THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

パナソニックサイクルテック、5~10年後に15年売り上の3倍の1000億円達成、電動アシストサイクルの垂直業態、

2017年05月12日 09時01分08秒 | thinklive

 パナソニックは自転車事業を拡大する。子会社のパナソニックサイクルテックの社長に4月に就いた片山栄一氏が9日、「5~10年後をメドに売上高を2015年度に比べ3倍強の1000億円規模に引き上げたい」と語った。主力の電動アシスト自転車に加え、高価格帯のスポーツ用の開発を進める。

 自転車事業の売上高(15年度実績)は288億円で、このうち電動アシスト自転車が大半を占める。片山社長は「国内の電動自転車だけでも年7%程度の増収は可能、高性能のモ-ターや電池などの中核部材を自社グループン中で生産出来る、海外にも/部材供給を拡大、スポーツ用自転車の供給も増やす、

片山社長は4月に就任した、メリルリンチ日本証券のアナリスト,16/⑴月にパナソニックに移り,M&Aの戦略立案を担当してきた、片山氏は住宅事業などを手掛ける社内カンパニーの副社長出自転車会社のトップを兼任する、

Panasonicロゴ
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
582-8501
大阪府柏原市片山町13番13号
設立 1952年(昭和27年)4月27日
業種 輸送用機器
法人番号 1122001021103
事業内容 自転車の製造販売(一般自転車・電動アシスト自転車・三輪車・電動三輪車)
代表者 片山 栄一(Katayama Eiichi)
資本金 6億円
売上高 266億円 (2013年3月期)
従業員数 480名(2013年4月1日現在)
主要株主 パナソニック株式会社エコソリューションズ社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スズキ、インド工場で6割増産... | トップ | 通商代表部(USTR)代表... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事