ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

無断使用の市有地を明け渡し(羽曳野市)で、思い出したこと

2017-04-04 17:07:20 | 地域・コミュニティ
羽曳野市の件について、どうこういうつもりはありません。
この記事を読んで「そういえば」と思いだしたことがあり、書く次第です。

江東区を南北に貫く道路の一つに「丸八通り」があります。

北砂と大島を隔てる小名木川を跨ぐ橋の一つに「丸八橋」があり、
それが通りの愛称の由来だと思っていますが、都道476号でもあり、
正式には墨田区小村井から南砂四丁目までが丸八通りの範囲です。

南砂四丁目と言われてもピンと来ないでしょうが、葛西橋通りと交わる
南砂六丁目交差点が終点となっています。
(南砂四丁目までなのに、終点は南砂六丁目交差点)

お近くをご存知の方ならご承知でしょうが、この交差点の南西の角に
オートバックス東京砂町店があったが、昨年9月に閉店してしまいました。

通りを挟んで反対側(南東側)にはしゃぶしゃぶの木曽路南砂店があります。

さて「丸八通り」はここで行き止まりになるわけではなく、そのまま南へ続き、
片側1車線の本八幡通り(もとはちまんどおり)と交差、さらに南へ進み、
右にはヤマダ電機や洋服のAOKI、ドラッグぱぱすにダイソーなど、
右には7/11とマクドナルドなどがあり、永代通りと交差します。

道路はこの先にも少し続くのですが、たいていの車は永代通りを右左折。
先はやや細くなっているし、車を運転している感覚ではここまでが丸八通り。

しかし、正確には南砂四丁目まで、葛西橋通りとの交差点「南砂六丁目交差点」まで。

そこで、冒頭の「市有地の無断使用」が出てくることになります。
繰り返すが羽曳野市の件について云々言うつもりはありません。
単に思い出したきっかけになっただけです。

ここからちょっと文体をかえて、と。
(変えることに特に意味はないが)

葛西橋通りと交差する南砂六丁目交差点のさらに先、元八幡通り
(もとやわた、ではなく、もとはちまん。由来については別記)との交差点、
驚いたことにこの交差点には名称がついてないが、その先は南に向かって
左に南砂三丁目公園、右に都営南砂三丁目アパートみどり団地がある。

余談だが、南砂町駅の東出口から初めて出た人は、南砂三丁目公園につながっているので、
ここは都内か、一体どこに来てしまったんだろう、と驚くらしい。

その昔、何十年か前、南砂三丁目アパートと南砂三丁目公園の間に細い道路はあったが、
かなりの部分が平置きの駐車場になっていて、事実上、丸八通りは元八幡通りとの
交差点で行き止まりの感じだった。
細い道も永代通りまではつながっていなかった気がする。

南砂三丁目アパートは「アパート」という名が示すように歴史は古く、
1966年、昭和31年建設になっている。

これは推測だが、その前から、おそらくは戦後間もなくから住宅はあったのだろう。
最初は、戸建てか長屋の都営住宅だっただろうが、昭和30年代に5階建ての
いわゆる団地の様式に建て替えられたと思われる。

戦後まもなく、と言えば今の人には想像すらできないだろうが食糧難の時代。
こう書いている私も、言葉を知っているだけで実態は知らない。

少しでも生活の足しになればということだろう、都営住宅の前の遊休地を
「都有地の一時開放」という形でお住いの方々が野菜など食料を作ることが
認められていたらしい。(黙認だったかも)

時代は下って、食糧難は去り、野菜を作る人は減り、草花を植える人が増え、
次第にそれも少なくなり、手入れをしなくなると途端に雑草が増え、虫が出る。
ゴミを捨てる人がいたかもしれない。
そんなこんなで、何時しか、野菜畑は格安の有料駐車場に。

当初の目的とは違った使い方で金を取るとなると都も黙っておれなくなったのか、
それはそれとして、たまたま道路の延伸の話が出たのかは知らないが、
とにかく、一時開放は終わり、丸八通りが永代通りまで伸びた、というわけ。

工事に関し、紆余曲折があったかどうかは知らない。
しかし、この道路が伸びたおかげで、南砂町駅周辺、特に新砂地区の利便性向上、
再開発促進にも貢献したのだろうと勝手に思っている。

今、東西線南砂町駅の改修工事の真っ最中。
駅のホームを増やす=トンネルの拡幅=その上の道路も改修、と大掛かりな工事。
駅前ロータリー付近は工事による道路規制が常態化している。
完成は2020年の予定だそうだ。
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝の東京スカイツリー、201... | トップ | 全米週末興行ベスト10  2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地域・コミュニティ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。