ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

試写会「レッドクリフ PartⅡ」

2009-03-20 16:07:48 | 映画感想
2009/3/19、中野サンプラザでの開催。
開場5分ほど前に到着。
既に一部は入場を始めていた様だが、サンプラザ前の広場は、
入場待ちの人で半分ほど埋まっていた。
意外と少ない?
一階席は7分ほどの入りか。

例によって前から数列目のかなり前方に陣取ったが、
少し見上げる感じとなり、もうちょっと後ろの方がよかったかも知れない。

**

原題は「赤壁(下)決戦天下」
前回も書いたが、「三国志演義」の赤壁の戦いを描いた2部作の後編。

金城武、中村獅童、トニー・レオン、チャン・フォンイー、
チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン、
などなどキャストも当然続投。

***

劇場公開版では、本編の前にPartⅠのダイジェスト版と言うか
「前説」が入るということだったが、
試写でもざっくりとPartⅠのおさらいがあった。
(劇場版の前説と同じかどうかは不明)

曹操(チャン・フォンイー)に追われた劉備(ヨウ・ヨン)は、
孫権(チャン・チェン)と組んで曹操に反撃することに。
孫権の軍師は大都督、周瑜(トニー・レオン)、劉備の軍師は孔明(金城武)、
ともに相手を認めながらもライバル心を燃やす。

かくして、勢いに乗って南下する曹操軍と、赤壁で迎え撃つ劉備・孫権の連合軍は、
長江を挟んで対峙するのだった。

**

尚香(ヴッキー・チャオ)は、曹操軍に紛れ込み、軍勢の様子を探っていた。
おりしも、曹操軍では周瑜らの推測どおり疫病が流行っていた。

PartⅠの最後に登場した白鳩は、尚香から孔明への密書に使われていた。

疫病の死者は100人を超え、曹操は感染を防ぐため火葬しようとする部下を制し、
死体を船に乗せて対岸の劉備・孫権軍に流す。

曹操の思惑通り、死体から武器や所持品を奪う人々に疫病が感染、
劉備・孫権軍の兵士も多くが疫病に倒れる。

そんな中、何と劉備は連合を持ちかけておきながら、
疲弊を理由に2万の兵を率いて夏口まで撤退してしまう。

諸葛亮は赤壁に残るが、軍勢が減り、武器も少ない孫権軍。
体力増強に余念がない曹操軍、
一方、魚油製作など、武器の確保に注力する孫権軍。

周瑜と孔明は再び策略合戦に出る。
すなわち、矢を3日のうちに10万本集めて見せると言う孔明と、
水軍に長けた蔡瑁と劉(?)を謀殺するとする周瑜。
互いにできなければ相手の首をはねると言う。

孔明は、霧に紛れてわらを仕組んだ船で曹操軍に近づき、
矢を射させてこれをまんまと手に入れる。

一方の周瑜は、降伏を説得に来た旧友(名前失念)に、
蔡瑁らが曹操を裏切って周瑜に協力しているとの偽文書を見せる。
果たして、孔明のわら船作戦に偽文書を信じてしまった曹操は、
蔡瑁らを殺害、周瑜の思惑通りとなった。

曹操、周瑜ともに船に火をつける火計を思いつくが、
風は北西から吹き、曹操軍に追い手となっていた。

圧倒的勢力の曹操軍に、友軍を失った孫謙。
そんな中、小喬(リン・チーリン)が一人曹操の陣地に赴く。

果たして小喬の思惑は、孫権は曹操に勝てるのか。

そして、周瑜は孔明は?
決戦開始は刻々と近づいてくる。

**

「三国志演義」が元にはなっているが、
映画オリジナルのストーリーも組み込まれている。
甘興をはじめ、映画オリジナルキャストが何人かある。
尚香が曹操軍に間者(スパイ)として潜入し、
その危機を何度か救う叔財(トン・ダーウェイ) もそのひとりで、
終盤、戦いの虚しさ、庶民の悲哀を強調する役回りだった。

