THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

7597、ボストンサイエン、米アズマテック:喘息治療器具メーカーを買収。全米の患者2千万人

2010年09月30日 21時43分57秒 | thinklive
ボストンサイエンティフイックハ喘息治療器の開発、販売を行う米、アズマテックを。最高,443.5m$
で買収する、アズマテックは18才以上の喘息患者で,吸入式の医薬品で効果の無い患者を対象とした外科手術に使用するカテーテル治療器具を販売、、10/4月、米FDAの承認を得た、挿入したカテーテルの先からラジオ波を発し、気管支壁の筋肉を熱することで、呼吸障害を引き起こす筋肉を収縮を弱め、喘息症状を軽減する、これはボクは治療可能がありうると思う、以下の記事も同様の治療法、
全米には2000万人の喘息患者がいるという、買収価格は高いけれども可能性に掛ける?

* 和歌山の久保先生が監修されている喘息患者さんの治療ガイダンス。 .... メファー社、medel社の喘息用吸入器(ジェット式ネブライザー)、吸引器、ピークフローメーターのお取り扱い; PARI Respiratory Equipment. ... ポリテックス株式会社: 気道抵抗測定装置(RINT)など肺機能検査機器の取り扱い;

ボストン・サイエンティフィックは2006年4月のボストン・サイエンティフィック コーポレーションとガイダント・コーポレーションの合併により、低侵襲治療のための医療機器を扱う世界最大級のグローバル企業となりました。日本におきましても、これまでボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社と日本ガイダント株式会社の両社は、販売、マーケティング、事業管理等様々な面で緊密な連携を取っており、大きな相乗効果を生んできましたが、今回の法的な合併により、2009年年初より改めて1つの会社、1つのチームとして、更なる相乗効果を生むべく、新たなステージに向かって始動いたします。

<ボストン・サイエンティフィック社>
ボストン・サイエンティフィック社(米国マサチューセッツ州)は、最先端メディカルデバイス(医療機器)の開発・製造・販売を行うグローバル企業です。インターベンション(身体をメスで大きく切らない治療)分野では世界最大手。その高品質な製品群は、脳から心臓、全身の血管、消化器、泌尿器にまでわたっています。
ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社は1987年に創立され、輸入・販売・製造業者として日本におけるインターベンションの発展を担ってきています。

.
More On BSX
Quotes
Summary
Order Book
Options
Historical Prices
Charts
Interactive
Basic Chart
Basic Tech. Analysis
News & Info
Headlines
Financial Blogs
Company Events
Message Boards
Company
Profile
Key Statistics
SEC Filings
Competitors
Industry
Components
Analyst Coverage
Analyst Opinion
Analyst Estimates
Research Reports
Star Analysts
Ownership
Major Holders
Insider Transactions
Insider Roster
Financials
Income Statement
Balance Sheet
Cash Flow
..Boston Scientific Corporation C(NYSE: BSX)
Last Trade: 6.11
Trade Time: Sep 29
Change: 0.00 (0.00%)
Prev Close: 6.11
Open: N/A
Bid: 6.09 x 1600
Ask: 6.14 x 1000
1y Target Est: 6.91
Day's Range: N/A - N/A
52wk Range: 5.04 - 10.64
Volume: 0
Avg Vol (3m): 20,278,500
Market Cap: 9.27B
P/E (ttm): N/A
EPS (ttm): -1.76
Div & Yield: N/A (N/A)
..People viewing BSX also viewed:

米ボストン・サイエンティフィック、2300人削減へ
2007年 10月 18日 12:09 JST
 [ニューヨーク 17日 ロイター] 米医療機器メーカーのボストン・サイエンティフィック(BSX.N: 株価, 企業情報, レポート)は17日、営業費用削減の一環として、従業員の約9%に当たる3200人を削減するとともに、複数の事業部門を再編または売却する方針を明らかにした。
 同社は、270億ドル相当のガイダント買収に伴う債務のほか、主力の心臓関連機器の販売不振に苦しんでいる。
 同社は、2006年初め以来株価が約45%低下していることを受け、巻き返しを模索している。
人員削減は今月から始まり、2008年末までに完了する予定。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7596、シャープ、東大と共同で変換効率、42.1%の太陽電池を開発

2010年09月30日 21時21分27秒 | thinklive
革命的発見ということであれば株価は急騰するはずであるが、9/30日の、シャープの株価は大幅に下げた、理論レベルと商業生産の間にある乖離現象?おそらくコストレベルの解決が必要、
世界最大の太陽電池メーカー、ベースは化合物半導体、ファーストソーラのコストはシャープの1/3といわれる、

シャープの株価動向
*終値が最安値レベル、さらなる下げ気配、
10/9/30 831 前日比 -34(-3.83%)
当日推移 830-870
始値   866
出来高  860万7000

2010年9月9日、シャープは、光から電気への変換効率が自社測定で42.1%と世界最高の太陽電池を東大と共同で開発したことを明らかにした。
人工衛星などに使われる化合物系の太陽電池に集光レンズを組みあわせ、これまで最高だった米企業の41.6%を超えた。
シャープと東大が開発した太陽電池は、太陽光を電力に変換する半導体に、レンズで光を集めて照射する「集光型」と呼ばれるシステム。
汎用品の太陽電池パネル(ソーラー・パネル)の変換効率は、昨年2009年6月、三洋電機が公表した23%を達成したHIT(Heterojunction with Intrinsic Thin layer)でした。
今回のシャープと東京大学が共同開発をした太陽電池パネル(ソーラー・パネル)が汎用品として一般に流通する商品となった際には、変換率も多少下がると推察されますが。
それでも、相当大きな変換率を成し遂げた太陽電池パネル(ソーラー・パネル)の登場です。
シャープと東大が開発した太陽電池は、ガリウムやヒ素などの元素を混ぜた化合物の層に光を吸収させて発電する仕組みで、シャープは昨年10月、当時として世界最高の35.8%を達成。
今回、この電池を改良し、レンズをつけたということです。
 住宅用で主流の結晶系の太陽電池は変換効率が20%以下であるのに対し、高コストだが変換効率が30%以上と高い化合物系は主に宇宙開発やソーラーカーレースなどに使われている。
 シャープはさらに効率を高め、大規模発電所での利用も想定するが、実用化には量産などによる低コスト化が不可欠という。
砂漠や農地など広大な敷地で行う太陽光発電に適しているという。
現在は実証試験の段階で、シャープは集光型の発電効率や量産化に向けた研究・開発を進め、環境意識が高く広い土地が確保しやすい欧州など海外の電力会社などへの納入を見込む、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7595、中国にとって資源は戦略的兵器、世界中で買いあさり、国内では政治的管理の対象

2010年09月30日 19時06分31秒 | thinklive
中国政府は、国内レアーアース事業の統合、寡占化を目指す、
中国アルミ(国有企業)、は江西省政府と10/3月、レアアース分野で協力に合意、4月に合弁企業を設立、国内のレアメタル大手,江西省の国有大手、江西稀有金属タングステンコウ股集団に過半数を出資,3~5年間に100億元を投資する、
江西稀有の年間売上は、09年、89億元、江西、雲南、河北、福健に鉱床を保有、レアアースも保有、
5年以内に、売上を500億元まで引き上げる、
広西省チワン自治区の地元企業も傘下におさめて、レアーアースの生産に乗り出す、
中国アルミはアルミ市況の不振で08年以降,赤字を続ける、レアアースへ参入、収益状況を転換する、中国アルミの親会社の、中国アルミ業公司は米アルコアと組んで、リオティントに買収を仕掛け失敗はしたが、19%近いリオの大株主のはず、上海市場に上場、
Aluminum Corp ob China、上海A、アルミ地金世界4位、アルミ、世界3位、
      業績の推移
  売上 営業利益 純利益 利益率、1株利益 配当
06 64826 17767  11841  18.2% 1.040  0.3160
07 85198 15793  10753  12.6% 0.840  0.1900
08 76728 1832   19   0.02% 0.001  0.0520
09 70268 -3279  -4642  -6.5% -0.348  0
10 90224 9169   4413  4.8%  0.319 0.0711
*原料であるボーキサイトの自給率を現在の66%から将来的には、88%-90%荷まで高める計画

中国のレアメタル権利買収

タンタルというレアメタルがある。携帯電話、DVDプレーヤー、パソコン、デジタルカメラ、ゲーム機、液晶ディスプレーそして通信機器といったエレクトロニクス関係のキャパシター(蓄電装置)などで使われている。
 タンタルを用途別にみると、55%がエレクトロニクス、20%が特殊合金、残り25%が特殊化学品その他となっている。
 2008年の世界におけるタンタル生産は、豪州30%、ブラジル14%、モザンビーク13%、モザンビーク以外のアフリカ24%、中国、8%、カナダ4%、ロシア3%、
合計生産量はタンタル酸化物として430万ポンド(約1952トン)であった(出所:USGS=アメリカ地質調査所)。  
 タンタルでは世界一の生産量を誇る豪州に、ライナス・コーポレーション(Lynas Corp. Ltd)という、タンタルを含むレアメタルそしてレアアースの探鉱・開発会社がある。このライナスを最近、中国の国営非鉄金属鉱山会社(China Non-Ferrous Metals Mining(Group)Co.,Ltd=CNMC)がその支配下に置いた。ライナスの負債肩代わりと借り入れ保証と51.6%の株式取得の組み合わせによるものである。取引総額は,366m$である。同社の保有する資源は西豪州にあり、レアアースは世界で最も豊かな鉱床で推定埋蔵量770万トン、タンタルヲ含め、レアメタルは鉱石にして3770万トンあると言う。
 中国が買収したのはそれだけではない。2月には豪州のレアメタル会社アラフラ・リソーシス(Arafura Resources Ltd)の株式25%を、やはり政府系の東中国探鉱・開発公社の傘下にある江蘇東方中国非鉄金属投資会社(Jiangsu Eastern China Non-Ferrous Metals Investment Holding Co.,Ltd=JIH)という会社が2400万豪ドルで取得することで合意した。
 さらに、世界の鉱業界を驚かせたのは、10年6月、中国の投資会社China Investment Corporation(CIC)が、カナダの大手鉱山会社で、亜鉛では世界1位のテック・リソーシス(Tech Resources Ltd)の株式約17%を15億ドルで取得したことである。同社もカナダでタンタルほかレアメタル、レアアースの探鉱・開発に乗り出しており、有望な鉱床を持っている。
 CICはこれまで、米金融大手モルガン・スタンレー,ブラックストーンなど主に金融機関に投資していたのに、投資先を変えてきたことが注目される。
 これらの投資から明らかなことは、中国が世界中で鉄鉱石、銅、ニッケル、コバルトなど産業の基盤となるメタル資源だけではなく、レアメタル、レアアースといった希少資源の囲い込みも国ぐるみで積極的にやり始めたということである。
 中国は、レアアースとタングステン、アンチモンなど一部レアメタルでは世界一の埋蔵量を持ち、レアアースは世界の95%の生産量を誇っている国である。
ところが近年、こうした希少資源の輸出規制を強化してきているのである。
 輸出関税を10%から15%に上げ、1年前200社あった輸出業者が2009年には20社に絞られている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7594、住友商事/マレーシアでアルミ事業へ最大、250億円、ブラジルでは鉄鉱山へ1929m$出資

2010年09月30日 18時26分46秒 | thinklive
住友商事株式会社は、マレーシアのアルミ押出品最大手であるPress Metal Berhadが、株式の80パーセントを保有する子会社Press Metal Sarawak Sdn. Bhd.を通じ、マレーシア サラワク州において推進中のアルミニウム地金製錬事業の第一期プロジェクト(2010年末フル稼働予定、年産12万トン、総事業費 約3億米ドル)に参画します。
 住友商事は、現在プレスメタルサラワク社の残り20パーセントの株式を保有する中国の投資会社よりその全株式を取得し、事業パートナーとなるプレスメタル社と株主間契約を締結。合わせて、プレスメタルサラワク社の5パーセント株式の追加買い取り権、および計画中の第二期プロジェクト(2012年末フル稼働予定、年産24万トン、総事業費 約6億米ドル)への出資参画権を取得しています。
 プレスメタル社は、マレーシアのクアラルンプール証券取引所(Bursa Malaysia)に上場する同国最大のアルミ押出品メーカーであり、かねてよりその上流のアルミニウム製錬事業も推進してきました。
現在、住友商事はオーストラリアなどでアルミニウム製錬権益を保有し、日本およびアジア地域で広くアルミニウム地金取引を展開しています。本事業への参画は、長期にわたって住友商事のアルミニウムビジネスの中核になるものと位置付けており、今後さらなる需要の伸びが見込まれるアジア市場での取引拡大を目指します。
*2010年9月28日

将来的に、年間、3000万tの鉄鉱石一貫生産を目指す、

住友商事は、ブラジル鉄鋼大手ウジナス・シデルジカス・ デ・ミナス・ジェライス 社が設立する鉄鉱山会社ミネラソン・ウジミナス社(以下「MUSA」)の第三者割当増資を引き受けることにつき、ウジミナス社と基本合意に達しました。
住友商事は、過去数年来、ブラジルにおける優良鉄鉱山案件の発掘に努めてきており、今回、ウジミナス社の戦略的パートナーとして、同社の既存鉱山事業およびその拡張事業に参画することに基本合意したものです。本件は、鉱山、鉄道、港の鉄鉱石一貫プロジェクトとなる案件です。
従来より住友商事は、「日本および世界の持続的成長のために、資源・エネルギーの安定供給に貢献すること」を目標に、資源権益の拡充を基本方針として取り組んでいます。また、資源権益のポートフォリオ構築にあたっては、商品、地域、時間軸などの要素を考慮して、判断してきました。
本件は、最重要商品の一つと位置付けている鉄鉱石であること、現在住友商事が資源権益を有していないブラジルという地域性、すでに操業段階にあり早期の収益貢献が期待でき、かつ将来の成長が見込まれるという時間軸の観点から、住友商事の資源権益のポートフォリオ戦略に合致した優良案件と考えています。
【ウジミナス社との基本合意事項】
1.ウジミナス社が有する次の鉄鉱山事業関連資産をMUSAに移管する。
 1)ミナスジェライス州セーハアズール地域の鉄鉱山資産
 2)ウジミナス社保有の民間鉄道会社エムアールエス・ロジスティカ(以下「MRS」)株式の一部
 3)リオデジャネイロ州イタグアイ地区の輸出港湾プロジェクト用地 
 4)セ-ハアズール地域の鉄道積込駅の株式
2.住友商事は、MUSAの第三者割当増資を引き受けることで、同社の30%株式を取得する。増資引受額 は最大1,929百万米ドル、内クロージング時点での支払額は1,350百万米ドルの予定。
3.両社は、本年8月末をめどに最終契約書への調印を目指す。
【プロジェクト概要】
1. 鉄鉱山所在地:
ブラジル ミナスジェライス州の「鉄四角地帯」と呼ばれる鉄鉱石が豊富に賦存している地域の北西に位置するセーハ アズール地域(プロジェクト全体地図参照)。
           
2. MRS鉄道路線および鉄道積込駅:
ベロホリゾンテ市からリオデジャネイロ州イタグアイ地区の鉄鉱石輸出港湾地域およびサンパウロ州のウジミナス社クバトン製鉄所まで延伸している民間鉄道会社の路線。

3. イタグアイ港湾用地:
リオデジャネイロ州イタグアイ地区にある鉄鉱石輸出港湾プロジェクト用地。

4. 想定可採鉱量:約24億トン。

5. 年間生産量:現在年産7百万トンペースで生産中。将来的には年産約30百万トンの鉄鉱石一貫プロジェクトを目指す。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7593、10/9/28、火曜日、雨天,PM1.00、三越銀座店、最大の問題はB1化粧品売場の閑散度

2010年09月30日 16時03分38秒 | thinklive
雨の日の火曜日で、三越銀座店の入店客の状況を見たくて思い立って出かけた、日比谷線銀座駅の
三越側の出口も混雑は無い、三越の店員が2人ほど改札を出たところに立っている程度、
地下1階の三越を入ったところは改装前に比較すれば一杯の感じではあるが混雑はしていない、フロア中央のエレベーターで、とりあえず9階へ行く,11,12階のレストラン街を最初に見たかった、
気が付いたのはエレベーターの待ちはほとんど無かった、4,5人だった、これは開店時とはえらい違い、開店時は勿論満員であった、各階に待っている人も乗れずそのまま9階へ行った、今回は1階、1階止まって行くが、誰も乗り手がない、それでも。9階の銀座テラスで降りると、雨が叩いている芝生には勿論誰もいないが、芝生周りのテーブル席は一杯、フロア右奥のカフェコーナーも一杯、中央奥のコミュニティ空間のテーブル席も一杯で、雨の日は閑散の感じはない、
10階へ向かう中央の上下のエレベーターも満員である、10階は子供、ベビーフロアだが、ここは開店時も閑散であった、開店時には父親と子供連れが結構いたが、その姿は今日は見えない、とくに洋服売り場はチラホラだが、いない、という感じではない、ただし、売り場の効率は低い、というよりも
ケリエイティブティがゼロだ、子供の発達心理額的な観点からみた生活学習的なソフトモダンがゼロの感じ、高級感とエレガンスが売り物?子どもたちはエレガンス?
11.12階のレストラン街はすべての店が待ち客がいた、混雑はないが、4.5人の待つ客がいた、一番多かったのは,11階の小川軒であった、
12階から、順次売り場をエスカレータで降りていったが、開店時の混雑はないにしても、メンズ階は別にしてほとんどのフロアで買い物のお客は煮日割っている感があった、エスカレーターで見るお客は買い物の袋を持っている客が開店時に比較すれば、ずっと多い、3,4人に1人はいたように思う、
地下2,3階の買物客の賑わいも同様で混雑はしないが買物客はいる、という状況であった、
改装、増築前に比較して、昔ボクたちが百貨店に持っていたラグジャリアウルな空間構築が出来ている、その点では、松屋、松坂屋,阪急といった銀座界隈の百貨店を圧倒する愉悦を与えてくれる、と言えるように思う、だが開店1ケ月という現在を延長してどうか、ということになれば分からない、
ネットショッピング、特に携帯経由の購入が2桁伸びていることは事実であり、ユニクロをはじめ、ファストファッションの展開も始まったばかりである、オーソドックの延長上にある、三越銀座の小売効率が低下する可能性が大きいことも事実である、

