ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

映画「アリス・イン・ワンダーランド」

2010-04-27 17:48:37 | 映画感想
2010/4/22、109シネマズ木場。
3D字幕版。

109シネマズは画面が「暗い」と書く人の多いXpanD。
確かに原理上、それぞれの目に届く光量が半分になるから暗くなるのはしょうがないが、
私自身は暗くて嫌というほどではない。

メガネが重いのも欠点として挙げる人が多い。
2時間以内なら耐えられるが「アバター」のように長い映画は確かにつらい。

ところで、メガネの眉間部分にある小さい△を押さえると、
3D(左右切り替え)同期ができなくなり、画が二重に見える。
面白いのでやってみてください。

なお、realDではこの技は使えません(左右切り替えがアクティブシャッターではないので)
(追記:109シネマズ木場はMasterImageと呼ぶ円偏光方式に変わりました)

***

ティム・バートン監督、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム・カーター、
アン・ハザウェイ、ミア・ワシコウスカ。

***

「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」から13年。
19歳になったアリス(ミア・ワシコウスカ)は、いまだに夢見る少女。

と言っても恋に恋するといった「夢見る」ではなく、
かつての不思議の国の奇妙な出来事を断片的に悪夢としてみるのだ。

ある日、アリスは母とともにアスコット卿のガーデン・パーティに出かけた。
アリスはそこでアスコット家の息子、ハーミッシュ(レオ・ビル)に求婚されることになっていた。
パーティはアリスとハーミッシュの婚約パーティだったのだが、知らないのはアリスだけだった。

やがて、ハーミッシュは、東屋でアリスの前でひざまずき「私の妻になってくれ」と求婚するが、
アリスは誘うように振る舞う白ウサギが気になり、「時間が必要だわ」と答えてウサギを追う。

ウサギは木の株の穴に隠れるが、それを覗き込んだアリスは手を滑らせて穴に落ちてしまう。

落ちた所はドアに囲まれた部屋。
ドリンクやケーキで大きくなったり小さくなったりして、
小さいドアをくぐるとそこは不思議の国だった。

服を着て喋るヤマネやウサギや、双子のトウィドルディー、トウィドルダムなど。

みんなはアリスが「あのアリス」かどうかを調べるため、
青い芋虫(声:アラン・リックマン)のところへ連れて行く。
ワンダーランドのすべてを記した預言書ではアリスが赤の女王のドラゴンと戦うとあった。
しかし、芋虫のアブソレムは、アリスは「ほとんど別人」と言い放つ。

果たして、アリスは「あのアリス」はないのか。

マッド・ハッター(帽子屋、ジョニー・デップ)に会い、
赤の女王(ヘレナ・ボナム・カーター)と白の女王(アン・ハザウェイ)の
姉妹喧嘩に巻き込まれていくアリス。
果たしてアリスの運命は、
そして無事に元の世界に帰れるだろうか。

***

登場するキャラは原作通りだが、ストーリーはティム・バートン・オリジナル。

本編で散々勿体ぶって登場するキャラや、ラストに近い重要なシーンが、
予告であっさり使われることが多いが、
この予告はよくできていて、ストーリー展開を損ねないで、
且つ肝心の部分は見せないようになっている。

**

青虫のアラン・リックマンはすぐわかったが、
犬がティモシー・スポール、白ウサギがマイケル・シーンなどはわからなかった。

原作からして、ダジャレが多い。

この映画でもダジャレの類が多用されているはずだが、
「Goodbye sweet hat.」くらいしかわからなかった。
英語能力の非力さが情けない。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アリオ北砂、またコーン置かれる | トップ | アマゾン、アバター、カード »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ともろ)
2010-04-27 18:12:33
ユニクロとコラボした女性用のTシャツが先日売っていたのですが、飛ぶように売れてました。
(ウチも探すのに一苦労・・・スナモと木場方面の2件ハシゴしました)
ネットで売っているTシャツとは (KGR)
2010-04-27 23:37:55
別物なんですか。

http://store.uniqlo.com/jp/store/feature/ut/disney/
Unknown (KLY)
2010-04-27 23:52:21
ストーリーに毒は無く平板でしたけど、その分映像でバートン監督らしさが出ていたかなと。ディズニーのお客さんを相手にしてもこれなら普遍的に楽しんでもらえるような気がします。

個人的に好きなアンのあの手の動きが可笑しくて!赤の女王が動的なインパクトなら、対照的な静的インパクトはあったと思います。
KLYさんへ (KGR)
2010-04-28 00:20:31
いつもどうも。

>アンのあの手の動き
あれは面白かった。
ずっとあれだとかなり疲れちゃうと思いますけど。

ダジャレが全く分からず、英語がもっとよく理解できるようになりたいと思いました。
Unknown (ともろ)
2010-04-28 09:45:21
このネットで売っているものです。