**

PartⅠでは赤壁の戦いに至る経過説明のような感じで、
曹操軍と劉備・孫権連合軍の1度目の戦いまでだったので展開のとろさが目についたが、
今作は正面からの激突で、テンポもよく、迫力満点だった。
多少原作である「三国志演義」と異なる点はあるが、大した問題ではないし、
映画が長いため、多少だれる部分はあるが、総じて分かりやすく、
PartⅠで不評だった人名が字幕で出ることも少なく、見やすかった。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (21)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« USLPGA、マスターカード・ク... | トップ | IE8 »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (BROOK)
2009-04-10 18:28:52
たしかに字幕で人名が出ることが少なかったですね。
直にキャラの下に出ていて、分かりやすかったです。

ラスト付近では、孫権が戦いの虚しさを上手く顔で表現していたように思えます。
はじめまして (あるふぁ007)
2009-04-10 22:21:20
ぼくもレッドクリフPart2観てきました。
ホントに迫力ありましたよね。
でも、あのファイアカタパルトみたいなのが
当時あったのか
見ていてすごく気になりました。
まあ、映画だからいいんですけどね(笑)
BROOKさんへ (KGR)
2009-04-11 11:14:56
今回は各キャラが結構立っていただけでなく、
うまく絡んでいたように思います。

女性陣の活躍も良かったです。
あるふぁ007さんへ (KGR)
2009-04-11 11:21:10
コメントありがとうございます。
戦闘シーンは迫力がありました。

Wikiによれば、
赤壁の戦いは208年。
カタパルトが使われ始めたのは、
紀元前400~300年ころの古代ギリシャ
ということなので、ありえたんではないでしょうか。
いやぁ~ (miyu)
2009-04-11 15:34:31
本当にちゃ~んと見せ場をもってきてくれていて、
面白かったですね~。
確かに長いのだけど、ぎっしりと詰まってた感じで
後半の怒涛のアクションも楽しかったです。
こんにちは! (kira)
2009-04-11 18:53:46
今回「敵を欺くには~」ってコトで仕方が無いですが劉備(←ユウ・ヨンですよね)は
ちょっと損な役回りでしたね。

メインが女性になったことでの面白さもありましたが、
個人的にはパート1の方が面白かったです♪
こんばんは~♪ (由香)
2009-04-12 00:49:54
前作がかなり気に入ったので、今回スゴク楽しみにしていましたが、、、イマイチ盛り上がれませんでした~
ちょっと引っ張られ過ぎだったかなぁ~時々冗長に思えるエピソードがあったかも。
でも、2作品を通しての完成度は高いと思います!!長丁場でも続けて2作品観てみたいです♪
kiraさんへ (KGR)
2009-04-12 11:10:12
コメントありがとうございます。

「ヨウ・ヨン」か「ユウ・ヨン」か、
気になって調べましたが、
公式ページにもパンフにもなく、
Wikiによれば、
尤勇(ヨウ・ヨン または ユウ・ヨン)
とありました。
たぶんその中間くらいなのかも。

由香さんへ (KGR)
2009-04-12 11:13:49
今ちょっと調べてたら「短縮版」があるそうですね。

バラエティ・ジャパンによれば、
>インターナショナル版は1本にまとめられ、
>上映時間も2時間25分に短縮
だそうです。
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-04-12 15:57:21
TB有難うございました。
中盤からのアクションの見せ場の連続に、時間を
忘れて見入ってしまいました。
前半がもう少し締まってくると最高だったのですが。
しかし、勇気、愛、結束力、信じる心。
胸が熱くなる要素たっぷりの映画でした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
Unknown (FREE TIME)
2009-04-12 21:05:16
こんばんは。
TB&コメントありがとうございました。
パート2は登場人物の字幕が少なかったですね。
鑑賞中は全然気になりませんでしたけど。
ド迫力で見応えのある作品でした。
赤壁の戦いよりも、その戦いに入るまでの両軍の駆け引きなどが一番印象的でした。
FREE TIMEさんへ (KGR)
2009-04-13 00:00:51
こちらにもコメントありがとうございます。

名前の字幕、
私自身はたいして気にしてなかったのですが、
皆さんには受けが悪かったようなので、、、。
シムウナさんへ (KGR)
2009-04-13 00:03:13
ぽちっとしときました。

