ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

BD「バーレスク」

2012-03-13 20:54:03 | 映画感想
クリスティーナ・アギレラ、シェール、
スタンリー・トゥッツィー、キャム・ギガンデット。



アイオワ州の小さい食堂で働くアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、
店を辞めてロサンゼルスに向かう。
そこで、プロダクションや劇場を訪ねるが、うまく行かない。

夜になり、眺望のいい高層マンションの目の前にある
小さいショーパブ「バーレスク」でテス(シェール)のショウに魅せられ
バーテンダーのジャック(キャム・ギガンデット)に取り入って
ウェートレスとしてもぐりこむ。

バーレスクはテスが元夫と一緒に開いた店で、
人気はあるものの経営は苦しく、借金返済に困っていた。

元夫のビンス(ビター・ギャラガー)は、借金返済には
店を売るしかないと考え、実業家のマーカス(エリック・デイン)の
買収に応じるようテスを説得していた。

しかし、テスは頑として受け付けない。

独り暮らしをしていたアリは、空き巣に入られて文無しとなり、
ジャックの家に転がり込む。

ウェートレスとしては評判のいいアリだったが、夢は捨てきれず、
ダンサーのオーディションに無理やりねじ込んで、
テスにOKを貰い、舞台に立つことになる。

アリはダンサーとしても頭角を現し、徐々に良い役を貰えるようになる。

ある日、問題児のニッキー(クリステン・ベル)が酒を飲んで現れ、
ついにアリとの交代を命じられる。
ニッキーはアリを困らそうと、音楽室に入り込み、
開演して間もなくCDを止めてしまう。

一瞬、ざわつく会場。

アリは舞台を切り抜けることができるだろうか。
テスは借金問題を解決してバーレスクを守り抜くことができるだろうか

***

クリスティーナ・アギレラのファンのための映画。
ミュージカル、ミュージカル・ドラマとしている解説もあるが、
セリフが歌になるわけでもなく、歌と踊りが芝居の一環として
展開されるわけではない。
それらはいわゆる劇中歌の類であり、この映画をミュージカルとは言い難い。

展開も結末も想定の範囲内。
眺望に関しては早い段階で伏線が張られているので、唐突感や違和感はない。

もう少し早い段階でアギレラの歌声が聞けるかと思った。
口パクを非難、自身の生歌で危機を脱したアリ(アギレラ)だが、
以降のショーではやっぱり口パクだったのはいかがなものか。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝の東京スカイツリー、201... | トップ | DE10 1752号車 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
バーレスク/Burlesque (LOVE Cinemas 調布)
ショービズ界でスターになることを夢見るオクラホマ出身のヒロインが、クラブ「バーレスク」で働き始め、やがてその夢を叶えていくと言うミュージカル・ドラマ。主演は大人気のアーティスト、クリスティーナ・アギレラ。共演に『月の輝く夜に』のシェール、クリステン・ベ...
スティーブン・アンティン監督 「バーレスク」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
TSUTAYAの店頭で「あの話題作のBlu-ray&DVDが早くも廉価版で」とあったので、どんなもんか、つい買ってしまいました(:^◇^A オフィシャルサイト⇒http://bd-dvd.sonypictures.jp/burlesque/ 【あらすじ】 バーレスク・ラウンジ、それはセクシーなダンサーたちが...
『バーレスク』 (Somthing Better)
バーレスク [DVD](2011/10/05)クリスティーナ・アギレラ、シェール 他商品詳細を見る 有名になる事を夢見てLAに出てきた女の子が、ラウンジ「バーレスク」で成功する物語。 こりゃクリスティーナ・アギレラとシェールねえさんのPV映画ですなw  内容はある程度先が読...