ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

試写会「インクレディブル・ハルク」ジャパンプレミア

2008-07-25 15:59:31 | 映画感想
2008/7/22、東京国際フォーラムでの開催。

実は同じ日に「ダークナイト」の試写会もあったのだが、
悩んだ末「ハルク」を選択。

例によって事前に指定席券と交換する方式。
2階席中段だったが、運のいいことにほぼ中央が当たる。



スペシャルゲストとして水島ヒロが登壇したが、よく見えなかった。
ハルクをかたどったねぶたも登場したが、ハッキリ言ってどうでもよかった。

映画は、アメコミの「超人ハルク」の映画化で、
2003年にも映画化されているか、続編と言うよりはそのリメイク。

ジャパン・プレミアと言う割に登壇したゲストは吹き替え版の水嶋ヒロだけ。
あ、そうそう、ねぶたのハルクも登壇した。

予告は「アイアンマン」と「ハンコック」

エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ウィリアム・ハート。

***

ブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、
自分が被験体として実験の最中に異常な放射能を受けて、
異常体質となって暴れ、実験室は壊れ、
恋人のベティ・ロス(リブ・タイラー)は重傷、
ロス将軍(ウィリアム・ハート)からも疎まれ、どこかに姿を消す。

しばらくして身分を隠して南米リオの清涼飲料水工場で働いていたバナーは、
ちょっとしたけがで自分の血液の混じった清涼飲料水がアメリカに輸出され、
飲んだ男性が死亡、ロス将軍がバナーの身元を見つけるきっかけとなってしまう。

バナーを麻酔で眠らせて確保するための部隊がリオに急行。
バナーは危機一髪で逃げるが、逃走するうちに脈拍が上がり、ついに200に到達。
その瞬間、バナーの体は変貌し、巨大な緑の怪物、ハルクと化すのだった。
麻酔銃は勿論、弾丸さえもはじき返す硬い皮膚。
膨大なパワーで、部隊を撃破したハルク、
生き残ったブロンスキー(ティム・ロス)は、
ロス将軍に詰め寄り、自らの肉体をハルクの血清で強化するのだった。

バナーは自身の変質、変貌、変化を直すため、
ひそかに生物学者のブルー(仮名)と連絡していた。
そのためのデータを手に入れるため、バナーはアメリカに舞い戻る。

そこで、ベティとも再会を果たすが、彼女には新しい恋人がいた。
そして、バナーの行動はほどなくロス将軍にも知られてしまう。
はたして、ハルクへの変身は直すことができるのだろうか。

ハルクと同じ力を手に入れようとするブロンスキーは、
そしてバナーの運命は、

***

全体にストーリーよりはアクション重視。

まさしく超人パワーであらゆる武器に立ち向かい、
車を引きちぎって、鉄のグローブにしたりする。
バナーが怒りを抑える術を習うインストラクターに
グレーシー柔術のヒクソン・グレーシーが出ている。

心拍数が上がるとハルク化するので、走り、怒りも制御する必要があるが、
Hも禁止行為の一つになっているので、ラブシーンなし。

ハルクのパワーで超人兵士を作ろうとしていたロス将軍は、
プロジェクトの中止で失意の中にいた。
その時、人間ではなく機械ですよ、みたいなことを言って
ロス将軍に近づく男こそ、後のアイアンマン、
トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr)である。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本語、誤用も用法の変化 | トップ | 試写会「カンフー・ダンク」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おじゃまします (ピロEK)
2009-05-03 12:46:18
おじゃまします。
この「インクレディブル・ハルク」、個人的にはかなり楽しめた作品です。
「アイアンマン」とシリーズということでテンションMax。続く作品も4本発表されてて楽しみですわ。

>バナーが怒りを抑える術を習うインストラクターに
>グレーシー柔術のヒクソン・グレーシーが出ている。

そうだったんですね。
堅の良い俳優さんだなぁとは思っていたのですが。格闘技にはあんまり詳しくないので分かりませんでした。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願い致します。
ピロEKさんへ (KGR)
2009-05-04 09:06:39
ヒクソン・グレイシーにはすぐ気付いたのですが、
スペルが「Rickson Gracie」だとは知らず、
エンドロールで「???」となりました。

こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
Unknown (たお)
2010-10-09 17:40:40
こんにちはー!
突っ込みを待ってるかのようなサービス精神と、見た目のハンデをアレコレとカバーしたキャスティングが面白かったんですが、次回のハルクは別な人がやるんですねぇ。
ハルク (KGR)
2010-10-10 07:23:44
たおさん、コメントありがとうございます。

