第3の支援者構想委員会 キャリアコンサルタントの未来を考える。

キャリアコンサルタントは、親でも上司でも先生でもない「第3の支援者」。これからのキャリアコンサルタントの未来を考えたい。

18年春大卒、3人に1人が内々定 選考解禁1カ月前

2017年05月18日 | 日記
リクルートキャリアの発表。

経団連が加盟企業に求める選考解禁日の6月1日を前に、すでに3人に1人の学生が内々定を得ている状況。

就活スケジュールは完全に形骸化。

優秀な学生を獲得しようと、、となっているが、人事は、もうほとんど数字でしか見ていない。

今後、訪れる内定辞退。歩留まりを念頭に内々定を出している。

これでは、アルバイトの御中元バイトのようだ。

シェイクハンドの重みが、どんどん軽くなってる。

それでいいのか。

そして、

まだ未内定の学生は焦る。

マイナビの調査では、就活生の75%は、就活が不安だと言っている。

つまり、内々定を貰っていても、学生はいまだ満足していない。安心していない。

ソワソワ感満載だ。

不安の中身が全然違う。

支援の質も変えなければならない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生産性向上に向けたセルフキ... | トップ | 2017年のセルフキャリアドッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL