THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

ネスレ、米の菓子事業撤退、成長性が低い、という理由、健康食品に注力、

2017年06月22日 14時58分07秒 | thinklive

 【ジュネーブ=原克彦】食品世界最大手のネスレ(スイス)は15日、「クランチ」や「バターフィンガー」などのブランドを持つ米国の菓子事業から撤退する方向で検討に入ったと発表した。事業売却も視野に入れている。成長率が低い事業を手放し、より有望な健康関連分野に注力する狙いがある。

 年内に正式に決定する。米国での菓子事業の売上高は2016年12月期に9億スイスフラン(約1千億円)。米国は同社にとって最大の市場だが、菓子事業は米国事業の売上高の3%にとどまる。世界の菓子事業に占める割合は約10%。米国では他社に生産を委託している世界ブランドの「キットカット」は販売を続ける。

 ネスレは成長が見込める健康関連分野で相次ぎM&A(合併・買収)を手掛ける一方、伸び率が鈍化した冷凍食品などでブランドの整理を進めている。米国の菓子事業はマースやハーシーなど地元企業との競合が激しく、長期的には大幅な成長は見込めないと判断した。

ネスレは今年1月、最高経営責任者(CEO)に95年ぶりに社外から招いたウルフ・シュナイダー氏が就任。シュナイダー氏は攻めの買収を仕掛ける前に、成長率が鈍ってきた同社の経営体質を強化する意向を示している。*日経

 株価推移 82.60 CHF0.20  0.24%
 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マルサンアイ、豆乳の生産能... | トップ | ドンキホーテ17/6期、営業利... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事