THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

民間エコノミストのGDP,1~3月の予測値は、前年比、1.71%増、3ヶ月連続の上方修正、海外経済の堅調が牽引、

2017年05月16日 20時08分56秒 | thinklive

*日本企業の世界化が進展し、海外経済とのシナジーの拡大が 背景にある、3ヶ月連続で上方修正、

日本経済研究センターが15日発表した5月の民間エコノミストの経済見通し「ESPフォーキャスト調査」によると、1~3月期の実質国内総生産(GDP)の予測平均は前期比年率で1.71%増で、4月の予測から0.35ポイント上昇した。予測値は3カ月連続で上方修正となった。

 輸出の予測が前月比0.78ポイント上がり、全体をけん引した。海外経済が堅調なことが背景にある。設備投資は先行指標となる機械受注がさえないため、前月の予測と比べて0.51ポイント低下の前期比0.27%減となった。個人消費の予測はほぼ横ばいだった。17年度の予測平均値は前月から0.07ポイント上昇し、前年度比1.37%増となった。

 日本の完全雇用時の失業率を聞いたところ、42人中18人が2%台後半と回答した。エコノミストの予測平均値は2.7%だった。総務省によると3月の完全失業率は2.8%で、失業率の低下余地は小さいとみられている。*日経

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セコム、中国で家庭向け警備... | トップ | 4月の中国新車販売は2.2%減... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む