最大の問題は化粧品売り場の閑散である、
国内化粧品市場が09年、-8%の縮小した通産省の統計が示しているが、伊勢丹新宿も東急東横店の2階の化粧品売り場もボクの感じでは、入店客がこの2,3年の間に3割は減った感じだ、
三越銀座の新装なった化粧品売り場も入店客レベルでは、ほかの女性向け階よりもお客がいない感じが強い、化粧品を購入するという動作は極めて個人的で、インサイドを向いた買い方になると思うのだが、売り場全体がそうなってしまうと、活気が無くなる、入りずらい、とううか、店頭における化粧品の売り方の変化が求められているように思う、
ボクは今、岩波新書の「タンパク質の一生」を読んでいるのだが、人間の細胞環境におけるタンパク質の生産、加工、修理、再生、消滅の過程は極めて劇的で、1年足らずで人間の細胞(神経線維を除く)が90%以上も更新されるという状況の激しさに感動している、あまりにも精細、複雑でとても覚えきれるものではないのだが、化粧という行為のもつ細胞生理的な変化はもっと映像的に解説されるべきではないかと感じる、
全フロアを通じて映像空間が皆無に近い、これは異常ではないかと思ったほどだ、化粧で美しくなってゆく映像があの広大なフロアをどう変えるのか。手許暗がり、というか私化空間で埋めつくされている、巨大な空間に空間心理的な開放感を与えるべきだし、化粧の科学を映像化する空間があってもいいはずである、化粧品売り場はなんとなく怖い空間である、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7592、RIM、タブレット端末「BlackBerry PlayBook」発売は11年早々、

2010年09月30日 10時16分36秒 | thinklive
28日の米株式市場では取引き開始直後から売りが優勢、RIM株は,1.46$(-3%)安で引けた、発売が来年で、年末商戦に間に合わないこと、競争の激化が嫌気されたというが、翌日には、1.45$(+3.09%)と戻している、営業用多機能端末として合格の評価?
これまで北米市場ではブラックベリーがシェアトップで、ビジネスマンには必携の感があり、継続的な購入者層の支持が見込まれるということ、
*Wireless Wire News
米国時間27日に発表されたPlaybookは、ARMのデュアルコアプロセッサ(1GHz)を搭載し、RIMが先頃買収したQNX社製のOSで駆動する。重さは400グラムとiPadに比べて軽く、7インチの液晶画面のほか、前面と背面にそれぞれカメラを搭載、Wi-Fi、Blutoothによる通信機能、フルHD(1080p)に対応する動画再生機能や、HDMI接続での外部モニターへの映像出力機能などを持つ。また、ウェブブラウザはAdobe Flashにも対応するものとなる。なお、携帯通信網へのアクセスはいまのところBlackBerry経由(ティザリング)のみとなるが、将来的には端末単独での接続機能や、これから展開される4G網に対応する可能性もあるという。
RIMでは、PlayBookを2011年前半にまず米国で一般向けに投入した後、同年後半にその他の市場へも展開する予定で、販売については携帯通信事業者などを通じて行うという。なお同製品の価格については明らかにされていない。

タブレット(スレート型)端末の分野では、発売から3ヶ月間で300万台超を販売したiPadの成功に刺激を受けて、海外でも有力なハードウェアベンダーが製品を投入もしくは投入の意向を表明している。グーグル(Google)のAndroid OSを採用する製品としては、すでにデル(Dell)が「Streak」を発売、サムスン(Samsung)が「Galaxy Tab」を発表しているほか、モトローラ(Motorola)でも投入を計画している。さらにPalmを買収したHPでも同OSで動くタブレット端末を開発しているという。

なお、RIMはこの日の製品発表に合わせて、サードバーティ開発者向けに「BlackBerry Advertising Service」「BlackBerry Payment Service」などの新プログラムも発表している。いずれもBlackBerryプラットフォームに対応するアプリの拡充を目指したものだが、BlackBerryプラットフォームに対応したアプリは現在約1万種類と、すでに約25万種類のアプリが存在するiOSには大きな差をつけられている。

Research In Motion Limited(NasdaqGS: RIMM)
After Hours: 48.36 0.00 (0.00%) 7:59PM EDT
Last Trade: 48.36
Trade Time: 4:00PM EDT
Change: +1.45 (+3.09%)
Prev Close: 46.91
Open: 47.09
Bid: 48.26 x 1000
Ask: 48.50 x 600
1y Target Est: 65.30
Day's Range: 46.94 - 48.74
52wk Range: 42.53 - 76.95
Volume: 17,893,524
Avg Vol (3m): 17,949,200
Market Cap: 25.28B
P/E (ttm): 9.31
EPS (ttm): 5.19
Div & Yield: N/A (N/A)
..People viewing RIMM also viewed:

RIMでは、PlayBookを2011年前半にまず米国で一般向けに投入した後、同年後半にその他の市場へも展開する予定で、販売については携帯通信事業者などを通じて行うという。なお同製品の価格については明らかにされていない。

タブレット(スレート型)端末の分野では、発売から3ヶ月間で300万台超を販売したiPadの成功に刺激を受けて、海外でも有力なハードウェアベンダーが製品を投入もしくは投入の意向を表明している。グーグル(Google)のAndroid OSを採用する製品としては、すでにデル(Dell)が「Streak」を発売、サムスン(Samsung)が「Galaxy Tab」を発表しているほか、モトローラ(Motorola)でも投入を計画している。さらにPalmを買収したHPでも同OSで動くタブレット端末を開発しているという。

なお、RIMはこの日の製品発表に合わせて、サードバーティ開発者向けに「BlackBerry Advertising Service」「BlackBerry Payment Service」などの新プログラムも発表している。いずれもBlackBerryプラットフォームに対応するアプリの拡充を目指したものだが、BlackBerryプラットフォームに対応したアプリは現在約1万種類と、すでに約25万種類のアプリが存在するiOSには大きな差をつけられている。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7591、伊藤忠傘下の食品卸4社統合へ、三菱商事系4社の統合に続く、

2010年09月30日 09時12分01秒 | thinklive
伊藤忠傘下3社の売上の規模はいずれも中小レベル、単独の国内卸では生き残れない、統合による規模の競合力の獲得はベース、三菱商事系子会社との売上格差も大きい、統合による合理化効果は2桁レベルの億円には達する、最終的には伊藤忠食品との統合が生まれる可能性が高い、

伊藤忠系の4社統合へ 売上高1兆5千億円に*河北新報ニュース
09年度、単位億円
企業        売上 
日本アクセス    13605 食品総合卸、低温物流に強み、中国に出資
ファミリーコーポ  703  ファミマの仕入れ、物流
伊藤忠フレッシュ  575  生鮮食品
ユニバーサルフード 150  外食チェーン向け卸、
小計        15033
伊藤忠食品     6221 今回の統合には参加せず、セブンイレブンが主力販路
合計        21254

