THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

欧州新車販売17/2月、0.9%、トヨタ自、18.6%増、スズキ38.6%増、2社が突出の伸び、

2017年03月21日 14時24分26秒 | thinklive

 *トヨタ自の新車販売はアメリアでは爆発しなかった、が、欧州では受けた、全体が微減のイメージのなかでトヨタの18%ノ増加は際だったハズである、が、報道ではホトンド触れていない、トヨタにも増して、スズキの伸び率は特筆ものだが、38%モノの伸び、これについても触れていない、スズキのケースは低価格で、故障がナイ、それに、スタイルも良くなった?

欧州自動車工業会 16日発表した2月の欧州主要18カ国の新車販売台数(乗用車)は、前年同月比0.9%増の104万5400台だった。前年を上回るのは4カ月連続。イタリアやオランダが好調で、営業日が少なく前年割れしたドイツなどの落ち込みを補った。2月としてはリーマン・ショック前の2008年の水準に近づいてきた。国別はイタリアが6.2%、オランダが15.1%の伸びで全体を支えた。ドイツ(2.6%減)、フランス(2.9%減)、英国(0.3%減)と域内で市場規模の大きい3カ国はそろってマイナスだった。

 メーカー別では、首位の独フォルクスワーゲン(VW)が2%減、仏グループPSAが3.2%減と振るわない。半面、仏ルノーが4.4%増、欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は7.9%増と上位勢で勢いに差が出た。日本勢は、トヨタ自動車が18.6%増、日産自動車が3.1%増だった。*日経

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 資生堂中国のECが軌道に乗っ... | トップ | 「世界のベストレストラン5... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む