THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

CCC、キタムラの株式取得筆頭株主へ、経営再建へ協力を深める、3月期前期比赤字が増大、

2017年05月16日 16時32分18秒 | thinklive

 キタムラは反発。15日の取引終了後、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(大阪市北区、以下CCC)と資本・業務提携すると発表した。6月1日を払込期日として300万株の第三者割当増資を実施するほか、CCCはキタムラ既存株主から株式を取得し、キタムラの発行済み株数の29.68%を保有する筆頭株主となる見通しだ。

 両社は13年8月に資本・業務提携を締結し、3月31日現在でCCCはキタムラ発行済み株式の5.58%を所有しているが、今回の関係強化で顧客満足度の高い商品・サービスの開発や相互の顧客基盤へのクロスセルの実施、CCC傘下の写真事業統括会社(CCCフォトライフラボ)との連携強化による事業開発のスピードアップなどを図る予定。なお、キタムラでは今回調達する差引手取り概算額20億8300万円は、ブランディングおよびシステム投資や、店舗網の再構築および新業態開発、新商品・サービス・新ビジネスモデルの開発・展開などに当てるとしている。

 また、キタムラでは同時に、17年3月期連結決算を発表しており、売上高1413億2200万円(前の期比8.4%減)、営業損益12億3100万円の赤字(前の期9億4600万円の黒字)、最終損益19億9100万円の赤字(同7000万円の黒字)となった。18年3月期は、売上高1380億円(前期比2.4%減)、営業利益15億5000万円、最終利益7億円を見込んでいる。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丸大食品、横須賀に総菜用新... | トップ | セコム、中国で家庭向け警備... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む