三菱商事系4社の統合
菱食        13847
明治や商事     3134
フードサービスネット3129
サンエス      2034
合計        22144

社名 株式会社 日本アクセス
TEL 03-6859-1111
創立 昭和27年10月1日 設立 平成5年10月1日
事業内容 食品、農産物、酒類、タバコ、医薬品、医薬部外品、化粧品、肥料、飼料、園芸用品等の販売及び貨物運送取扱事業

株主 伊藤忠商事株式会社 93.6% 。雪印乳業株式会社 6.4%
資本金 26億2千万円
決算期 3月
売上高 1兆3605億円(2009年度・連結)
経常利益 137億円(2009年度・連結)
利益率  1.0%
従業員数 3,066名(2010年3月末現在)
取引銀行 農林中央金庫
みずほコーポレート銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
関係会社
日本アクセス北海道(株)
山形ソルト商事(株)
ウッドランド産業(株)
(株)新光
みのわ商事(株)
(株)ドルチェ
(株)新晃
昭和物産(株)
(株)山一商会
(株)アクセスチルド流通サポート
(株)ジェフネット
(株)ジャパンインフォレックス
大塚チルド食品(株)
エヌ・アイ・エスフーズサービス(株)

菱食の業績推移
     10/1-6 11/3 前年比
売上    6740 19000 37.2
営業利益  45  130  25.2
利益率   0.6% 0.6%
純利益   36  75   58.2
利益率   0.5% 0.39%
1株利益  65,82 174.52


 伊藤忠商事は29日、日本アクセス(東京)など子会社の食品卸4社について事業再編の協議を始めると発表した。4社の統合も視野に入れており、実現すれば売上高が1兆5千億円の新会社が誕生する。
 人口減少で国内の食品市場は縮小する見通しで、グループ内の一体性を強めることで収益力を高める狙いがある。三菱商事も系列の4社を経営統合して食品卸業界で首位の新会社を発足させる計画。伊藤忠系4社が統合すれば、これに次ぐ規模となり、業界の勢力図が大きく変わる。
 伊藤忠は日本アクセスを軸として、ファミリーコーポレーション、伊藤忠フレッシュ、ユニバーサルフード(いずれも東京)を加えた再編を検討する。条件や手法については来年3月末までの合意を目指す。子会社間の協力関係を強化して、販路の相互活用を進め、販売増につなげる。
 食品卸業界は現在、独立系の国分が売上高約1兆4千億円とトップで、三菱商事系の菱食、伊藤忠系の日本アクセスが続いている。両商社系列が統合すれば、国分は3位に後退する見通し。
 伊藤忠は4社以外に、傘下に食品卸大手の伊藤忠食品(大阪市)を擁するが、今回の再編の対象にはしない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

K199 旅に出ます

2010年09月30日 05時43分16秒 | Wood Basic
ちょっとの間
旅に出ます。

 絵 woodbasic
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7590、東電、大型増資、希薄化を嫌気して株価は売り殺到、引けは約、8%の値下がり

2010年09月29日 22時07分49秒 | thinklive
今後、10年間で最大,3.5兆円の投資、国内市場では、原発やスマートグリッドに2.5兆円、海外では、米国、ベトナムの原発、中、印の火力発電、燃料のウラン,LNGの権益取得に、8千億~1兆円投資、投資のタイミングはギリギリの感はあるが、悪くは無い、
東電の株価
10/9/29  2105 前日比-177(-7.76%)
*2000円は割れず、安値は、2090円、年初来最安値、

東京電力が公募増資を発表、朝から観測が出て株価は大幅安
■大引けは7.8%安で値下がり率6位
 東京電力 <9501> は大型増資の観測を悪材料に朝方2090円(192円安)まで急落したあと前後場とも2100円前後で底ばい相場となり、大引けは7.8%安の2105円(177円安)で東証1部の値下がり率6位。売買代金1位となった。
 大引け後、公募新株発行増資(国内・海外あわせて2億2763万株)と需要に応じた売り出し(最大2652万株)、第3者割り当て新株発行増資を発表。
■発行済み株式数は最大で約18.8%増加
 公募新株発行増資は、国内で2億2100万株、海外で663万株。野村ホールディングス <8604> の野村證券を主幹事とする引き受け団が引き受け、価格決定は10月12日から14日までのいずれかの日、払い込み日は10月19日から21日のいずれかの日。売り出し価格も準拠。手取り概算額は約5549億7707万円。
 これにより、現在の発行済み株式数は13億5286万7531万株、増資後の発行済み株式数は16億701万7531株、約18.8%増加し、単純計算ではこの分だけ株式価値の希薄化要因となる、

東京電力が29年ぶり公募増資、約5549億円調達
[東京 29日 ロイター] 東京電力(9501.T: 株価, ニュース, レポート)は29日、国内と海外で最大2億5415万株の公募増資を実施すると発表した。オーバーアロットメントによる売り出しを合わせた手取り概算額の上限は約5549億7707万円。そのうち2700億円を発電時に二酸化炭素(CO2)を排出しない原子力発電と、熱効率の高い火力発電への投資に充てる。
 残額は2014年3月末までの成長事業の拡大を目的とする投融資資金とする。公募増資は29年ぶりで、前回は1298億円調達した。
 発行する株式は最大で2億5415万株。発行済み株式総数は最大で約18.8%増加する。内訳は国内が2億0332万株(オーバーアロットメントを含む)、海外が5083万株(同)。野村証券が主幹事を務める。  
 発行価格などの条件は10月12日から14日のいずれかの日に決定される。払込期日は10月19日から21日までのいずれかの日。
 東電は2020年度までに通常の設備投資に加えて低炭素化に向けた投資に2兆5000億円、成長事業への投資に最大1兆円規模を計画する。大型増資により財務基盤を強化する。
 設備投資資金2700億円のうち、青森県の東通原発1号機の建設に2200億円、川崎市の火力発電所に500億円を投じる。   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7589、アサヒ、伊藤忠と連携、中国戦略、項新グループへ出資、株価急騰

