THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

警備大手のALSOK、日立系,NTT系の警備子会社、相継いで買収、警備員求人難で統合進む!

2016年12月07日 15時50分43秒 | thinklive

*求人難は各領域における専門企業のと統合、再編の加速化を促進、寡占的業態を構築する、ALSOKのM&A、セコムを上回る、

ALSOK株価 4,470前日比---(0.00%)

チャート画像

警備大手の綜合警備保障(ALSOK)は6日、日立製作所の警備子会社、日立セキュリティサービス(東京・千代田)を買収すると発表した。日立製作所から発行済み株式の90%を買い取る。取得金額は明らかにしていない。NTT系企業からの警備事業の承継も発表した。

 2017年2月1日に日立セキュリティサービスの株式を買い取る。同社は日立の100%出資子会社で、主に日立グループ内の施設の警備やセキュリティー機器の販売などの業務を手掛けてきた。2016年3月期の売上高は81億4000万円。ALSOKは「中核事業である警備事業との相乗効果や業績拡大が見込める」と判断、子会社にする。

 新会社は都内に設ける予定で、資本金は1億円。ALSOKが80%、テルウェル東日本が20%出資する。NTTグループのオフィス警備やセキュリティー対策を手掛けるテルウェル東日本(東京・渋谷)の警備事業も引き継ぐ。2017年1月に新会社を設立、同事業を継承する。

 警備市場は2020年の東京五輪を控えて拡大が続く。20年以降もテロ対策など様々な警備ニーズが高まる一方、少子高齢化を背景に警備人員の不足感は強まる見通し。ALSOKはM&A(合併・買収)を通じて警備事業の安定的な成長を目指す。*日経

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国IT検索最大手の百度とヤ... | トップ | KDDI、ビッグローブ、ニフティ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事