ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

試写会「孤高のメス」

2010-05-18 01:12:37 | 映画感想
2010/5/13。新橋ヤクルトホール。

この会場は久しぶり、かな。
1階の男子トイレが女子トイレにされていて、男子トイレは2階のみになっていた。
いつも女性の方は混んでますから、それはそれで正解でしょうけど、今回は空いてました。

またスポンサーからの食品が1/5の確率でプレゼントされたのだが、見事に外れた。

**

堤真一、夏川結衣、成宮寛貴、余貴美子、江本明、中越典子。



都心の病院で働く新米医師の中村弘平(成宮寛貴)は、
母浪子(夏川結衣)の葬式に実家に戻ってきていた。
弘平は浪子の遺品を整理するうち、1989年の日記を見つける。
そこには当時のさざなみ市民病院の様子が克明に描かれていた。



さざなみ市民病院は、京葉大学病院から医師の支援を受けていたが、
野本六男(生瀬勝久)外科医長もその一人だった。
技術が伴わず、医療ミスを繰り返しては、京葉大学病院に送ったり、
手遅れだったと言い逃れる日々で、浪子たち看護婦や若手の医師もその様子を見て、
仕事が嫌で堪らないという心境だった。

そんな病院に一人の医師がやってくる。
市長からの要請を受けた当麻鉄彦(堤真一)は病院についてすぐ、
器具をぞんざいに扱う浪子に注意をし、いきなり説教する嫌な奴と思われてしまう。

しかし、当麻は慣例で京葉病院に送るような難しい手術を鮮やかにやり遂げる。

浪子は初めて手術が美しいという感情を抱くのだった。
院長は第2外科を設け、当麻を医長に据えることにする。

その後も当麻のメス捌きは、見事の一言。
この病院でもそんな手術ができる、医局員たちの感嘆は、
当麻への敬意と信頼へと変わっていく。

浪子もその一人。

テキストやビデオで手術の段取りや使用する用具、器具の手順を覚え、
スムーズに当麻を手伝えることを目指す。

1年ほどして大きな事件が二つ起こる。
それは、病院の存続を揺るがし、当麻自身の立場にも影響する決断を迫られるものだった。

果たして当麻の決断は、そしてそれはうまくいくのだろうか。

**

手術シーンは素晴らしい。

順天堂大学の現役医師が全面的にバックアップしたと聞くが、
細かい部分にも「本物らしさ」が漂い、手際の良さが際立つ。

しかも、必要以上にきわどいシーンは見せていないところも好感だ。
何よりこの映画の主題は人間ドラマであって、手術マニュアルではないのだから。

医師としての当麻は素晴らしい。

金や名誉には目もくれず、ただ患者の命を救うために努力を惜しまない。
しかも、技術は超一流で、裏表のない性格と来た。
自分がもし病気で手術になったら、是非執刀医をお願いしたいと思うほどだ。

しかし、映画を離れて当麻を一人の人間として見た場合はどうなのか。

患者やその家族の気持ちは理解しても、普通の人の心は察することができない。
いわゆる仕事バカであるし、ワーカホリックでもある。
医師としてはそれでいいのかもしれないが、医師という肩書を脱ぎ捨てた途端、
何もなくなってしまうような気がした。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MLB、5/16の結果。 | トップ | 今朝の東京スカイツリー、201... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-05-18 02:18:17
この映画からだと確かに当麻は普通の人の心にちょっと鈍感ですよね。原作では案外そうではないんですが、でも彼の頭の中にある第一義は患者を救うことだってのはその通りだと思います。
だからという訳ではなくて、もしお読みになっていないようでしたら是非どうぞ。とても面白いです。
KLYさんへ (KGR)
2010-05-18 11:52:51
いつもどうも。

「人としてどうなのか」を考えてしまったということは、
逆に言うと映画がよくできていたということだと思います。

小説原作の映画ではどうしても切り捨てなければならい部分が出てしまい、
そこが人間当麻の影を薄くしてしまったと思われますが、
小説では翔子との恋愛にも触れられているということで少し安心しました。
コメントありがとうございました (robanosocks)
2010-05-21 22:20:55
こんばんは~

順天堂大学のバックアップでしたかぁ~
私もどこかのポータルサイトでそういう情報を読んだ気がしてたのですが、どこの病院だったか思い出せなくて感想には書かなかったのです・・・
なんか、人間の気持ちに鈍感と言う事ももありますが、特に女心に異常に鈍感でしたよね~そういう学問一筋な感じが、ドラマ「やまとなでしこ」のおうすけに似てる感じがして、お得意の分野だなと思いました(笑)
robanosockさんへ (KGR)
2010-05-22 13:50:19
こちらにもコメントありがとうございます。

