THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

沢井製薬、米、後発薬メーカー、アップシャースミスラボ買収、総額1175億円、仲介料20億円

2017年04月23日 18時03分59秒 | thinklive

株価推移 5,940前日比+120(+2.06%)

1株利益474.67 配当130

チャート画像

*年商、4億$の約、3倍の買収価格、売り上が4億$という、

沢井製薬は20日、米国のジェネリック医薬品(後発薬)メーカー「アップシャー・スミス・ラボラトリーズ(USL)」を10億5000万ドル(約1155億円)で買収すると発表した。仲介料を含めると、買収総額は約1175億円になる。子会社を通じて6月末までに全株式を取得する。世界最大の後発薬市場である米国に本格的に進出する。

 USLは1919年設立。研究開発から販売までを手掛ける。沢井製薬によると、2016年12月期の売上高は約4億ドル(約440億円)で、米国の後発薬メーカーでは28位。

 沢井製薬の沢井光郎社長は20日、大阪市の本社で会見し「われわれの製剤技術とUSLの販売網やブランド力を掛け合わせれば米国でスピード感を持って事業を展開できる」と強調した。生産設備や販売網を活用するとともに、規制当局への対応のノウハウを得る。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国社会の老齢化は加速的に... | トップ | アマゾン、生鮮食品の配送、2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事