ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

映画「ライフ」

2017-07-16 08:14:33 | 映画感想
2017/7/9、109シネマズ木場。

7番スクリーンは121席と木場では下から3番目。
どのスクリーンでやるかは、劇場支配人の「読み」とが垣間見れて面白い。



ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、レベッカ・ファーガソン、真田広之



舞台はISS(国際宇宙ステーション)。
乗員は6名。
ミッション・コマンダー(船長)
エカテリーナ・”キャット”・ゴロフキナ(オルガ・ディフォビチナヤ)、

ミッション・スペシャリストは5人。
システム・エンジニア、ショー・ムラカミ(真田広之)、
検疫官で医師、ミランダ・ノース(レベッカ・ファーガソン)、
医師、デビッド・ジョーダン(ジェイク・ギレンホール)、
生物学者、ヒュー・デリー(アリヨン・バカレ)、
エンジニア、ローリー・アダムス(ライアン・レイノルズ)。



彼らのミッションは火星から戻る無人探査機を確保し採取した土を調べること。
ローリーがアウトリガーを操作し探査機を見事にキャッチ。
直ちに火星の土の分析が始まり、単細胞生物らしきものを発見する。
隔離されたラボでヒューがその単細胞生物の調査を始める。

いろいろな環境を試すが、全く動かない。
原始地球環境に似た設定を試すと、生命体は活動をはじめる。
それは子供たちに「カルバン」と名付けられる。

カルバンは順調に成長する。

単細胞から複数の細胞へ。
単細胞でも機能し、複数の細胞になれば、多細胞生物の様に機能する。
目も鼻も口もないが、指が近づくと感知し、その方向へと体を近づける。

3週間が過ぎたある日。
ヒューがラボを閉め忘れ、外部環境にさらされたカルバンは成長を止めてしまう。

ショックを受けたヒューはカルバンに軽い電気ショックを与えてみることを思いつく。
スティック状の放電装置で、電流を流すと、カルバンは突然反応し、放電装置を折り、
さらにヒューの右手にとりついて手を締め上げ始める。
ヒューの手の骨がバキバキに折れたせいで、手はグローブから抜ける。

カルバンは折った電気棒を使って隔離ケースから脱出。
ラボ内の実験動物のマウスにとりついてそれを捕食し、大きくなる。

そのすきにローリーがラボに入り、ヒューを助けるが、自分はカルバンに捕まる。
ローリーはカルバンを焼き殺そうとするが、まったく効かない。
ついに、カルバンはローリーの口から体内に侵入し、ローリーは血反吐を吐いて死ぬ。

大型化したカルバンは通風孔に逃げ、ラボからいなくなる。

暫くすると、ISSのコンピューターがオーバーヒートして停止、
地球との通信機能も停止してしまう。

この後、さらに成長したカルバンがクルーに襲い掛かる。
果たして、クルーの運命は。
ISS羽どうなってしまうのか。

**

B級ホラーっぽいがSFホラーとしてはまずまずかも。
ただ、カルバンの発達後の造形は失敗。
もう少し想像を超える形状であってほしかった。

主役/準主役級キャストを使ったわりに展開はややありきたりで安っぽい感じがするが、
オープニングをほぼ1カットのロングテイクにするなどは秀逸だった。



レベッカ・ファーガソンは「MI5」ではMI6のエージェント。
同シリーズでは珍しく、女優が連投、「MI6」でも同じ役で出る。



類似タイトルの映画は結構あるので、紛らわしい。
2014年に見たベン・スティラーの「LIFE!」とは全く無関係。

続編が作れる終わり方だが、宇宙空間のISSという閉じた環境だからこその恐怖なので、
舞台が変わるとただのパニック映画になってしまう。(しかも小振りの)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« USLPGA、全米女子オープン、2... | トップ | 今朝の東京スカイツリー、201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ライフ」 (ここなつ映画レビュー)
極めて王道を歩むSF作品。宇宙船内からラストに至るまで(と言っても作中ほぼ9割が宇宙船内での話なのであるが)、正しいSFを見せていただいたという気持ちになる。そしてもしかし......
ライフ  監督/ダニエル・エスピノーサ (西京極 紫の館)
【出演】  ジェイク・ギレンホール  レベッカ・ファーガソン  ライアン・レイノルズ  真田 広之 【ストーリー】 世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結し、......