ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

試写会「おくりびと」

2008-08-04 16:24:41 | 映画感想
2008/8/2、有楽町朝日ホールでの開催。

最近は並ぶのが嫌で、開場前に行くことは少なくなった。

それにしても今回は遅かった。
開演ぎりぎり、5分前のベルが鳴った後に到着。
中段から上は満席だが、いつも前方の席を選んでいるので中央の席を確保できた。

**
 
本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史

**

冒頭は、地吹雪の中、車で移動する本木雅弘と山崎努。
本木雅弘の語りで話が始まる。

2人は納棺師、この日も死者に死に装束を着せ、死に化粧をする。
山崎努の「やってみるか」の声に本木雅弘が「納棺の儀」を執り行う。

話は何カ月か遡る。
オーケストラのチェロ奏者だった小林大悟(本木雅弘)は突然の解散で失職し、
山形の田舎に帰ることに。

大切なチェロも売り払い、妻でウェブデザイナーの美香(広末涼子)とともに、
空き家だった実家で暮らす。

とりあえずの職探し、「旅のお手伝い」との謳い文句に
NKエージェンシーを訪ねる。

そこは納棺(NK)業、「安らかな旅立ちのお手伝い」がうたい文句だった。

採用にはなったものの、美香には冠婚葬祭業と言葉を濁す。

まずは、納棺師のアシスタント、
孤独死で腐乱状態にある死体の処理をしたり、
「納棺の儀」のモデルをしたり、
耐えられないような経験もするが、
佐々木社長(山崎努)の仕事ぶりを見るにつけ、
大悟は納棺師に入れ込んでいく。

しかし、妻は大悟の気持ちを理解せず、実家に帰ってしまう。

一人ぼっちになっても、大悟は納棺師の仕事を辞めようとはしない。

死者の尊厳を守り、遺族にも安らぎを与え、死出の旅路を演出する納棺師。

人の死で食っている、もっとましな仕事をしろなどと罵る人々も、
葬儀で納棺師の仕事に接して、感謝するのだった。

**

真面目に「死」と向き合った良作。

さまざまな死があり、さまざまな別れがある。
「死」を必定のものとして受け止め、別れを演出する。

もちろん笑いもあるのだが、受け狙いでなく、好感が持てる。

本木雅弘の演技は秀逸、山崎努との掛け合いもとてもいい。
一生懸命のシーン、茫然となるシーン、
表情と動きがとても自然で見入ってしまう。

NKエージェンシーの事務員に余貴美子、
同級生の母で銭湯をやっている吉行和子、同級生の息子、杉本哲太、
その銭湯の常連の笹野高史、
最後にセリフはないが峰岸徹が重要な役で出演。

実際に身内が死んだ人であれば、
この納棺師的な仕事があることは知っていようが、
遺族の目の前で「納棺の儀」を執り行う地方はどのくらいあるのだろうか。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全米週末興行ベスト10  2... | トップ | アゲハ、8/5、久々の羽化 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました。 (ミモザ★島崎由美子)
2008-08-15 23:39:51
「おくりびと」試写会のコメントをありがとうございました。
試写会は時間に行けばいいとばかり思っていましたが
並べばいい席を選べることが分かりました。

九段会館ホールの3Fで観ました。

酷暑の折お元気でお過ごしください。
ありがとうございました。
ミモザ★島崎由美子さんへ (KGR)
2008-08-15 23:44:18
>九段会館ホールの3F
それは大変でしたね。

でも九段会館ならどこの席でも
たいして変わりません。

良い席よりも良い会場を選ぶ方が大事かも。
TBありがとうございました。 (Tea)
2008-08-24 22:28:15
先日はコメントとTBありがとうございました。
先日映画を観てきました。
観終えた後、心に温かいものが残る素敵な映画で感動しました。
Teaさんへ (KGR)
2008-08-25 00:41:07
「死」を正面からとらえた真面目な映画ですね。
改めて肉親の死や葬式の意味についても考えさせる、
そんな気がしました。
真面目に (miyu)
2008-09-20 21:41:29
死と向き合うとおのずと生が浮かび上がってくる。
そんな感じを自然に受け止められましたね。
笑いもなかなかツボをついたセンスのある笑いで
下品過ぎずに笑えるものが多くて良かったですよね。
miyuさんへ (KGR)
2008-09-20 22:14:02
>センスのある笑いで
同感です。

