ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

小名木川護岸遊歩道 クローバー橋から進開橋

2016-12-13 17:07:20 | 地域・コミュニティ
供用開始はもうだいぶ前で何度か歩いたことはあるが、
写真を撮りつつ歩いたのは初めてかもしれない。

ちょっと用事があってライフ猿江店からぶらぶら歩いて帰ったので、
この「水辺の散歩道」を通って帰った。

トップはクローバー橋。
小名木川と横十間川の合流点にX字型に架けられた橋で、両川の東西南北をつなぐ。
その東端から護岸の遊歩道に降りて水辺を東に向かって進むことにした。

降りた地点から西、クローバー橋を望む。


この辺りは幅が狭い。

写真右にスロープもある。

スロープを過ぎると道の幅は広くなるが、先が途切れているように見える。


近づくと折れ曲がっていることがわかる。
正面の橋は水道橋(すいどうきょう)。
今も使っているのかどうかは知らないが、工業用水のはず。
進開橋のすぐ東側にあった水道橋(すいどうきょう)は撤去されてしまった。


ここは以前小名木川を使った水上運搬の船着き場だったらしい。
今も船の乗降場として使えるようだ。


植栽の整備をやっていたので、早々に通り過ぎ振り返って撮影。


今度は鉄橋(鉄道橋)が近づいてきた。
もともとアリオ北砂は、JR貨物の旧小名木川駅跡地再開発でできた施設だ。


貨物駅はなくなってしまったので、貨物の入れ替えとしては使っていないが、
今も日に二度ばかりディーゼル機関車が通過している。
機関車単独だったり、貨物車を何両か引っ張っていたり。

この先、葛西橋通り、永代通りなど平面交差のところがあり、
運よくか運悪くか「踏切」で足止めを食らうことがある。


ここを通過すると奥に進開橋が見えてくる。


遊歩道は進開橋の下を通ってさらに続くが今日はここまで。
なお、進開橋を通る道路は明治通りです。



『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝の東京スカイツリー、201... | トップ | 靴下の毛玉取り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地域・コミュニティ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。