THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

ビッグカメラ、渋谷店が常連であったが、年とって近いヤマダへゆくようになった、来店客は減少気配?

2016年10月15日 20時28分50秒 | thinklive

*ビッグだけではない、店頭の客数は見る限りの店ですべて減っている、例外が1件、渋谷道玄坂のユニクロは増えている、商品の多様化が拡大している感じ、昨年が少なかった反動?特定の店舗に集中する傾向がでている? 

ビッグカメラ株価推移 871前日比-6(-0.68%)

1株利益68.74 配当12

チャート画像

天候不順を採算好転で克服――。ビックカメラが13日発表した16年8月期連結決算は、純利益が前の期比76%増の119億円、利益率は、1.5%と2期ぶりに最高になった。利益率の高いPBや白物家電が伸びた。好業績を受けて期末配当を従来見込みより2円増やし、年間配当を12円とする。

 売上高は7790億円と2%減った。カメラやパソコンの販売が不振だったうえ、東日本の梅雨明けが遅かった影響でエアコンも落ち込んだ。

 売り上げが伸びない中で営業利益は220億円と17%増えた。貢献したのはPB。品ぞろえを増やした効果で、販売額が2割増えた。利幅を確保しやすい冷蔵庫や洗濯機も好調だった。子会社のコジマの不採算店閉鎖も寄与した。上半期の好調をけん引した訪日外国人消費は、足元で減速が鮮明だ。

 売れ筋が時計や炊飯器などの高額品から化粧品、医薬品といった単価の低い商品に移っている。6~8月の3カ月に限ると、免税販売額は前年同期に比べ3割減った。百貨店も含めて3割減は標準的、

 17年8月期通期は売上高が前期比3%増の8000億円、純利益が4%増の125億円を見込む。純益率は、1.5%、インバウンド消費の減速を広島、名古屋での大型店開業などで補う計画だ。*日経

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 講談社は14日、中堅出版社の... | トップ | 92才の介護ダイアリー、パ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む