THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

楽天、バルセロナとグローバル.スポンサー契約、"RAKUTEN”ロゴに変更、業績への寄与は最小化であろう、

2017年07月16日 15時13分40秒 | thinklive

*楽天のブランドはかってはアマゾンと並ぶ、2大ECチャネルの1つであったが、アマゾンのイメージの拡大に連れて楽天のチャネルイメージのオリジナリティは急速に低下している、アマゾンが生鮮食品の扱いや、即日配達など、消費サイドのサービスの革新を実施してきたが、楽天にはホトンドそのイメージが、ナイ、楽天はマーケットを貸与するだけで、直接販売するワケではない、アマゾンの業態のチガイは日に日に新たになってゆくが、楽天は変わらない、

*今回のバルサとの契約も他者依存の本質はマッタク変わらない、だが、楽天の業態への影響は最小化されるであろう、バルサブランドの商品の売り上増には寄与するであろう、

株価 1,324.5前日比+2.5(+0.19%)

チャート画像

*楽天は横浜の球場の運営権獲得以降、野球クラブとしての知名度が急上昇、経営も黒字に転換、これ以上のイメージの向上は不要なのでは、ボクは思っていたが、世界レベルとしての、知名度の向上を願った?バルサとの契約で、国外世界での売り上の獲得が可能とは思えない、漢字の「楽天」も「RAKUTEN」に変更、イメージの一新を狙う、

バルセロナは16日、インターネットサービスを運営する楽天株式会社とグローバル・スポンサー契約を締結したことをクラブ公式サイトで発表した。

 同日に本拠地カンプ・ノウで行われた記者会見には、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長とマネル・アロジョ副会長に加えて、楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長も出席。バルトメウ会長から「ヨウコソ!」と迎えられた三木谷氏は「世界最高クラブのバルセロナとの契約はとても名誉なことで、非常に嬉しく思います。我々のサービスやイノベーション、経験を使って貢献していきたいと思います。グローバル・イノベーション&エンターテイメント・パートナーとして、ユニフォームのスポンサーシップ以上に、バルセロナの力になりたい」とコメントした。

 契約は2017-18シーズンから4年間で、契約料は年間5500万ユーロ(約64億5000万円)に加え、リーガ・エスパニョーラ優勝で150万ユーロ(約1億8000万円)、チャンピオンズリーグ制覇で500万ユーロ(約6億円)のボーナスが支払われるという。また、日本で毎年1試合を開催する考えもあり、対戦相手や日程について三木谷氏は「今はチームのスケジュールがタイトなので、日本での試合相手も含めて計画段階です」と説明した。

 バルセロナは2013年7月からカタール航空と年間3350万ユーロ(約39億3000万円)で3年間のスポンサー契約を締結。2015年夏には、地元ラジオ『El món a RAC1』に出演したバルトメウ会長が、社名を伏せたものの楽天と交渉中であることを示唆していたが、今年7月にはカタール航空との契約を2017年6月30日まで延長していた。

 また、バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケが2015年6月に自身の公式ツイッターで三木谷氏を訪問したことを明かしており、同年12月にもFIFAクラブ・ワールドカップ2015で来日した際に会談。今夏も三木谷氏がオーナーを務めるヴィッセル神戸を訪問し、ノエビアスタジアム神戸や、いぶきの森練習場などを見学していた。

 ピケと三木谷氏の交流はスポンサー契約に関係していると以前から推測されていたが、記者会見でバルトメウ会長が「ジェラール・ピケと妻のシャキーラはミキタニと仲が良く、今回の契約のきっかけは、ピケが2015年にサウンフランシスコにあるミキタニの家で食事会を開いてくれたことだった」と説明した。

 なお、契約料はマンチェスター・Uとシボレー(アメリカの自動車メーカー)の推定年間6300万ユーロ(約73億8000万円)を超えて世界最高額になるとの報道もあったが、チェルシーと横浜ゴム(日本のタイヤメーカー)の推定年間4700万ユーロ(約55億1000万円)を超え、現段階で世界2位に浮上することとなった。*日経

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽天、バルセロナと契約、 | トップ | 欧州の新車市場6月、3.7%増... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む