思わずくすくすと、自然と笑えてしまう、
そんな感じでした。
Unknown (たーくん)
2008-10-11 14:14:17
お久しぶりです。同じ会場で試写だったようですね~
私は最前列真ん中辺りにいました^^
劇場公開まで一カ月半空いていたのでシネコンで再鑑賞しました。
もっと認知され尊敬される職業になってほしいものですね。
たーくんさんへ (KGR)
2008-10-11 16:27:18
たーくさんご覧になってますね。

>最前列真ん中辺りにいました

私は会場にもよりますが、やはり前方ですね。

ただ、行く時間がいつもぎりぎりなので、
最前列に座れることはなかなかありません。
Unknown (moriyuh)
2008-12-02 01:14:08
こんばんは。
いつもTBありがとうございます。
お返しが遅くなりすみませんが、よろしくお願いいたします。

>真面目に「死」と向き合った良作。
さまざまな死があり、さまざまな別れがある。
「死」を必定のものとして受け止め、別れを演出する。

とても温かく「死」というものを受け入れられた作品です。ここ数年の中ではかなり秀作ですね。

今年は「生と死」を考える作品が多かった(と感じる私)中、「死」というものに対する考えが変った方が多かったのではないと思えます。

私ももちろん、その一人ですけれどね。

年内にできれば、もう1度観てみたい作品です。


moriyuhさんへ (KGR)
2008-12-02 01:30:03
TB/コメントありがとうございます。

丁寧に作られた、いい映画でした。
こんにちは~♪ (由香)
2009-10-10 12:11:37
お邪魔します♪
遺族の目の前で納棺の儀を行う地域はどのくらいあるのでしょうね。
私は春先に義母を亡くしましたが、その時に死に化粧は私と妹で致しました。ですが、その後は葬儀屋さんが取り仕切ってくれて、、、今ではみんな葬儀屋さん任せのところが多いのでしょうね。

>本木雅弘の演技は秀逸、山崎努との掛け合いもとてもいい
私もそう思いました。
お二人が納棺の儀をされている時は涙が出てしまいました。美しかったし清らかでした。
由香さんへ (KGR)
2009-10-10 13:13:37
>納棺の儀
仙台の近くで遭遇経験があるとの書き込みがありました。

