THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

米、新国務長官、エクソンモービルの会長、CEO、レックス・ティラーソンが、指名される模様、

2016年12月13日 13時38分13秒 | thinklive

 

 *エクソンモービルのCEOといえば従来産業のチョウテンに位置していた、ロックフェラー財閥の支配的企業、クリントン一家とも関係が深く、民主党のバックパワーの1つである、トランプ側はそれを読んで指名シタ、イロイロあっても決定は覆らない、と、ボクは思う、

ティラーソン氏とプーチン氏の関係はロシア極東のサハリン島で会談した1999年にさかのぼる。ティラーソン氏はロシアから「友好勲章」を授与されており、2015年まではプーチン氏の側近らを訪問していた。米ロ関係を改善を目指すトランプ氏にとってティラーソン氏はプーチン大統領との橋渡し役になり得る。*ブル-バーグ,

 

  マケイン議員と、新議会で民主党上院院内総務に就任するシューマー議員は11日に異例の共同声明を発表し、米情報当局は選挙戦中のハッカー攻撃で民主党関係者の電子メールが大量に流出した問題について、ロシアが背後にいると指摘している

*ロシアはトランプ氏の当選を願っていたことは、そのとうりだろうが、ハッカ-攻撃をおこなったとは信じられない、見え透いた後で判明するようなオソマツはしない、選挙勝利後の新大統領としての行動も米国民の支持をえている、

【ワシントン時事】米主要メディアは12日、トランプ次期大統領が国務長官に米石油大手エクソンモービルのレックス・ティラーソン会長兼最高経営責任者(CEO)=(64)=を指名する方針と報じた。トランプ氏は13日朝(日本時間同夜)に国務長官人事を正式発表する。

 ティラーソン氏はロシアのプーチン大統領と長く親交があることで知られる。各国首脳らとビジネス上のつながりがあるものの、行政や外交の実務経験がない人物を国務長官に起用するのは異例だ。

 米ロ関係をめぐっては、中央情報局(CIA)が最近、「トランプ氏を(大統領選に)勝たせるため」にロシアが米国にサイバー攻撃を仕掛けたと断定。米政府や議会内でロシアへの非難が高まっている。このため上院の人事承認が難航する可能性がある。*CIAの情報がマトマだったことは最近では少ない?

 ティラーソン氏は1952年生まれで、テキサス州出身。75年エクソンに入社し、2006年から現職。 
  

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボーイング、イラン航空2航空... | トップ | 年金(カット)法案、13日午... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事