ところで、インターナショナル版があって、
PartⅠ、Ⅱ合わせた短縮版で、
2時間55分だそうですがどうなんでしょうね。
Unknown (Ageha)
2009-04-13 10:14:53
パート1のときは
女性客増大を狙ってか、
映画にとにかく「愛」を盛り込むことを
エイベックスが主張したとかしなかったとか。
トニーレオンとリーチンリンの何シーンかは
正直おまけ映像な感じでしたし(わわわわわ)
それと、私みたく
三国志の知識皆無(!)で
役者目当てに行っても話についていけるような
むっちゃ懇切丁寧な前フリに
これでもかという名前のテロップ。
・・・で、ふたあけたら観客の半分が
女性だったそうで。
映画の前フリ部分はジョンウーが作ったのではなく付け足された映像らしいので
それもよう監督がオッケーしたなという・・・。
で、こんだけ解説したんやから
パート2はもうええやろと。(笑)

敵であっても
殺さなくていい命なら解りあって背を向けたい
家族とか信頼とか
大切にしてほしいものがそこにあって、
そしてここぞというときを逃さない
決断をする勇気。

赤壁という歴史的戦いを追うというよりは
それ自体実は背景でしかなく
パート2は特にそれを強く感じたんですが
一見不必要なシーンを盛り込むことで
メッセージを山盛りこめた映画だったような
気がしました。

Agehaさんへ (KGR)
2009-04-13 11:11:29
映画全般でいえば、
統計的には女性の方が多く観ておられるようですが、
何がどう受けるのか、全く予測がつきません。

ガチガチの三国志ファンが多いのかと思いきや、
というところでしょうか。

女性にも同じくらい三国志ファンがいるのか、
それとも三国志好きの男性につきあって?
とかいろいろ考えちゃいますね。
こんにちは~。 (mana)
2009-04-15 11:36:01
コメントありがとうございました。

>すなわち、矢を3日のうちに10万本集めて見せると言う孔明と、
>水軍に長けた蔡瑁と劉(?)を謀殺するとする周瑜。
>互いにできなければ相手の首をはねると言う。
これは面白かったですね~。
ワクワクする流れに見入ってました。

>その危機を何度か救う叔財(トン・ダーウェイ) もそのひとり。
オリジナルだというシーンも好きでした。
こういう悲恋にも泣かされます。

映画が長いと言うよりも、戦闘シーンがこれでもかと長かった気がしました。
死体の山も大量だったですしね~。
それもこれも「戦争の無意味さ」を知らしめるためだったと思えましたが。

私は三国志をよく知らなかったので、すんなり入り込めて面白かったです。
manaさんへ (KGR)
2009-04-15 15:30:24
こちらにもコメントいただき、ありがとうございます。

物量で見せるのは中国ならではの気もしますが、
死体の山は、どの映画でもやるせないです。
三国志初心者 (悠雅)
2009-04-23 21:30:45
三国志を知らない人ほど、違和感も感じなくて楽しめるのでは、という意見もありましたが、
まさにわたしはその通りに、
目の前で繰り広げられるものをただ素直に受け止めて、
いい男たちに見蕩れて、とっても楽しんだ2作でした。

周楡のお団子、やっぱり気になられましたか。
本当は感動の場面なのに、喉に詰まるぞ、とかむせてしまうぞ、とか
余計なことばっかり考えてしまいました(笑)
悠雅さんへ (KGR)
2009-04-24 09:33:11
こちらにもお返事いただきありがとうございます。

団子の件はのどに詰まるのもありますが、
もう器に入らんぞ、とかも思ってました。

のどに詰まると言えば、先日偶然アンナ・ファリスが、
マシュマロがいくつ食べられるかに挑戦する動画を見て、
大笑いしました。
かわいい顔してお下品です。

ところで、この場を借りて、訂正。

国際版(1、2合体短縮版)を2時間25分と、
2時間55分の両方を書いてますが、
参考にしたVirietyJapanの記事は25分でした。



「レッドクリフ PartⅡ」 (giants-55)
2009-05-22 10:51:15
書き込み及びトラックバック有難う御座いました。

戦の虚しさを感じられたというのは、自分も同じですね。特に「兵士達は所詮捨て駒なのだなあ。」と感じました。

「武将個々のアクションという点では前作に分が在った。」と自分は感じた訳ですが、仰る様にその分、今回は戦そのものの全体像は上手く描けていたと思うし、その辺をどう捉えるかは個々によって違う所でしょうね。ジョン・ウー監督が意図的に、前作と今回でその辺のバランスを取ったのかもしれません。