「様式美」が死者に尊厳を与えているというか、
死者の尊厳を尊重しているというか、
そういう感じでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
おくりびと@試写会 本木雅弘・広末涼子・山崎努‥ (ネット社会、その光と影を追うー)
「私の夫は、納棺師/おくりびとなんです」。納棺師と
おくりびと (Days)
  試写会が当たりました。 ちょっと悲しいストーリーなのかと思ったら、笑いの要素もあるようです。 評判が良いようなので見るのが楽しみ♪ 日程・媒体が違う試写状が3枚届きま
「おくりびと」を観る (紫@試写会マニア)
先日お招きを頂いた、リニュアル・新宿ピカデリーで「おくりびと」を観てきました。 山崎努・本木雅弘・広末涼子・余貴美子・・・素晴らしいラインナップの俳優陣。観る前から期待が高まりましたが、その期待を何倍にもして返してくれた今年度最高ランクの邦画で、温もり...
いってらっしゃい (MESCALINE DRIVE)
最盛期が嘘だったかのように一時期はその消息がつかめなかった広末涼子だが、最近はドラマに映画にCMにと、活動の場を広く求めているようだ。女性は離婚後に仕事に走ると島田紳助が云っていたなあ。「おくりびと」を試写会で観た。
「 おくりびと  (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【おくりびと】2008年9月13日公開 監督 : 滝田洋二郎 ...
「おくりびと」モントリオール世界映画祭でグランプリ (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
「おくりびと」モントリオールでグランプリ(サンケイスポーツ) - goo ニュース このほか、君塚良一が監督も務めた「誰も守ってくれない」が脚本賞を受賞。 ちなみに審査員は、審査員長にアメリカのマーク・ライデル監督の他、 カナダ、チェコ、中国人の監督、フランス人...
『おくりびと』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
昨日は新橋のヤクルトホールに『おくりびと』の試写会に行ってきました。おりしも第32回モントリオール世界映画祭でのグランプリ決定のニュースを聞いた中での鑑賞だったので、とってもタイムリーな鑑賞になりました。先月、松竹オンラインさんからいただいた試写会をフイ...
おくりびと (まぁず、なにやってんだか)
ニッショーホールで「おくりびと」の試写会を観てきました。 今まで知らなかった職業「納棺師」。小林(本木雅弘)が納棺師の会社に転職して、仕事のプロになる姿を描いた映画だと思って観にいったところ、それだけではなく、とても深~い映画でした。 前半は小林が...
『おくりびと』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
求人広告を手にNKエージェントを訪れた大悟は、社長の佐々木から思いもよらない業務内容を告げられる。それは“納棺”、遺体を棺に納める仕事だった。戸惑いながらも、妻の美香には冠婚葬祭関係=結婚式場の仕事と偽り、納棺師の見習いとして働き出す大悟。美人だと思った...
『おくりびと』 (・*・ etoile ・*・)
'08.09.08 『おくりびと』(試写会)@シビックホール これは見たかった! さんざん試写会応募してハズレまくった(涙) やっとYaplogで当選! 「チェロ奏者の大悟は楽団の解散で失業。妻の美香と共に故郷の山形に帰ってくる。求人広告で見つけた会社に就職が決まるが、....
『おくりびと』 (Sweet*Days**)
監督:滝田洋二郎 CAST:本木雅弘、広末涼子、山崎努 他 モントリオール国際映画祭 グランプリ受賞 チェロ奏者だった大悟(本木雅...
【おくりびと】 (日々のつぶやき)
監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、山崎努、広末涼子、笹野高史、余貴美子、吉行和子 「オーケストラが解散され無職となったチェロの演奏者だった大悟は妻の美香と故郷に帰った。就職活動をして採用されたのはNKエージェント、納棺師としてだった。 最初は嫌々だ
【おくりびと】 (+++ Candy Cinema +++)
【監督】 滝田洋二郎  【脚本】 小山薫堂   【音楽】 久世譲   【公開】 2008/09/13  【上映時間】 2時間10分  【配給】 松竹 ...
「おくりびと」 (ハピネス道)
来年のアカデミー賞、外国語作品賞部門に日本代表として出品されることが決まったと聞いてとりあえず観ておくか…と思い劇場に足を運びました。主演の若手二人が、ちょっと苦手なタイプの俳優さんだったこともありそれほど期待せず観たのですが「これはすごい」と感動して...
「おくりびと」で感動(;θ;) (Thanksgiving Day)
映画「おくりびと」を観てきました。 人の死や職業観、家族を大切にする気持ちなどいろんなメッセージが詰まっていて、考えさせられつつも最後は涙があふれてきました(;θ;) こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ...
おくりびと (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生最高の旅立ちのお手伝い致します。』  コチラの「おくりびと」は、第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞し、さらにはアカデミー賞外国語映画賞の出品作品に決定するなど、にわかに話題となっている”納棺師”を題材とした9/13公開のヒューマン・...