値段が下がっていたので、殺到したのでしょう♪

お姉ちゃんからおばちゃんまで商品とにらめっこしてました。
値段が下がっていたので (KGR)
2010-04-28 10:48:52
そりゃ、興味を惹きますね。

みなさんそういう新製品の情報をよく知っていて感心します。

私はあまり興味がないので。
おじゃまします (ピロEK)
2010-11-23 21:46:54
おじゃまします。

>英語能力の非力さが情けない。

輸入映画を観る際の壁は言語ですよね。
コメディとかだと全く面白く思えなかったり…
「アリス…」はイマイチとも思っちゃいましたが、言葉が通じていない以上、正当な評価では無いのかも知れません。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
ピロEKさんへ (KGR)
2010-11-23 23:41:39
ダジャレの類はほとんどわかりません。

もともと「アリス」は子供の喜びそうなダジャレ満載のはずですが、さっぱりです。

ダジャレでなくても、英語は難しい。
学校で習う英語じゃ、「Off with his head」で「首をはねよ」なんてわかりっこないです。
ちなみにいくつかある翻訳サイトで、意味が通じたのは、Google翻訳だけ。
日本語訳は「首をちょん切れ」となりました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アリス・イン・ワンダーランド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『アリス、戦う─ワンダーランドの運命を賭けて。』  コチラの「アリス・イン・ワンダーランド」は、ルイス・キャロルの「不思議な国のアリス」と「鏡の国のアリス」をベースに、その後のアリス(ミア・ワシコウスカ)の冒険を描いた4/17公開のアドベンチャー・ファン...
アリス・イン・ワンダーランド (LOVE Cinemas 調布)
ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」、「鏡の国のアリス」をベースにその後のアリスの新たな冒険を描いた作品。『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督とジョニー・デップの7度目のコンビによる不思議なファンタジーが魅力だ。主演のアリスを『デ...
『アリス・イン・ワンダーランド(ALICE IN WONDERLAND)』 (CHAOS(カオス))
戦うアリス・・・オトナの階段登る系のストーリーは好き。 時代にも合ってるのかも。 とはいえ、原作がいいんだろうね。 アリスのコ(ミア・ワシコウスカ)はピュアな感じでかわいい! すぐに「首をはねてしまえ!」って言う赤の女王を演じたヘレナ・ボナム=カー...
アリス・イン・ワンダーランド 予習しとけばよかった~ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=18 -6-】 予習が必要だった。 「ふしぎの国のアリス」は、自分自身が子どもの頃に映画を見た覚えはあるし、娘が小さい時にディズニーの絵本を何度も何度も読み聞かせたことがあるが、正直、もう内容はほとんど覚えていない。(その娘とは昨夜大喧嘩(怒)←...
アリス・イン・ワンダーランド (Akira's VOICE)
「見た目」だけは,かなり面白い!!  
アリス・イン・ワンダーランド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
 「もはやジョニーじゃないっ」初めてジョニーがマッドハッターの扮装をしている写真を見た時に叫んだ私。だけど、映画はと~~~っても楽しみにしていましたティム・バートン監督のアリスの世界ってどんなだろう?って思って。まず公開初日に一人で2Dでじっくり観て、そ...
「アリス・イン・ワンダーランド」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 1865年の出版以来、全世界で愛され続けるルイス・キャロル原作のベストセラー児童文学「不思議の国のアリス」。その後日談を、「シザーハンズ」「チャーリーとチョコレート工...
アリス・イン・ワンダーランド (だらだら無気力ブログ)
ルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を基に ヒロインのアリスが19歳に成長し、再びワンダーランドに迷い込んで冒険 する様を描いた冒険ファンタジー。 監督は『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督。 ヒロインのアリ...
不思議なアリス (美容師は見た…)
ジョニー・デップの声を楽しみに、字幕版で鑑賞したんですけど…期待したほどではなかった┐(´-`)┌ 何でもかんでも3Dの昨今ですが、面白かったのは、『劇場版トリック2』の宣伝ポスターに、あえて書かれた「2D」にはウケましたよ!さすがの堤ワールド♪期待して観まし...
『アリス・イン・ワンダーランド』が挑戦したものは? (映画のブログ)
 意外や、面白い映画だった。  なんて云うと、お叱りを受けそうだが、ティム・バートンやテリー・ギリアムの作品は下手に期待するとはぐら...
アリス・イン・ワンダーランド (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アリス・イン・ワンダーランド 制作:2010年・アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイほか あらすじ:不思議の国の冒険から13年後。19歳に成長したアリスは、母...
アリス・イン・ワンダーランド/Alice in Wonderland(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワードアリス・イン・ワンダーランド(原題:Alice in Wonderland)キャッチコピー:世界はもう、マトモではいられない…。製作国:アメリ....
【映画】アリス・イン・ワンダーランド…ワシコウスカに萌えるか否か (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告から… 昨日、2010年9月11日(土曜日)は夜勤明けで朝7時頃に寝たにも関わらず、何故か午前中に起床。 で、午後からは娘のリクエストでイオン八幡東ショッピングセンターに行く事に。 私としては特に目的も無...