今後とも何卒宜しく御願い致します。
giants-55さんへ (KGR)
2009-05-22 11:21:08
個々の武将にどれくらい思い入れがあるかで、
評価の分かれるところと思います。

三国志ファンの方々が、それぞれの武将について、
ちょっとずつでも良いから見せ場がほしいと思うのは
ごく当然だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レッドクリフ Part ? / RED CLIFF 2 / 赤壁・決戦天下 (我想一個人映画美的女人blog)
前作は最速マスコミ試写というもので観たのは去年の8月初旬! その時は「part 1」なんてタイトルにも全くなくて え?!これで終わり!?いいとこで続くなの{/eq_1/}前後編だなんて聞いてないよ!状態。 そのせいもあるし、そもそも三国志を良く知らないっていうのもあ...
試写会「レッドクリフPart2」 (流れ流れて八丈島)
中野サンプラザで試写会「レッドクリフPart2」を観てきました。ここは、試写会場としては国際フォーラムの次くらいに大きいんじゃないかな開映30分前の開場時間には、信じられないほどグネグネと長蛇の列になってました案の定、30分間では入りきれず、10分ほど開映....
劇場鑑賞「レッドクリフPartII-未来への最終決戦-」 (日々“是”精進!)
レッドクリフオリジナル・サウンドトラックコンプリート・アルバム「レッドクリフPartII-未来への最終決戦-」を鑑賞してきました三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後...
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- (労組書記長社労士のブログ)
【 17 -4-】 レッドクリフ PartIも試写会で観れたんやけど、なんとPart?も試写会が当たった{/m_0151/} 実は、数人の友人から「試写会当たったから行く?」「試写会のチケットもらったけど行く?」と誘われていたけど、「いや~うちも当たってるねん」{/m_0199/} どんだけ...
[映画『レッドクリフ PartII』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆ ♪チャン・チャン・チャン チャラリルン!   ♪チャ・チャ・チャ   ♪チャン・チャン・チャンラリルン!  「レッド・クリフ」のテーマ曲を文字にして見ました^^;  この後の雄大なメロディがいいですよね^^  つい最近、『―未来への最終決戦―』と言...
レッドクリフPart? (めでぃあみっくす)
やっぱり「三国志」は面白いです。歴史としてよりも映画として個人的にはあれこれ不満が残るところはありましたが、それでも最後まで楽しめる映画だったと思います。そして改めてジョン・ウー監督は英雄が大好きなんだと思いました。英雄大集合のラストも『男たちの挽歌』...
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- (映画君の毎日)
//ストーリー//西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が...
映画「レッドクリフPart?」感想 (0からオメガへ ~お小遣い稼ぎ奮闘記~)
「レッドクリフ パート2」を観てきました。 この作品はジョン・ウーが監督をした中国映画で、 三国志演義の前半のクライマックスである「...
「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」孔明の経験と周瑜の用意周到の策略で曹操軍を切り崩した赤壁の戦いの勝利 (オールマイティにコメンテート)
「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」は昨年11月に公開された「レッドクリフ PartI」の続編で赤壁へ攻め込んできた曹操軍を迎え撃つ孫権・劉備軍が内部分裂の危機を回避し、欺きながら孔明と周瑜の策略で曹操軍を追い込み赤壁の戦いで激突するストーリーである。...
映画「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」 (FREE TIME)
注目の映画「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」を鑑賞しました。
レッドクリフ Part?―未来への最終決戦― (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『レッドクリフ Part?』にボーボー燃えたので超ベリベリ楽しみにしていました~【story】西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操(チャン・フォンイー)軍を撤退させた孫権(チャン・チェン)・劉備(ユウ・ヨン)連合軍だったが、食料不足と...
レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦― (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『戦いは赤壁<レッドクリフ>へ。 連合軍は、絶対絶命・・・激戦は続く。』  コチラの「レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―」は、昨年11月に公開されて日本でも大ヒットした「レッドクリフ Part I」の続編、前後編の後編なので残念ながらこれで完結となる4...
レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦― (to Heart)
製作年度 2009年 原題 RED CLIFF: PART II/赤壁 上映時間 144分 製作国・地域 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 監督 ジョン・ウー 音楽 岩代太郎 出演 トニー・レオン/金城武/チャン・フォン/イーチャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チーリン/...
『レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-』 (Sweet*Days**)
監督:ジョン・ウー  CAST:トニー・レオン、金城武、 他 西暦208年、中国三国時代。大群を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍に対...
[レッドクリフPartII -未来への最終決戦-] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:RED CLIFF: PART II/赤壁公開:2009/04/10製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国上映時間:144分鑑賞日:2009/04/11監督:ジョン・ウー出演: トニー・レオン/周瑜 金城武/孔明 チャン・フォンイー/曹操 チャン・チェン/孫権 ヴィッキー・チャオ/尚...
「 レッドクリフ Part? -未来への最終決戦-」プチレビュー (気ままな映画生活)
レッドクリフ2部作の完結編、Part?を鑑賞してきました。 本日、地上波にてPart?が放送されます。 ある記事で、Part?は50億の興行収入、Part?は100億を 狙っていると書いていました。
「レッドクリフ Part? ~未来への最終決戦~」 (利用価値のない日々の雑学)
昨年のカンヌ映画祭上映以来、まさかの作品二分割。そして、「レッドクリフ Part?」に至ってはレビューにも既に書いたが、これまでの「三国志演義」に於ける、無論歴史的事実からみれば可也脚色された「通説」があったにも関わらず、新たにジョン・ウーとしての新解釈を...
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-/Red Cliff Part2 (いい加減社長の映画日記)
公開初日の金曜日に観ていたんですが、書くのがちょっと遅くなってしまいました^^; 「Part I」では、肝心の戦いになる前に終わってしまい、ちょっと肩透かし気味でしたが。 今回は、たっぷりと見せていただきましょう。 「UCとしまえん」は、平日の夕方にしては、ちょ...
レッドクリフ Part?-未来への最終決戦- (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[レッドクリフ] ブログ村キーワード 評価:8.0/10点満点 2009年33本目(31作品)です。 前作ではスケールの大きな戦闘シーンにインパクトを与え、今回の場合は、ストーリー中心の内容になっています。 ジョン・ウー監督が「アジアのスタッフ中心でハリウッドに負けな...
世界に平和を、あなたに「決断」を。~「レッドクリフPart2」~ (ペパーミントの魔術師)
やっぱり孔ピーが好きっ♪ ということで、この画像。(壊れてる壊れてる・・・) さあこれからって時に 続くってなんだよぉ~~~だったパート1. ある意味、フィクションをノンフィクションに近づけ、 ないもんを膨らませて完結したパート2.(わわわわわ) それは...
レッドクリフ Part2 -未来への最終決戦- (映画どうでしょう)
映画レッドクリフ Part2 -未来への最終決戦-の感想 ストーリーはわかってい...
レッドクリフって… (美容師は見た…)
  「赤壁」なんですね。  しかも「赤い壁」でもなく(笑)  現在は赤壁市だそうです。  何も知らずに観た私σ(^_^;  金城君は気になってたんですが、  観ることになるとは…  『レッドクリフ2』面白かったです♪昨日テレビで放映された『レッドクリフ part?』...
★レッドクリフPartII―未来への最終決戦―(2009)★ (CinemaCollection)
REDCLIFF:PARTII赤壁上映時間144分製作国アメリカ/中国/日本/台湾/韓国公開情報劇場公開(東宝東和=エイベックス・エンタテインメント)初公開年月2009/04/10ジャンル歴史劇/アクション/ドラマ【解説】三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒ...
「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」 (原題:RED CLIFF: PART II 赤壁) 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン、ユウ・ヨン、ホウ・ヨン...
レッドクリフ Part II 未来への最終決戦 (だらだら無気力ブログ)
曹操の荊州侵攻から赤壁の戦い前までを描いたジョン・ウー監督の 『レッドクリフ Part?』の続編。今作ではクライマックスの赤壁の戦いを 描く。西暦208年、曹操は同盟を組んだ劉備・孫権連合軍5万を討つために連合軍が 駐屯する赤壁の対岸に80万の軍勢と2000隻の戦艦を...
