THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

ヤンマー、政策投資銀と共同でインド農機に追加投資、ブラックストック持ち分18%を買い取った、

2017年03月30日 09時17分19秒 | thinklive

ヤンマーホールディングスは28日、インド農機3位のインターナショナルトラクターズ(ITL、パンジャブ州)に追加出資したと正式発表した。日本政策投資銀行とともに約250億円を投じて出資比率を12%から30%に引き上げた。インドは世界最大のトラクター市場で大きな成長が見込める。新製品開発や販売などに共同で取り組む。

 ヤンマーは2005年にITLに出資した。今回、米投資ファンドのブラックストーンが保有するITLの18%の持ち分を共同で取得して、創業家に次ぐ2位株主になった。ヤンマーはITLを持ち分法対象に加える。政投銀は「特定投資業務」と呼ばれる制度を活用した。出資の内訳は非公表としている。*日経

 
 
 
 
<form id="JSID_formKIJIToolBottom" class="cmn-form_area JSID_optForm_utoken" action="http://www.nikkei.com/async/usync.do/?sv=NX" method="post">
 
</form>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソフトバンク,インドの通販市... | トップ | 柳井ユニクロ社長,NYでメディ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む