アメコミのスーパーヒーローだったらなんでも好きというわけにはいかず、好き嫌いが出ちゃいますが、ハルクは正直あんまり好きじゃないです。

アベンジャーズ(キャストはマーク・ラファロ)には出るようですが、続編はないようです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
インクレディブル・ハルク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その「力」、ためらうな。』  コチラの「インクレディブル・ハルク」は、2003年にも「ハルク」として映画化されたMARVELの「超人ハルク」をエドワード・ノートン主演でより娯楽性を高く実写再映画化した8/1公開のアメコミ映画です。  公開初日は映画の日!もち...
インクレディブル・ハルク (Akira's VOICE)
怒らせたらエライ事になります。  
インクレディブル ハルク☆★ (銅版画制作の日々)
 エドワード・ノートンがアメコミヒーローに・・・・・。   8月4日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。夏休みに入ったので、いつものような静かなシアターではありません。人・人・人!人だらけ・・・・・・。賑わっています。   マーベルコミックの人気ヒーロ...
インクレディブル・ハルク (★YUKAの気ままな有閑日記★)
エリック・バナ主演の『ハルク』を面白いとは思えなかったし、ハルクのお話にあまり魅力を感じないので、別にリニューアル版を観る必要も無かったんだけど、エドワード・ノートンの隠れファンなので観に行ってしまいました~【story】ブルース・バナー博士(エドワード・...
[映画『インクレディブル・ハルク』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆最近、公開日が金曜の作品がちょくちょくありますね。 てな訳で、『インクレディブル・ハルク』を観に行った。 なかなか面白かったのだが、「これは!^^v」と言うパンチさに欠ける作品だった。    ◇   ◇ いや、ハルク自体は、力任せの、「殴る」と言うよ...
「インクレディブル・ハルク」ジャパンプレミア (アートの片隅で)
「インクレディブル・ハルク」のジャパンプレミアで東京国際フォーラムに行って来ました。 当初はキャストの登場を予定していたのだが、来日が1週間遅れてしまった為、吹き替えを担当した水嶋ヒロのみの登場となりました。 知人から彼が登場するという話を聞いていたの...
エドワード・ノートン版☆『インクレディブル・ハルク / THE INCREDIBLE HULK』☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
前作の『ハルク』は緑の着ぐるみ状態で、それはそれはヒドイものだった。 でも本作のハルクはエドワード・ノートンだったから、これなら大丈夫!と鑑賞(^^) とはいえ、“演技派俳優”エドワード・ノートン、アメコミ・ヒーロー役なんてどうなの?って不安は多少あったけ...
『インクレディブル・ハルク』 (Sweet*Days**)
監督:ルイ・レテリエ  CAST:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ウィリアム・ハート 他 研究実験の事故で心拍数が上がると緑...
インクレディブル・ハルク (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
悲哀あふれるハルクの豪腕が、名優たちのハートもわしづかみ! これまでに何度も映像化されてきた人気ヒーロー、超人ハルク。 怒りで緑の姿に豹変し、悪を倒すことでお馴染みの彼が、なんと今作では、怒りを抑え、力に悩み、そして愛に目覚める。 ひと味もふた味も...
【2008-186】インクレディブル・ハルク (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? その「力」、ためらうな。
インクレディブル・ハルク (描きたいアレコレ・やや甘口)
緑の瞳は、恋してる。   ↑エドワード・ノートンの怒った顔って描きにくい...優しい顔だし、眼だって垂れてるし...。 ええっ!エドワー...
インクレディブル・ハルク (夫婦でシネマ)
パート1の「ハルク」に比べてグレードダウンしたのは残念。
インクレディブル・ハルク/ エドワード・ノートン (カノンな日々)
子供の頃、夜中にこっそり起きて深夜放送されていた『超人ハルク』を見てました。何が面白かったんだか、よくわからないけど怒ると緑色のマッチョマンに変身して暴れ回るオジサンに夢中になった記憶があります。そして数年前に公開された劇場版の出来の悪さにはガッカリさ...
インクレディブル ハルク (映画初日鑑賞妻)
★★★ ブルースが心拍数が高くならないように修行している場面が非常に印象的で、エドワード・ノートンをよく味わえるシーンだと思う。 彼女がハルクであるブルースを受け入れるシーンもよかった。 愛があれば、外見なんて関係ないのさ。
「インクレディブル・ハルク」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
思ってたよりもずっと楽しめました^^
【映画】インクレディブル・ハルク…この緑色も割と燃える↑ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
夜勤週のピロEKです。 今日{/kaeru_fine/}は天気が宜しいですなぁ{/kaeru_fine/}…仕事行きたくないなぁ{/face_hekomu/} この4月からはアニメがなにやら豊作みたいですね。 先日の日曜日から始まった「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」{/hakushu/}{/up/}とか、こ...
インクレディブル・ハルク (映画君の毎日)
インクレディブル・ハルク デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) ¥3,761 マーベル・コミックの人気ヒーローが再び実写映画化!科学者ブルース・バナーは放射能実験で大量のガンマ線を浴びて以来、怒りを感じるとアドレナリンの分泌と共に巨大な緑色のモン...
インクレディブル・ハルク (Addict allcinema 映画レビュー)
その「力」、ためらうな。
インクレディブル・ハルク (The Incredible Hulk) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルイ・レテリエ 主演 エドワード・ノートン 2008年 アメリカ映画 112分 アクション 採点★★★ リスクも少なく簡単に稼げるリメイクや続編ばかり作られているのは今に始まったことじゃないですが、最近では大々的に宣伝して作ってみたものの、イマイチ評判の...