ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

ダーツ初心者(その1)

2007-11-06 20:29:07 | 趣味
ダーツをスポーツに入れていいのか、ゲームに入れていいのか悩むが、
まあ、初心者にとってみればどっちでもいいこと。

実は先日の11/3、自治会の主催でダーツ大会をやった。
これはその時の様子。



昔々、家でダーツをやったら、壁に刺さって、
かみさんにどえらく怒られた記憶がある。

あの頃は、今でいうハードダーツ。
ダーツの先が金属で、フェルトか何かを貼ったダーツボードに刺すタイプ。

今はソフトダーツが主流というか、催し物では、事故の可能性も考えて、
ソフトを選ぶしかない。

ダーツの先端はプラスティックで、ボードもプラスティック。
ボードにはダーツが刺さるように穴がいっぱい空いていて、
自動的に点数がカウントされるようになっている。

ボードの方に電子回路が組んであるわけだが、エレクトロニック・ダーツという。
これはさっきの大会で使用したもので、実売価格で1万くらいだった。



8人までのスコアをカウントしてくれるし、
「プレーヤー・ワン、スロー・ダーツ」などと掛け声もかけてくれる。

「ダブル」「トリプル」「ブルズアイ」「ワン」「ツー」など、
得点も叫ぶタイプだ。

こちらはもう少し安いもので、実売で一万円を切る。



やはり、8人までのカウントを自動でするが、
液晶表示部が1つだけ(前のは4つ)。
電池駆動のみ(前のはAC/DC兼用)。
語りが少ない(得点は言わない、「ネクスト、プレーヤー・ワン」とかは言う)
など機能の少ない分安い。

また、これは別に書くが、できるゲームの種類も違う。
ハンディなんかも付けられるようになっている。

これはおまけについていたダーツ。



これは、はっきり言って安物。

ダーツ大会の賞品にちょっと高い(と言っても1本数百円程度)のものを出した。

これは早速その賞品のダーツを上位入賞者が組み立てているところ。


ダーツを組み立てることについては、長くなるので別記事に書くが、
1本数百円のものでも段違いに良い。

これは初心者の我々にとってもはっきりとわかるくらい差がある。
構えやすいし、投げやすいし、弾道も決まる。

良いものは、1本何千円もするらしいが、そこまでではなくても、
マイダーツを持ちたいと思わせるくらい、出来がいい。

何せ基本的には投げるだけなので、素人にもとっつきやすい。
しかし、ゲーム自体は多様で、戦略性もあり、奥が深い。

TVでTFPを見ていると、
あんなもんなんで外すの?と思ってしまうが、
これがまたなかなか思うようにはいかない。

その割には、たとえばボウリングだって、
超初心者でもストライクが出ることもあるように、
ど真ん中に入って、ボードが「ブルズ・アイ」と叫ぶこともあり、
これがまた楽しいのだ。

ゲーム・ルールなどについてはまた別途。

関連記事

ダーツ、初心者

ダーツ初心者(その2)ダーツ

ダーツ初心者(その3)ダーツボード

ダーツ初心者(その4)ゲーム

ジャンル:
その他
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「狼よさらば」と「ブレイブ... | トップ | ダーツ初心者(その2) 、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ダーツ初心者向けのまとめ (ノーダーツノーライフ)
ブログ第一回更新♪ 今回は、ダーツなんてやったことないよ!とか、ちょうどダーツをはじめたところ♪って方向けの話をネットで見つけたので、そんなまとめの話です♪ ダーツ初心者 自治会主催のダーツ大会の様子が書かれたページ。 ダーツをスポーツに入れていいのか...