>人間の気持ちに鈍感
>特に女心に異常に鈍感
>学問一筋な感じ

そうなんですよ。
それはそれで良いんですが、
もう少し世俗的な感情も見せて欲しかった。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
孤高のメス (LOVE Cinemas 調布)
自身も医師である大鐘稔彦の同名ベストセラー小説の映画化。脳死肝移植というタブーに挑んだ一人の外科医を描いた社会派医療ドラマだ。主演は『クライマーズ・ハイ』の堤真一。共演に夏川結衣、吉沢悠、中越典子、成宮寛貴、余貴美子、生瀬勝久、柄本明など若手・中堅・ベ...
◆孤高のメス 80点 #eiga #movie #cinema #kokou  (明日も晴れ)
2010年6月5日(土)公開 公式HP 監督:成島出 脚本:加藤正人 原作:大鐘稔彦「孤高のメス」シリーズ 幻冬舎文庫 全10巻 出演:  ...
孤高のメス (うろうろ日記)
試写会で見ました。千葉の田舎のやる気がない病院にある日天才医師がやってきて、難し
孤高のメス (だらだら無気力ブログ)
現職医師である大鐘稔彦のベストセラー小説を基に、地方の市民病院を舞台に 目の前の患者を助けることだけに全力を尽くす一人の医師の真摯な姿を描き ながら今の日本の医療問題に浮き彫りに描く医療ドラマ。 主演は、『クライマーズ・ハイ』の堤真一。共演には、『BALLA...
『孤高のメス』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1989年、ある地方都市。市民病院に赴任した外科医の当麻は病院の体制に不満を感じながらも、次々と困難なオペに取り組み、医師としてやるべき仕事にまい進していく。しかしそんな中、病に倒れた市長のために、違法となっている肝臓移植手術を施すべきか否かの選択を迫られ
映画「孤高のメス」@よみうりホール (masalaの辛口映画館)
 当日は完成披露試写会と言うことで出演者の堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、平田満、成島出監督、原作者・大鐘稔彦氏、イメージソングを歌った馬場俊英さんの舞台挨拶があり...
[映画『孤高のメス』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆忙しいので短信ですまん。  月並みな話ではあるが、力強く描かれた力作だった。  類まれな外科手術の技術を持つ医師が、「目の前の患者に全力を尽くし、救う」と言う確固たる意思のもと、設備の伴わない市民病院で、当時、法律で是非があいまいであ...
「孤高のメス」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 現職医師でもある作家・大鐘稔彦のベストセラー小説を映画化。1989年、とある地方病院に赴任してきた天才外科医が、当時タブーとされていた脳死肝移植手術に挑む。  充分と...
映画:「孤高のメス」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年6月11日(金)。 映画:「孤高のメス」レポ。 監 督:成島出 脚 本:加藤正人 原 作:大鐘稔彦 キャスト:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、生瀬勝久、柄本明 余貴美子、成宮寛貴、松重豊 【ストーリー】 医師の派遣に始ま...
孤高のメス (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 126分 原作 大鐘稔彦 脚本 加藤正人 監督 成島出 出演 堤真一/夏川結衣/吉沢悠/中越典子/松重豊/矢島健一/成宮寛貴/平田満/余貴美子/生瀬勝久/柄本明 ひとりの医師の真摯な姿を通して現代医療の問題...
孤高のメス (堤真一さん) (yanajun)
映画『孤高のメス』は、実際に医療に携わる大鐘稔彦氏の同名小説を映画化した作品です。 堤真一さんは、主人公の外科医・当麻鉄彦 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
「孤高のメス」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                 「孤高のメス」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・成島出 監督・大鐘稔彦 静かで深い感動でした。 「慣例だから、諦めるんですか?」 この一言に涙が止まりませんでした。 自分も含めて、世の...
『孤高のメス』 腹の中まで見てください (映画のブログ)
 医療を扱った映画で、手術シーンは珍しくない。  『白い巨塔』の冒頭でも手術シーンがあり、スクリーンに臓器が映し出された。  私は...
孤高のメス (いい加減社長の映画日記)
土曜日のレイトショーのはしご。 スーパーレイトショーで「孤高のメス」を鑑賞。 途中で、記憶がなくなりそうで、怖かったが^^;「UCとしまえん」は、さすがにこの時間になると少ない。 「孤高のメス」は、中くらいのスクリーンで、1割程度かな。 【ストーリー】 大学病...
「孤高のメス」 (みんなシネマいいのに!)
 勉強不足で申し訳ありません。 今までコスプレ風俗って、結局は裸になるから意味が
『孤高のメス』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「孤高のメス」□監督 成島 出 □原作 大鐘稔彦 □脚本 加藤正人□キャスト 堤 真一、夏川結衣、余 貴美子、柄本 明、吉沢 悠、中越典子、松重 豊、成宮寛貴、平田 満、生瀬勝久■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■c...
孤高のメス (映画的・絵画的・音楽的)
 『孤高のメス』を渋谷TOEIで見ました。予告編を見たときから、この映画の真摯さが伝わってきたからですが。 (1)実のところ、この作品のストーリーは極めて単純です。  20年ほど前、ある地方都市の市民病院に、米国帰りのバリバリの外科医・当麻(堤真一)が赴任し、そ...
命をつなぐ~『孤高のメス』 (真紅のthinkingdays)
 急死した看護師の母の葬儀のため、新米医師の弘平(成宮寛貴)は寂れた漁 師町に帰って来る。母の遺品を整理するうち、彼は「1989」と書か...
孤高のメス(テレビ録画) (単館系)
孤高のメス 2011年09月18日22時54分00秒テレビ朝日日曜洋画劇場特別企画「孤高のメス」 時間は録画終了時間 原作は読んでいません。 時は1989年。 ある市民病院に外科医の当麻鉄彦が赴任してくる。 ...