ブログトップへ
サードアイホームページへ ウェブショップへ スタッフブログへ イベントショップへ


◎コチラ 今年2月の発売以来爆発的人気を見せている

ホンダ CRF1000L アフリカツイン

昔のごついアフリカからスポーティーなイメージに生まれ変わって帰ってきましたね

今の時代のロングツーリングにも最高のパフォーマンスを魅せてくれる

究極のアドベンチャーマシン

 

さて、今回のご依頼は凄いですよ

この新アフリカツイン新車購入して即オールペイントしてしまおう

というオーダーをいただきました

 

どんなカラーにペイントするかといいますと

コチラ

1986~1989頃の初代アフリカツインNXR750(ロスマンズカラー)

はいご存知の方も多いかもしれませんが

パリダカールラリーホンダ黄金時代を走りぬいた初代アフリカツインNXR750

80年代のホンダを代表するカラーがトリコロールロスマンズ

 

トリコロールは今でもホンダ車にはラインアップされる定番人気カラーなんですが

現在ではロスマンズが純正カラーバリエーションにラインアップされることはありません

 

なぜ?

 

その答えは

 

タバコ

 

今の時代タバコを宣伝するカラーを

純正にラインアップすることなんて出来ない時代になってるんですね

 

なので『ホンダからロスマンズカラーが発売されることは無い』と言っていいでしょう

 

・・・で、

無いとなると欲しくなるのがカスタム魂

無いものは作っちゃいましょう

って言うのが今回ペイントをご依頼してくださったたオーナー様

 

・・・が、

しかーし

ここで新たな情報が・・・

すでに新アフリカツインのロスマンズカラーが存在するという事実が・・・

それがコチラ(拾い画像)

おお~

確かに新アフリカのロスマンズ

純正オプション???

 

いえ、違いました

どうやらスイスのカスタム(ペイント?)ショップが制作された

作品みたいですね

 

やっぱり世界のホンダ

憧れやリスペクトは世界共通

同じ事考える人っているもんですね~

 

考える人はたくさんいても実行しちゃう人はほとんどいません

こううなったらスイスのショップさんより美しくカッコいい
ロスマンズアフリカツインに仕上げますよ~

 

そしてオーナー様が新車の納車翌日に鳥取県からサードアイまで乗ってきてくれました


カッコイイ~~~

こんなの欲しい~~~
(チー兄、まったく足が届きませんが

今はまだトリコロールのピカピカ新車

慣らし運転も終わってません

スペシャルなロスマンズに生まれ変わっていただきます

カスタムスタート

 

 

 

みなさんの応援クリックが↓↓↓毎日の励みになってます


そして…
サードアイの番外編、スタッフブログも読んでみてね!

  さらに…
ブログとは違ったサードアイ情報満載【サードアイFacebookページ】

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« イベントショ... CRF1000Lアフ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。