ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

羽田空港、新飛行ルート?

2017-02-11 14:24:41 | 観察
昨日の午後4時前だったと思うが、ジェット機のエンジン音が大きく聞こえた。

と言っても、ときどき聞こえるヘリの音ではないとわかる程度で
騒音とか轟音とかいうレベルではない。

音からジェット機であることは間違いないが、通常の羽田空港のルートでは
こうは聞こえないので、ひょっとして自衛隊機? と思いつつ確認に行く。

するとどうでしょう。

こりゃもう普通の旅客機ですよね。
機種までは分かりませんが4発のエンジンははっきりわかる。

しばらくすると、やや東側を北上する機が見えてきた。
これも通常ルートよりはかなり西を飛んでいる。

こちらは双発。

曇天なので色も模様もよく見えない。

そういえば、羽田空港の発着回数を増やすため、都心上空を飛ぶルートに、云々
(云々、うんぬん、でんでんではなくうんぬん)というニュースがあった。

あれかな、と思ってググると、
ルート変更が計画されており、それにより時間離着陸回数が80回から90回に増える、
都心上空を飛ぶことになり反対運動が起こっている、などの記事があるが、
いつから変更されるのかについては分からなかった。

ともかく、変更後のルートによれば、北風の時の離陸ルート(北向きに離陸)が、
従来の離陸後東へ転進し千葉県を北上していたのを、新ルートではほぼそのまま
北上するように変えるとと計画されているとのこと。
写真はそれにかなり近い。
もう変更になっているのでしょうか。

なお、北風の時、付近の上空を北上するのであれば、南風の時はその逆ルートになり、
機を正面から見ることになるのでは、と思ったが、その場合はもっと西からになる。

北方向から来る機は、さいたま市あたりから東京に入り練馬区、中野区、渋谷区、品川区を
通過して大田区、つまり羽田空港に着陸する。

南方向からは江戸川区、も葛飾区を通って埼玉県に入り、西に転進してあとは同じ。
つまり、うちの上は通らないし、通ったとしても斜め北に向かうので正面にはならない。

蛇足だが、飛行機は風に向かって離陸し、風に向かって着陸する。
横風でも離着陸することはあるが、真後ろから風を受ける方向の離着陸はない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝の東京スカイツリー、201... | トップ | 今朝の東京スカイツリー、201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。