★「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、14日という事で1本1000円で見られる「TOHOシネマズ」で3本まとめ観っ。 中国もの・イギリスもの・フランスものの3本立てでしたよーーー。
レッドクリフPart? を観ました。 (My Favorite Things)
あのTVはないよね?観ちゃうよ~。本でも予習中だったしね。
レッドクリフ2 (映画の話でコーヒーブレイク)
昨年『レッドクリフ』の公開時、 「やっぱり原作『三国志』を知らないとまずいなぁ」と、本を読もうかと思ったけれど その分量に「無理!」と断念。 それじゃあ横山光輝氏の漫画版「三国志」があるじゃあないか{/m_0151/} 本屋さんでびっくり!漫画版でも全60巻{/face_s...
レッドクリフPart?-未来への最終決戦- (悠雅的生活)
案山子の舟。冬至の団子。東風吹かば。
レッドクリフ Part?-未来への最終決戦-(2回目) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[レッドクリフ] ブログ村キーワード 評価:8.5/10点満点 2009年39本目(35作品)です。 大家好!我是電影先生! (みなさん、こんにちは!ミスターシネマです!) 実を言うと、僕は大学時代に2年間中国語を勉強していました。 ですので、今回のレッドクリフも字幕を...
レッドクリフ Part 2 -未来への最終決戦- 映画感想 (エンタメ日々更新)
レッドクリフ Part 2 -未来への最終決戦-の感想 1を見ていたので、2も見ようと見ようと思っていたのですが、忙しくて後回しになってましたが...
レッドクリフ (トニー・レオンさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆周瑜 役のトニー・レオンさん(のつもり) 映画『レッドクリフ Part ? -未来への最終決戦-』を先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』@新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
ブログネタ:最近映画館で観た作品 参加中 大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させる。これが原因で劉備軍は撤退、だが諸葛孔明だけは赤壁に残った。そんな中、孫権軍...
レッドクリフ PartII 未来への最終決戦 (メルブロ)
レッドクリフ PartII 未来への最終決戦 256本目 2009-17 上映時間 2時間24分 監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン  金城武  チャン・フォンイー  チャン・チェン ビッキー・チャオ フー・ジュン  中村獅童 リン・チーリン 会場 新宿ピカデリー ...
『レッドクリフ Part? 未来への最終決戦』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part? 未来への最終決戦」 □監督・脚本 ジョン・ウー □脚本 カン・チャン、コー・ジェン、シン・ハーユ□キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村...
「レッドクリフ Part? ~未来への最終決戦~」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
************************************* 大軍を率いて赤壁へ進行して来た魏の曹操[チャン・フォンイー氏]軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権[チャン・チェン氏](呉)&劉備[ヨウ・ヨン氏](蜀)連合軍の元へ船で流し...
レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦 (eclipse的な独り言)
 感想遅れました。公開初日に観にいきましたが、どうも、すっきりいきませんでした。
2009-46『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-46『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』(更新:2009/04/13) * 評価:★★★★☆ 仕事帰りですの観賞でした。 土曜日も仕事なので初日の最終で観ちゃいますね。 土日は最後に花見出来...
レッドクリフPart2~未来への最終決戦~ <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
昨日Part1を観て しっかり復習してから観に行ったよPart1も迫力はあったけど やっぱしPart2の方が断然、迫力があって映画館の大きなスクリーンで観るのが絶対、お勧めついに 赤壁の戦いですわ 水上戦ですわ 2000隻の戦艦と80万の兵士だとって ...
ジョン・ウーとは何だったのか (RISING STEEL)
この作品が好きな人、ジョン・ウー監督のファンである人は気分を害されるかもしれません 言いたい放題の辛口です レッドクリフ / 赤壁 2008年 中国/日本/アメリカ/台湾/韓国合作映画 監督:ジ...