ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

合鍵

2016-10-19 16:38:25 | 観察
先日だったか、管理会社か何かを装って、被害者宅を訪問し、
鍵を見せてくれと言って、鍵の番号を覚え、これを利用して
合鍵を作って侵入した、というニュースがありました。

鍵の番号だけで合鍵が作れる、というこれまたワイドショーの好きそうなネタ。

道行く人に「鍵を見せてください」というと、78/100人が見せてくれた。
さらに「鍵の番号で合鍵が作れる」というと、それは、ほとんどの人が知らず、
鍵を見せたことが如何に危ないか、とアピール。

この話には続きがあるがそれはさておき、皆さんなら鍵見せますか。

私はTVのインタビューだったら多分見せますね。
ただ、鍵を見せても合いカギは作れません。

と、いうか、そうしている人は多いと思うのですが、マスターは持ち歩かない。
マスターを落としたら大変なので、合鍵を持っています。
合鍵には番号の刻印はない。

最初にマスターを手に入れたときにすぐに何本かコピーを作り、それを常用。
マスターは別の保管場所にしまってあります。

鍵を見せた78%というか78人のうちマスターを持ち歩いていた人はどのくらい?
多分少ないんじゃないでしょうか。
危険、不用意、と煽りたい気持ちはわかりますが、数字が片手落ちなので
本当に危ない状態の人が多いかどうかはわからない。

合鍵を作る際に本人確認をしたらどうか、という意見もあるようです。
しかし、本人確認、というか依頼者の身分証などを提示させると、
それを悪用して合鍵と住所を結び付けることができます。

鍵屋が不正をするとは思わないけど、仮にそれが義務化されると、
確認した書類を残すことになるでしょうから、鍵屋に泥棒に入れば、
合鍵の番号と住所の書かれた書類が手に入ることになります。
そのリスクはどう担保するのか。

大体が合鍵は鍵番号がわからなくても作れます。

番号の書かれていない合鍵であっても、ほんの一瞬手にできれば、
粘土などで型取りしてコピーできるし、鍵の写真があればコピーが作れます。

さらに鍵穴からコピーを作ることもできます。

もっと言えば、今は所持すら違法ですが、ピッキングツールを使えば開錠できるし、
バンプキーを使う方法もある。

だからと言って鍵は見せてもいいというわけではないですが、
見せなきゃ大丈夫というものでもない。

さて、この話には続きがある、と書きましたが、「番号で合鍵」だけでは
尺が持たないと思ったのか、自宅の鍵をその辺に置いている危険性を
取り上げてました。

よくあるのが、玄関付近の植木鉢、郵便ポスト、玄関マットの下、だそうです。
TV局の調査では洗濯ばさみのかごの中の(外から見えてた)人もいました。

マンションなどでは集合郵便受けに入れている人もいるでしょうね。
自宅のポストよりは安全でしょうが、番号鍵では開けられてしまいます。

本当に泥棒に入るつもりなら、鍵がなくても鍵の開いている戸や窓からの侵入、
ガラス戸はロックしてあってもガラス切り、焼き破りなど複数の侵入手口があります。

鍵を壊す、ドアを強力な金切りばさみで切ってしまうなどの手もあるそうですから、
防犯に絶対はありませんが、少なくとも簡単に開けられてしまうことの無いよう、
不用意なことはしないよう注意が必要です。
ジャンル:
住宅
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超小型モビリティ実証車 | トップ | クロアゲハ羽化 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
安全への自覚が大事ですよね。 (すず)
2016-10-20 09:42:31
 おはようございます。

私は「鍵を見せて下さい」と言われても、他人には怖くて見せられません。簡単にコピーできるのは便利ですが、安全への自覚が大事だと思います。

隣近所の年配の一人暮らしの方で、在宅でも不在でも、いまだに鍵をかけない方が結構おられて、田舎ならではの感覚なのでしょうけれども、内心ハラハラしています。
すずさんへ (KGR)
2016-10-20 13:23:02
鍵を掛けないのは危険ですが、辺り一帯がみんな顔見知りで知らない人はすぐわかる土地柄であれば、強ちそうとは言えないかもしれません。

よく事件報道などで「近所の人が知らない車が止まっていたのを見た」などと言われたりしますが、知っている車のほうが少ない地域ではありえないことです。

とはいえ、全ての人が善意の人ばかりではないのも事実ですから、危険性をよく知っておくことも大事ですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。