLPGA、CNカナディアン女子... | トップ | 今朝の東京スカイツリー、201... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (クマネズミ)
2013-08-30 21:55:40
こんばんは。
クマネズミは『エンド・オブ・ホワイトハウス』を見ておりませんが、「*~*の間の部分」が共通しているとすると、KGRさんが「同じ企画書によって脚本を書いたが脚本家が違ったので2種類できた」とおっしゃるのも、あながち間違いではないように思えてきます。
なお、「大統領と副大統領が職務執行不能」というのは、大統領は死亡、副大統領が行方不明の『ワールド・ウォーZ』とも類似しているところ、超大国のトップがそう簡単にダウンするようでは困りものです!
クマネズミさんへ (KGR)
2013-08-31 09:41:06
同じ企画書を別々の映画会社に持ち込むことはあり得るでしょうが、
両方とも採用され、且つ権利関係で問題にならないですむとも思えないのですが・・・妄想です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ホワイトハウス・ダウン (本と映画、ときどき日常)
監督 ローランド・エメリッヒ 出演 チャニング・テイタム     ジェイミー・フォックス     マギー・ジレホール テロリストにホワイトハウスが占拠された! 大統領警護官志願に面接に来ていた男が、大統領を、そして娘を救おうとするお話。 最初、ちょっと....
ホワイトハウス・ダウン ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
「インデペンデンス・デイ」「2012」のローランド・エメリッヒ監督が、謎の組織にホワイトハウスが乗っ取られ、ワシントンD.C.が危機に陥る様子を描くアクション大作。議会警察官のジョン・ケイルは、大統領のシークレットサービスになるため面接試験を受けるが不採用とな...
ホワイトハウス・ダウン 手に汗握ったけど・・・ね~ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=43 うち今年の試写会5】 朝早い新幹線で品川に帰ってきたので、このまま出勤します、大阪から東京は通勤圏内なんやと思ってしまうのはもちろんまったく勘違いです。  大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)を警護するシークレットサービスを目指....
ホワイトハウス・ダウン / White House Down (勝手に映画評)
ネタバレあり。 今年は、ホワイトハウスを襲撃する映画の競作の年のようです。先に『エンド・オブ・ホワイトハウス(Olympus Has Fallen)』が公開され、こちらの『ホワイトハウス・ダウン』は後追い公開となりました。『ディープインパクト』と『アルマゲドン』と同じ関...
映画:ホワイトハウス・ダウン White House Down  同志向ワシントン破壊系 2発を徹底比較!(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ついこの前に「エンド・オブ・ホワイトハウス Olympus Has Fallen」 が公開されたと思ったら、同方向企画が別配給で。 こうなると、比較採点しないわけにはいかない当ブログ! 以下、5つの指標で、比較してみる。 その × 5は... 1.話のリアル度 2.盛り上がり度 3....
ホワイトハウス・ダウン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ホワイトハウス・ダウン』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)ことさら暑い今年の夏なのでスカッとするアクション物がいいのではと思い、映画館に行きました。  ホワイトハウスをめぐるアクション映画は、もう一つ『エンド・オブ・ホワイトハウス』も公開されている...
『ホワイトハウス・ダウン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ホワイトハウス・ダウン」□監督 ローランド・エメリッヒ□脚本 ジェームズ・ヴァンダービルト□キャスト チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、       ジェームズ・ウッズ■鑑賞日 8月17...
『ホワイトハウス・ダウン』 愛国者の条件 (映画のブログ)
 異星人に制圧された米国と、その解放のために立ち上がる大統領を、米国の独立戦争になぞらえて描いた『インデペンデンス・デイ』(1996年)は、さぞかし米国民の愛国心を高揚させたに違いない。  その迫力あ...
[映画『ホワイトハウス・ダウン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
           ☆いやはや、今年の夏は、娯楽超大作が豊作ですな。  今夜から、『スター・トレック』の新作が先行レイトショーで上映されるけど、私、夜は店を開かなくちゃならないので、本公開を待たなくちゃならない。  で、観るつもりだったけど、後回しと...
ホワイトハウス・ダウン/WHITE HOUSE DOWN (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」「2012」などパニック映画お得意、 ぶっ壊したら右に出るものなしの破壊王、ローランド・エメリッヒ監督最新作 「21ジャンプ・ストリート....
映画「ホワイトハウス・ダウン」 (FREE TIME)
映画「ホワイトハウス・ダウン」を鑑賞しました。
ホワイトハウス・ダウン (銀幕大帝α)
WHITE HOUSE DOWN 2013年 アメリカ 132分 アクション/サスペンス 劇場公開(2013/08/16) 監督: ローランド・エメリッヒ『2012』 出演: チャニング・テイタム:ジョン・ケイル ジェイミー・フォックス:ジェームズ・ソイヤー大統領 マギー・ギレンホ....
ホワイトハウス・ダウン (いやいやえん)
チャニング・テイタムさんを主役に、ジェイミー・フォックスさんを大統領に据えた、「エンド・オブ・ホワイトハウス」に続くホワイトハウス陥落もの。うーんこれは甲乙つけがたい。どちらも娯楽映画として充分に楽しめます。色々被ってるところもあるけど。 しかし「...