[映画『おくりびと』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆私は、この作品を、滝田洋二郎監督や脚本家の小山薫堂が、文芸作品を狙った作品かと思っていたのだが、かなりのパーセンテージでコメディ要素があり、私は今は痛快なものを見たい気分でこの作品を避けていたのだが、意外(遺骸?)にも、その世界にすんなりと入っていけ...
『おくりびと』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5★...
【2008-212】おくりびと (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 人は誰でも、いつか おくりびと、おくられびと。 キレイになって、 逝ってらっしゃい。
おくりびと (映画初日鑑賞妻)
★★★★ 先日伯母が亡くなって、初めて「納棺式」に出た。 とても緊張した。 この映画は納棺師の仕事ぶりが見事に描かれていた。 日本人独特の死生観も現れている。 賞をもらったのも頷ける。海外で受けるだろうなーと思う。
『おくりびと』@ワーナーマイカル (たーくん'sシネマカフェ)
以前、紹介したシネコン月1回1年間無料鑑賞カード。今月は「パンダフルライフ」にしよう!と思っていたら終了してました。。ということで「ウルトラマン」も捨て難いのですが時間が合わず「おくりびと」に。一度試写(朝日ホール)で観ているのですが2ヶ月近く前(8/2)とい...
おくりびと (音次郎の夏炉冬扇)
私の弟は葬儀会社に勤務しておりまして、1級葬祭ディレクターという厚労省認定資格ホルダーでもあります。だからこの映画、「笑って泣ける」と大評判になる前から気になってはいたものの、なかなか観に行く時間がありませんでした。
【映画】おくりびと (新!やさぐれ日記)
▼動機 連れてってと言われたので ▼感想 美しき日本の様式美 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努...
★「おくりびと」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その1本目。 第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞とか、 アカデミー賞の外国語作品賞出品の日本代表作に選ばれたとか・・・ いろいろ...
おくりびと を観ました。 (My Favorite Things)
ほぼ1ヵ月ぶりのスクリーン鑑賞です。これからもしばらくはこのペースかも?
おくりびと (本木雅弘さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆本木雅弘さん(のつもり) 本木雅弘さんは、映画『おくりびと』に小林大悟 役で出演しています。 第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品ということで、先日、遅ればせながら劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感...
おくりびと (Akira's VOICE)
いのち芽吹く物語。  
mini review 09360「おくりびと」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦。一見近寄りがたい職業、納棺師...
映画『おくりびと』を観て~アカデミー賞受賞作品 (KINTYRE’SDIARY)
9-17.おくりびと■製作:松竹■製作年・国:2008年、日本■上映時間:130分■鑑賞日:2月18日、新宿ジョイシネマ(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:滝田洋二郎□脚本:小山薫堂□製作:信国一朗□プロデューサー:中沢敏明、渡井敏久□....
おくりびと (Addict allcinema 映画レビュー)
キレイになって、逝ってらっしゃい。
『おくりびと』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師という仕事だ...
映画「おくりびと」 (おそらく見聞録)
監督:滝田洋二郎(あれ? 俺とっちゃたよ) 出演:本木雅弘(いいだしっぺ)広末涼子 山崎努(いぶし銀) 出演:余貴美子 笹野高史 峰岸徹 吉行和子 杉本哲太   「安らかな旅立ちのお手伝い」をする納棺師のお仕事を始めた 一人の男。最初は戸惑うが、...
おくりびと (★YUKAの気ままな有閑日記★)
TVで鑑賞―【story】楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は、好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざ...
おくりびと (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[おくりびと] ブログ村キーワード 評価:7.5/10点満点 2009年20本目(18作品)です。 2009年に入ってまだ2ヶ月ですが、早くも20本目に突入しました。 ちなみに、昨年の20本目は「王妃の紋章」で、観賞日は4月28日だったことを踏まえると、いかにハイペースで映画を見...
おくりびと <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
納棺師 って仕事があるってことを初めて知った 葬儀屋さんが全部やってると思ってたけど 葬儀屋さんから依頼を受けて行くんやね人は誰でも死ぬ その時におくってくれる人 安らかな旅立ちのお手伝いかぁすごく身近なテーマと言えばそうやけど 今までに何度も身内の葬...