2010年09月29日 18時01分07秒 | thinklive
10/10末、頂新ホールディング(ケイマン本社)の第三者割当増資を引き受け(アサヒ子会社、エイアイビバレッジホールディング経由)、株式の、6.54%を取得。出資額は,520m$、
アサヒ、伊藤忠が、新会社,シエフアイ(仮称、伊藤忠,74.07%,AIB,25.93%出資)を合弁で設立、ここに伊藤忠、アサヒが保有する頂新株を,11月までに移管、新会社の頂新HDの持ち株比率は、25.2%となる、
アサヒは04年に、頂新グループと設立した、清涼飲料の合弁、「康師博飲品」の保有株、40%のうち、8%を10月中に,520m$で頂新へ売却する、この売却で,10/12期に特別利益、330億円を計上する、
複雑なようであるが、噛み合わせを増やして3社の結合を密にした感がある、
頂新グループの即席めん中国最大手の、康師博やコンビニ、ファミリマートを展開する、頂全など有力企業との連携をスムースにする、アサヒのビールを頂新のルートに乗せる、
アサヒは1994年に、杭州ビールに出資、北京など沿岸地区のビールに投資したが、赤字が続いた、
09/4月に青島ビールに、20%出資以降、工場の稼働率が向上,11/12期に営業黒字に転換の見込み、
頂新と合弁の清涼飲料事業は黒字、アサヒ、業績の黒字は拡大傾向、
*配当性向を3割へ引き上げるべきだ、
*伊藤忠株価,+9(+1.20%)上昇気配、中国問題はプラスと見たい、政権は交代するが、ビジネスは残る、中国は利巧、

アサヒの株価動向
10/9/29 1677 前日比 +37(+2.26%)
当日   1649-1686
始め値  1655
出来高  258万6100
直近高値 1830 2/4
下落率  -8.4%
同安値  1427 7/20
上昇率  +17.5%
1株利益  102.49
配当    21
配当性向 20.4%
利回り  1.25%

*アサヒは西宮工場wo11/8月末に閉鎖、生産を吹田工場に移転する、年45億円のコスト削減を見込む、生産能力を14%削減、年、240万klとする、社員130人は配転、非正規社員、170人も再就職を支援する、閉鎖に伴う、特別損失205億円は10/12期に計上、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7588、日中問題、仙谷官房長官対策の初動、誤り認める?中国に伝えるべきだ

2010年09月29日 15時30分32秒 | thinklive
漁船拘束の際、諭旨後、全員、釈放すべきであったのだ、中国もそれを期待していた、拘置延長が第二の大ミスだ、おそらく裏があるはず,日米外相会談席上での前原外相の笑顔は確信犯?、

<中国漁船衝突>対応見誤り認める 仙谷官房長官
 仙谷由人官房長官は29日午前の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島付近での衝突事件を巡り、当初段階で中国側の対応を見誤ったことを認めた。中国漁船の船長を除く乗員14人を13日に帰国させた際、仙谷氏は状況が改善するとの見通しを示したが、「中国側も理解してくれるだろうと判断していたが、(日中間の)司法過程の理解がまったく異なることを我々が習熟すべきだった」と語った。(毎日新聞)
民主党の細野豪志前幹事長代理は29日、北京を訪れ、中国政府要人と会談した。政府・与党関係者が明らかにした。細野氏は、尖閣諸島沖での海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件をきっかけに悪化した日中関係の改善に向け、菅直人首相からのメッセージを伝えたとみられる。
 これに関し、民主党関係者は「細野氏は首相の特使として訪中した。首相の親書も携えているはずだ」と述べた。首相は細野氏を通じて、中国との関係を重視する立場を伝えるとともに、河北省で拘束されている準大手ゼネコン「フジタ」の日本人社員4人の早期解放を求めたもようだ。
 ベルギー・ブリュッセルで10月4、5両日に開かれるアジア欧州会議(ASEM)首脳会議の際の温家宝首相との会談を打診した可能性もある。
 日中関係筋によると、細野氏の訪中は、首相と仙谷由人官房長官が協議して決めたという。ただ、首相は29日夜、細野氏派遣について記者団に「承知していない」と発言。また、前原誠司外相は「(細野氏訪中は)政府とは全く関係ない」と述べた。 
*前原外相は無用の発言、外相の面目傷つく?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7587、丸紅、東洋エンジ、モンゴル初の製油所建設受注、6億$、今後の受注にプラス

2010年09月29日 14時46分38秒 | thinklive
計画の承認は、隣接地のロシアから鉄道での原油輸送が可能である点が重要なキーであったはず、モンゴルはかって自国の大統領がスターリンに逮捕、極度の拷問の果てに虐殺された歴史的事実、中国農民のモンゴル侵入が牧畜国モンゴルの生存にリスクという歴史的イメージを抱く、日本への親近感が強いことが幸いした、日本もかって東条英樹が、満州の憲兵司令官時代、氾濫を名目に満州の部族長を拷問、虐殺した歴史がある、記憶に留めておくべきだ、

丸紅株式会社(以下、丸紅)は、東洋エンジニアリング株式会社(以下、東洋エンジニアリング)と共同で、モンゴルセキユ社が計画している、ダルハン製油所建設案件に参画する事に合意致しました。

モンゴルセキユ社は、首都ウランバートルの北・約200kmに位置するダルハン市において製油所の建設を計画しており、その規模は、原油処理能力44,000バレル/日、製品がディーゼル100万トン/年、ガソリン63万トン/年、ジェット燃料6万トン/年を見込んでいます。
丸紅と東洋エンジニアリングは同製油所の建設、保守・運営管理を請け負う予定で、建設に関わる受注金額は6億米ドル程度を想定、2014年秋の稼働を目指します。
原油調達先としては、丸紅が今年6月に原油買い付けなどで包括提携を締結したイルクーツク油田や隣国のカザフスタンからの供給可能性も模索し、丸紅は本案件に多角的に参画していく予定です。
モンゴルでは、石炭・銅・ウランなど、目覚ましい資源開発が行われていますが、現在、ディーゼル燃料油、ガソリン及び航空燃料などの石油製品のほとんどをロシアから輸入しています。石油製品の外国依存からの脱却を目指す中、国内初の製油所設立である本件は、モンゴルにとって非常に重要な意義を持っています。
丸紅は、これまで世界各国で培ってきた幅広いネットワーク、プロジェクトへの知見を活用し、今後も、石油化学関連プロジェクトを推進していくと同時に、原油・ガスの有効活用の様々な提案を各国において行っていきます。

