第3の支援者構想委員会 キャリアコンサルタントの未来を考える。

キャリアコンサルタントは、親でも上司でも先生でもない「第3の支援者」。これからのキャリアコンサルタントの未来を考えたい。

人事スタッフが感じる「提供されていないもの」

2017年06月10日 | 日記



HR総研:人事の課題とキャリアに関する調査 結果報告から。

「提供されていない」と感じるリソースでは規模別の違いが興味深い。
「1001名以上」で目立つのは「人員」。人が足りないということだ。
「301名~1000名」や「300名以下」では「能力開発の機会」、「スキル開発の機会」、「人脈」、「予算」が足りないという。


人事部書のスタッフは職務へのやりがいや専門性向上に関して興味関心が高い。

大手の人で不足はわかる。
新卒を2,30名採用しているようなところでも、実質1、2名で動かしている。

一方で、

中堅規模の「提供されていない」内容が興味深い。

創造する人事にも、開発が必要だ。

この方法でいいのか?という漠然とした不安が感じ取れる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 創造する、改革する、考える... | トップ | 常態化のリストラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL