THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

ホンダ、18年に中国専有のEV量販車を販売、30年には世界販売の2/3はエコカーにする、

2017年04月20日 17時47分02秒 | thinklive

 株価推移 3,077前日比+16(+0.52%)

1株利益302.89 配当92

チャート画像

ホンダは17/4/19日、中国で18年にEVを発売する方針を明らかにした。ホンダが中国でEVを発売するのは初めて。中国専用モデルのEVを開発する。環境汚染が深刻な中国では、環境負荷が小さいEV普及の機運が高まっている。ホンダは中国市場に合ったEVを投入して、現地需要を開拓する。

 中国本部長の水野泰秀執行役員は19日、中国・上海市内で日本経済新聞などの取材で「特急でEVを開発して投入したい」と述べた。EVだけでなく、プラグインハイブリッド車(PHV)も2年前倒しして18年に投入するほか、燃料電池車(FCV)の発売も検討しているという。

 ホンダは小型車「フィット」のEVを開発し、日本や米国でリース販売した。中国でも11年から実証実験していた。 同社は30年に世界販売台数の3分の2をハイブリッド車とPHV、EV、FCVなど電動車両にする目標を掲げている。米国では年内に中型セダンのEV「クラリティ エレクトリック」とPHV「クラリティ プラグイン ハイブリッド」を発売する。

 日系の自動車メーカーでは、日産自動車が14年から主力EV「リーフ」を改良した「ヴェヌーシアe30」を中国で販売している。*日経

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国EV市場、トヨタのEV戦略... | トップ | JXエネ、米電力大手と合弁企業... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む