モンゴルセキユ社の概要
社 名 : Mongol Sekiyu Co., Ltd.
所在地 : Ulaanbaatar city, Mongolia
代表者 : Tumur NAMJIM


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7586、国内自動車メーカー、特にトヨタ自動車のスマートシティ対応策を公開、

2010年09月29日 14時19分26秒 | thinklive
*日経Automotive Technology

トヨタ自動車が豊田市で、日産自動車が横浜市で、三菱自動車がけいはんな学研都市で、それぞれ2010年度から2014年度までの5年間実施します。各社は、充電だけでなく放電できる機能を備えたEVやPHEVを開発し、V2Hやスマートグリッドの実証実験に使います。

 3社の中で特に具体的なプランを掲げるのがトヨタ自動車。V2H対応の住宅を70戸建設して2011年度に発売し、これらの住宅にはV2H対応に改造した「プリウスプラグインハイブリッド」を付けます。トヨタは、クルマの充電や放電のデータを記録・分析することで、V2Hに適した電池容量や電池の制御方法、必要な寿命などを導き出す方針です。実証実験は2014年度までですが、トヨタ自動車は2015年度からは実用化につなげる考えです。
 トヨタ自動車は、プリウスPHEVに搭載している充電器を、“充放電器”として改良することで放電できるようにします。一方で、放電用のコネクタは新たに用意せず、普通充電コネクタを放電コネクタとしても活用する方針です。
 ただし、充電ケーブルと放電ケーブルは分けます。既存の充電ケーブルは、電源(家)側の端子が飛び出しているため、放電用と兼用するとユーザーが誤って触ったときに感電してしまう可能性があるためです。これに対して、新たに用意する放電ケーブルの電源側の端子は、触っても感電しない構造を採用します。実用化時には、充電と放電でケーブルを1本にできれば便利になるでしょう、
 今回の実証実験を担当する、トヨタ自動車技術統括部主幹の岡島博司氏は、トヨタがスマートグリッドやV2Hの実証実験に取り組む背景として「海外では、政府主導で同じような構想や実験を進めている。近い将来日本でも、自動車メーカーがスマートグリッドやV2Hに関わらざるを得ないという流れになる」と説明します。ただ、経済産業省の実証実験とは言え、社内の役員を説得するのは苦労したといいます。
 トヨタの岡島氏は、クルマをスマートグリッドやV2Hに対応させることで、EVやPHEVの市場がさらに広がると考えます。EVやPHEVが今まで以上に普及すれば、車両のコストを低減できるだけでなく、国が目指すCO2を低減する低炭素社会に貢献できるというメリットもあります。

 一方の政府レベルでも、早期にスマートグリッドやV2Hの実証実験を進めることで、実験で検証した規格を国際標準として世界に提案したいという考えがあります。

 日本では、早くもEVの部品を標準化する動きが相次いでいます。すでに、EVベンチャーのシムドライブが車体の標準化を、CHAdeMO協議会が充電規格を提案しています。今後は、大手自動車メーカーが実証実験を通して、スマートグリッドやV2Hに対応する放電規格を世界に提案することになるでしょう。
*チャデム協議会(東電が主催する)にトヨタ自が最近加入した,という情報を最近目にした、

トヨタはエコホームを開発、発売、

8/23付けの日経が、トヨタホーム、ミサワホームの完全エコ住宅、太陽光、熱を完全に利用した住宅を開発、販売する、トヨタホーム、ミサワワホームの住宅資源統合化の記事が
要因で、ミサワの株価が急騰した、最終的には、そうならざるを得ないにも関わらず、ミサワ側の反対?で、これまで進行していない、ボクは記事の切り抜きをミスしたので、詳細は
分からないが、とにかくミサワの業績はひどい、構造的な経営上の欠陥があるとしか思えない、地場の中堅住宅業企業の業績は10/3期決算あるいは、09/下期以降、黒字に転換企業が
圧倒的に多い、トヨタ側も躊躇、自動車の再建進捗で、事態の改善が始まるとボクも考える、その意味では妥当?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7585、スマートシティの市場規模、30年には累積、3100兆円の投資規模、日経BP予測

2010年09月29日 13時32分46秒 | thinklive
BPの述べる3100兆円に120兆円不足するが、主張したい視点はよく見える、建設のための労務費、消耗資材をどの程度評価するのか、蓄電池のウエイトは過大評価のように思われる、とにかく次世代成長率を担う大きな社会的領域となることは確実、
経済産業省が国内4ケ所でスマートグリッドの実証実験を行っている、

1、風力発電や太陽光発電などの再生型電力の不安定性を安定化する。電力需給を調整する蓄電池が  急速に普及、累積投資額の過半を占める、      1570兆円
2、都市システムの中核となるスマートグリッドの設備で、、720兆円、
3、EVなど次世代自動車で                310兆円、
4、太陽光発電、風力発電などの再生可能エネ施設     380 同
計                          2980兆円

経済産業省は2010年8月11日、次世代電力網である「スマートグリッド」について調査する「次世代エネルギー・社会システム実証マスタープラン」を発表した。政府の「グリーン・イノベーションによる環境・エネルギー大国戦略」に基づいた実証実験である。

 同実証実験は、2010年度から2014年度末までの5カ年計画からなる。応募があった19地域から横浜市、豊田市、京都府の3自治体、北九州市の4地域を選定した。4地域での実証実験ではいずれも一般住宅やオフィスビルを対象として、太陽光発電や、2次電池、電気自動車と充電施設をシステムとして組み合わせた計画になっている。

 電力の有効利用や電力を消費する機器のフィードバック制御を試みるために、4地域とも宅内エネルギー管理システム(HEMS:Home Energy Management System)やBEMS(Building and Energy Management System)を導入する。豊田市を除く3地域ではCEMS(Cluster Energy Management System)によってさらに大きな地区単位でも電力を制御する。
横浜市と豊田市、北九州市は水素を利用するが、利用方法が異なる。横浜市は直接には水素利用をうたっていないものの、小規模な燃料電池の導入を計画する。豊田市は燃料電池車の導入と燃料電池車向けの水素ステーションの設置をうたう。北九州市は工場で発生する副生水素を固体高分子型燃料電池で利用する。

