ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

映画「バットマン・ビギンズ」

2005-06-23 23:39:06 | 映画感想
本日、見てまいりました。
実は、今週の映画は昨日あったHINOKIOの試写会の予定でしたが、
開始時間を間違えて行けずじまい。

そこで当初から見たかったバットマン・ビギンズに行った次第です。

バットマン映画第5作であるこの映画は、ブルース・ウェインが、
バットマンに変貌していく物語。
ここから、過去のバットマンシリーズにつながっていく。
ある意味、スター・ウォーズ/エピソード3のような位置づけ。

大金持ちのブルース・ウェインは幼い頃、両親を強盗に殺されるが、
長じてバットマンとなり、
ゴッサム・シティの悪を退治する。
これは、今までのシリーズで語られてきた。

では、子供だったブルースは、どうやってバットマンになっていったのか。
これが、この映画のテーマ。

ブルース・ウェイン=バットマンに「マシニスト」でげっそり痩せて
本当に死にかけたクリスチャン・ベール。

執事のアルフレッドは、マイケル・ケイン、

幼なじみのレイチェルにケイティ・ホームズ、

ブルース・ウェインの父で、医者であり実業家でウェイン財閥のトップ、
トーマス・ウェインに「フォーガットン」の謎の男、ライナス・ローチ、

ブルースの両親が殺されたときの担当警官、後にバットマンと対峙する刑事には、
アズカバンの囚人シリウス・ブラックのゲーリー・オールドマン、

影の軍団、総帥ラーズ・アル・グールは渡辺謙、

そのNo.2、デュカードに「スター・ウォーズ/エピソード1」の
リーアム・ニーソン、

対するマフィアのボスは、「エターナル・サンシャイン」の院長、
トム・ウィルキンソン、

ちょっときている悪徳精神科医、クレイン博士に
「28日後」のキリアン・マーフィ、

ウェイン社で掃き溜め部署に追いやられた武器開発係をモーガン・フリーマン、

以下、ストーリーは、予告編とチラシ、雑誌の内容にとどめたつもりですが、
内容を知りたくない方は飛ばしてください。

(展開の順序は映画の通りにしてあります)


***ここから***



物語は、ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)が
中国の監獄で騒動を起こすところから始まる。

ここで出会ったデュカード(リーアム・ニーソン)に誘われ、
ヒマラヤ山中にラーズ・アズ・グール(渡辺謙)を訪れ、
恐れを克服し悪に立ち向かうため、鍛錬を重ねることになる。
ブルースは何を恐れていたのか、それは自分自身だった。

幼い頃、レイチェル(ケイティ・ホームズ)と遊んでいて涸れ井戸に落ち、
こうもりに襲われた恐怖、
そのトラウマが原因で両親を亡くすことになる。

犯人はすぐ捕まり、何年か後、仮釈放のときに復讐で殺そうとしたが、
別の犯罪者に殺されてしまう。
やり場のなくなったブルースは、犯罪者の心理を知るため、
放浪し、盗みを働き、監獄に入れられた。

そして冒頭につながる。

ブルースは、デュカードに鍛えられ、力をつけていく。

ラーズ・アル・グールからは、ゴッサム・シティを破壊するため、
軍団を率いて町に行くように言われる。

しかし、最終的にはラーズ・アル・グールの「影の同盟」と決別し、
ゴッサム・シティに戻っていく。

家に戻ったブルースは屋敷の地下の洞窟を発見し、
ここを基地にしようと考える。
そして、親父がオーナーだった会社のフォックスから新兵器を仕入れて
バットマンと化すのだった。




***ここまで***

バット・モービルはかっこいい。
今までのどのバットマンのものよりすごい。
武器なども説明がもっともらしい。
あのマスクの秘密も明かされる。

字幕:石田泰子、ナイスでした。

バットマンは人間です。
スーパーマンのような超人ではありません。
スパイダーマンやデアデビルのように
普通の人間にない特殊な能力が備わっているわけでもありません。
ひたすら鍛え、科学力も利用しながら悪と戦っているのです。

バットマンは、人殺しをすれば悪と同じになってしまうと言っています。
確かに直接は殺しませんが、結果として怪我をさせ、死なせています。
傷害致死か未必の故意です。
現実の世界では通用しない論理です。

予告でご承知のように忍者が出てきます。
彼らの使う剣は反りがなく、鍔(つば)も四角です。
つまり、本当の忍者刀になっています。

しかし、鞘(さや)は違っています。
皮製なのはいいとして、筒だけでなく両側にひれのようなものがついていました。
鞘尻(さやじり、または石突=いしつき、とも言う)の金具もなかったようです。

なお、通常の太刀(打刀拵=うちがたなこしらえ、
江戸時代の侍の挿す刀の拵え方)では
鞘尻(金具)はなく、ここは鐺(こじり)と呼ぶようです。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PCのディスクレス化 | トップ | 全米女子オープン初日、サスペン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメントありがとうございました (ろーそ)
2005-09-04 12:16:01
今回は発明品が凄かったですよね。

モーガンフリーマンの役所がなかなか面白かったと思います。
まさか (miyu)
2008-02-28 00:31:58
あんな裏側を見せてくれるとは思ってなかったので
とても面白かったです〜。
クリスチャン・ベイルのバットマンも
結構ハマってましたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「バットマン ビギンズ」 (RAKUGAKI)
とにかく前半のバットマン誕生までのストーリーが面白い。 あまりヒーロー物ってその
バットマン ビギンズ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
昨日、会社終わってからレイトショーで観てきました〜。 「蝙蝠男 始」。 前置き。ネタバレしてますので・・・ ふ〜ん、なかなかよかったねー。過去3作と違いちょっと重苦し〜い感じがビギンズらしく。 修行場のチベット(だったっけ?)の山奥。寒そ〜。でもキ
『バットマン ビギンズ』、観ました。 (肯定的映画評論室Blog支店)
またも“アメリカンコミック”のヒーローもの?、しかも、今度は、あのクリストファー・ノーランが『バットマン』を撮るという‥‥、正直、今日初めて観るまでは「ノーランよ、お前もか!」の印象拭えずだったわけではあるが(笑)、観れば納得。積み上げられたプロットと随
バットマン ビギンズ (花ごよみ)
クリスチャン・ベールを主演に迎え、  バットマン誕生の伝説を描く。  自分の目の前で 両親を殺害されたブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は  闇の番人として悪と闘うことを決意する。  バットマン誕生....  人間ドラマを主軸にした構成. 以前の『バット
バットマン ビギンズ (利用価値のない日々の雑学)
「バットマン」というシリーズは、続き物の様でもあり、又一方でシリーズ物でない両面を持ち合わせている。それには色々な要因があって、例えば、監督も途中で変わったり、主人公のバットマンを演ずる俳優が次々に交代しているという部分も大きい。しかし、今回特に大きな変
「バットマン ビギンズ」を観る (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 今日は「バットマン ビギンズ」を観てきた。劇場でバットマンを観るのは第二作「バ
『バットマン・ビギンズ』シリーズ中、最高に面白いバットマン! (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
最も面白い脚本、最も細部までリアリティにこだわったバットマンの、まさに最高傑作です。隅々まで納得のゆく設定、今までのシリーズのイメージを見事に打破した全く新しいオトナな作品に仕上がりました。さあ、ネタバレなしでお話しましょうね。
バットマン ビギンズ (Akira\'s VOICE)
新たな幕を上げたバットマン。 ドラマ性に優れ面白かった!
バットマン ビギンズ (そーれりぽーと)
近頃マーベルコミックの映画化が華やかな反面、そう言えばあんなに人気の有ったDCコミックの雄「バットマン」映画は消えていました。 97年のシリーズ4作目は「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」なんてタイトルで、主役のバットマンよりも敵の“Mr.フリーズ”役アーノル
バットマン ビギンズ (ネタバレ映画館)
 「お菓子をポリポリ食うのはやめろ!ビニールの音は響くんだよ!」と、無神経な客に正義の制裁を加えたくなったが、「報復はただの自己満足よ」というケイティ・ホームズの声が聞こえてきたので思いとどまった・・・  これは、ダークヒーローが原点に戻って、生立ちや誕
生傷の絶えない、人間味あるヒーロー◆『バットマン・ビギンズ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
5月30日(月)完成披露試写会(ピカデリー1)にて 友人の誘いで『バットマン・ビギンズ』の完成披露試写会に潜入した。 今やすっかりハリウッドスターの仲間入りとなった渡辺謙が出演していることが話題になっているアレだ。 スーパーマンとかスパイダーマンとか、空飛
「バットマン ビギンズ」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
ファボーレ東宝で本日公開の話題作『バットマン ビギンズ』を観てきました。 出演は『リベリオン』の「クリスチャン・ベール」、『ミリオンダラー・ベイビー』の「モーガン・フリーマン」、『ウォルター少年と、夏の休日』の「マイケル・ケイン」「リーアム・ニーソン」「
『バットマン ビギンズ』、観ました。 (肯定的映画評論室Blog支店)
またも“アメリカンコミック”のヒーローもの?、しかも、今度は、あのクリストファー・ノーランが『バットマン』を撮るという‥‥、正直、今日初めて観るまでは「ノーランよ、お前もか!」の印象拭えずだったわけではあるが(笑)、観れば納得。積み上げられたプロットと随
『バットマン ビギンズ』を観てきた。 (映画観たよ(^^))
『バットマン ビギンズ』を観てきた。 公開初日だというのに私の見に行った劇場は半分も入っていない。 というか3割くらいしか埋まってない。バットマンってこんなもんなの? 身の回りにバットマングッズがたくさんある映画バットマンフェチとしてはいささか不満。 さ
バットマン・ビギンズ (シカゴ発 映画の精神医学)
 娯楽映画というよりも、文芸映画。  私の感想を一言で言えばそうなる。  主人公ブルース・ウェインが、バットマンになるまでの過程を、しっかりとした人間描写で見せていく。その映像スタイル。音楽。編集。映画の前半部は、文芸映画の荘厳さと、重厚さを持っている。
ホステージ (シカゴ発 映画の精神医学)
   ブルース・ウィリス主演の「ホステージ」。  予告編を見る。人質犯とのネゴシエーター(交渉人)であるジェフ(ブルース・ウィリス)。しかし、大きな失敗によって、田舎の警察署へ左遷。偶然にもそこで、立てこもり事件が起きる。幸い、人質となった少年と携帯で連絡
バットマンビギンズを観てきた (ワタシ的素敵な暴言)
TBさせて頂きます♪(゚▽^*)ノ⌒☆ バットマンビギンズ観てきました。 豪華キャストで見応え充分。 バットスーツにバットモービルかっこえかったぁー
『バットマン ビギンズ』 (京の昼寝〜♪)
■監督 クリストファー・ノーラン■キャスト クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマン、ルトガー・ハウワー、渡辺謙、ケイティ・ホームズ 目の前で両親を射殺された後、ゴッサムの路上で起きたあの晩
映画・バットマン・ビギンズ(BATMAN・BEGINS) (B級カメラマンのLET IT BE!)
見てきました、見てきました!公開中の映画BATMAN・BEGINS(バットマンビギンズ)日本の俳優・渡辺謙さんが出演してるのでも話題ですが今回WB(ワーナーブラザース)の映画としては5作目なんですが、今回は今までの続きではなく、タイトルの通りBEGNS(
バットマン・ビギンズ (impression)
ゴッサム・シティの大富豪の御曹司として、幸せな少年時代をおくっていたブルース・ウェインの人生は、目の前で両親が殺されて以来、一変した。悲劇の発端を招いてしまった罪悪感、抑えがたい犯人への復讐心、父から受け継いだ善行への使命。さまざまな葛藤を抱え、ブルース
「バットマン ビギンズ」評/バットマンになるしかなかった男 (I N T R O+blog)
『バットマン ビギンズ』(05/アメリカ/クリストファー・ノーラン) Text By 膳場 岳人  総じて面白い映画と言っていいと思う。でも、他人に勧められるかといえば結構難しい。観ている間はずっと重苦しい気分に支配されるし、肝心のアクションシーンも、出来不出来の差が
映画『バットマン ビギンズ』 (Trace Am\'s Life to Success)
ネタバレはないはずです.バットマンシリーズで8年ぶりに公開された最新アクション大作.この作品ではバットマンとなった主演のブルース・ウェインの秘められた過去を描き,バットマンの誕生過程が明かされる.スターウォーズでいうエピソード1に当たるようなものかな.クリ
バットマン ビギンズ(映画館) (ひるめし。)
その男は[闇]から生まれた―――。 バットマンシリーズはジム・キャリーが出てた「バットマン・フォーエバー」を小さいときにテレビで“観た”記憶がある程度。そんなバットマンビギナーの私でも楽しめるのから?と半信半疑なから観賞〜。(世間では結構評判がいいみたいだけ
バットマンビギンズ見たよ (わにわにしちょし)
地球育ちの宇宙人スーパーマンや、生まれながらのミュータントのX-MEN、蜘蛛に噛まれて特殊能力を身に付けたスパイダーマン、放射線を浴びて巨人に変身出来るようになってしまったハル
バットマン・ビギンズ 今年の219本目 (猫姫じゃ)
バットマン・ビギンズ おもしろかった!! ブルース・ウエインがバットマンになるお話し。実はあたし、バットマンって、あまり好きじゃなかったのです。だから、今までの映画も、一応見てはいるものの、よく覚えていません、、、でも、これはおもしろかった。今までのも、.
バットマン ビギンズ (Rohi-ta_site.com)
DVDで、クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマン、渡辺 謙 出演の「バットマン ビギンズ」を観ました。 ●ストーリー ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)は、ゴッサム・シティの大富豪の御
バットマン ビギンズ (坂部千尋のsparrow diary)
 新生バットマンシリーズ第1弾とも言われるこのバットマン・ビギンズ{/kaminari/}観てから少し時間が経ってしまいましたが、とりあえずひと言で感想言うならやっぱりヒーロー大好き{/ee_3/}って感じです{/nezumi/}スパイダーマンなんてもう結婚したい位好きだし{/hiyo_en1/
バットマン ビギンズ (WILD ROAD)
『バットマン ビギンズ』 2005年アメリカ(140分) 監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル    マイケル・ケイン    リーアム・ニーソン    モーガン・フリーマン    ゲイリー・オールドマン ★ストーリー★
バットマン・ビギンズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 実を言うと「バットマン」シリーズは大好きなんです。特にティム・バートン監督の「バットマン」と「バットマン・リターンズ」が好きなんですが、この「バットマン・ビギンズ」でバットマンを務めるクリスチャン・ベイルが会見で「これまでのバットマンは観てません」...