 北九州市は4地域の中で最もエネルギー源の幅が広い。太陽光発電と燃料電池以外に2種類のエネルギー源を用いる。風力発電を実証実験に組み込んだのは北九州市だけである。2011年度までに36kWを導入する。このほか、工場の廃熱を利用した400kWのバイナリー発電機も設置する。

規模の横浜市、電気自動車の豊田市
 横浜市の実験「横浜スマートシティプロジェクト」では、みなとみらい21や港北ニュータウン、横浜グリーンバレーに位置する4000世帯を対象に、既設住宅と新築住宅を組み合わせてHEMSを導入する(図2)。対象世帯は公募する予定。BEMSはみなとみらい21内を中心に導入する。2次電池と組み合わせたBEMSを開発することが特長だ。
2014年までに対象地域で導入する太陽光発電は住宅用が約4200戸、中大型の太陽光発電システムが約1万4400kWである。HEMSの対象となるのは約4000戸だ。家庭用2次電池を約500台、電力系統用2次電池を14台設置する。このほか、電気自動車向け充電施設を約1000カ所設置する。なお、横浜市の実証実験は対象戸数などの規模、5年間の事業費総額(約740億円)とも4地域の中で最大である。

 愛知県豊田市の実験「『家庭・コミュニティ型』低炭素都市構築実証プロジェクト」では、一般住宅について実証実験を行う。消費エネルギーの6割以上を自給し、生活や移動に伴うCO2(二酸化炭素)の削減を試みる。太陽光発電と燃料電池で生成した電力を、住宅に設置した蓄電池や4000台の電気自動車に蓄えることで実現する。電気自動車の導入台数では横浜市の約2000台を大きく上回る。このほか、EDMS(Energy Data Management System)を用いて一般住宅のエネルギー需要をとりまとめ、地域全体でのエネルギー利用最適化を進めるとした。

 2014年までに対象地域で導入する太陽光発電は住宅用が約300戸、中大型の太陽光発電システムは導入しない。HEMSの対象となるのは約300戸だ。家庭用2次電池を約300台導入するが、CEMSの実証実験を計画していないため、電力系統用2次電池は設置しない。このほか、電気自動車向け充電施設を17カ所に設置する。

システム開発をうたう京都府、ダイナミックプライシングを試みる北九州市
 京都府の実験「けいはんなエコシティ『次世代エネルギー・社会システム』実証プロジェクト」では、京都府、大阪府、奈良県の3府県にまたがる関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)のうち京都府に属する3自治体を中心に、地域全体のエネルギー利用効率の向上と再生可能エネルギーの最大化を実証する。実証実験では、一般住宅に適用する「オンデマンド型電力マネジメントシステム」や再生可能エネルギーを優先して使うための「電力カラーリング」技術を開発し、実証実験自体への適用をもくろむ。

 2014年までに対象地域で導入する太陽光発電は住宅用が900戸だ。中大型の太陽光発電システムは導入検討段階である。HEMSの対象となるのは400戸だ。家庭用2次電池を150台、電力系統用2次電池を3台設置するほか、電気自動車向け充電施設を約160カ所設置する。

 北九州市の実験「北九州スマートコミュニティ創造事業」では工場群から隣接する住宅などへ廃熱や水素を供給し、建物間での電力の融通を進めることで地域エネルギーを有効利用することが特長だ。さらに地域の電力需要に応じて電力料金を変化させるダイナミックプライシングを試験導入し、需要家の行動パターンを調査する。家電機器側の制御とも組み合わせる。
 CO2の50%削減をうたう。図は事業内容の一部であり、このほか、直流住宅を含む「エコ長屋」やカーボンオフセット・エコポイントシステム、小型移動体等による近隣移動モビリティシステムなどを実証実験する。
出典:北九州市 2014年までに対象地域で導入する太陽光発電は住宅用が600kW、中大型の太陽光発電システムが約5MWである。HEMSの対象戸数は明示していない。家庭用2次電池を715kW設置するほか、燃料電池を410kW新設する。電気自動車向け充電施設を50カ所に設置する。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7584、北朝鮮だけでは不足、極東有事を活発化させ、日本を安保の傘下に膠付けにする戦略

2010年09月29日 10時21分47秒 | thinklive
前原外相、対中強硬政策の裏、極めて危険だが、極めてありうる戦術だ、
*以下の記述はイラン脅威を記述した資料の一部、現在の対中衝突を解説する一番分かりやすい論理
蛾述べられている、日中両国がアメリカに踊らされている構図だ、中国は100も承知で乗っている観じだが、日本の外相は向きになって一所懸命にやっている、米日外相会談で微笑するクリントンと
笑っている前原、2人の外相の笑いは対照的である、
以下の記述はイラク新政権、イラン脅威以下、本文を含めて、ネットで検索した「現在の黙示録」からの転載,要約である、本文の1/3程度、無署名の資料、事情通4氏の談話の総合のようである、

「その一手とは、日米安保条約の中で、アメリカ軍が決定したことを、自衛隊が自動的に何でも従うシステムを、日本政府に受諾させようとしているのである。そして日本政府はその策謀に喜んで答えようとしている。無能無策としか言いようのない政治家と官僚たちが、いよいよ日本を滅ぼしにかかってきたようだ。アメリカは、崩壊寸前の北朝鮮への不安感を餌に、日本政府を脅かせば、すぐに尻尾を振って擦り寄ってくることを知っている。北朝鮮は、そのままにしておいても必ず自己崩壊を起こし、一部の軍人の決起はあっても、必ず韓国によって併合されるシナリオができているにもかかわらず、日本の政治家だけが浮き足立っているのだ。そして極東有事を前提とした論議を活発化させ、憲法改正論者の長老政治家たちも、一党支配体制の中で息を吹き返してきている。要するに、「シークレット・ガバメント」も日本の長老政治家たちも、隣の火事の、ドサクサを利用して何かを仕掛けようとしているのだ。日本は、無能無策の官僚と政治家たちにより「シークレット・ガバメント」の足の裏をなめる国家に没落していく」。

*北朝鮮は体制の家族支配を貫くために国内体制の変改に懸命で、対外的に無理を犯す状況では全く無い、と見るべきだ、ここで状況がおとなしくなったのでは、普天間基地の問題も含め、日本の体制改革が進まない、菅内閣の成立でアメリカ一極体制への協力組織が出来たので、この際彼らに70年前の再現をしてもらおう、と読めないことも無い、
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加